本文へスキップ

インターネット家庭教師・生葉塾は、全国どこでもSkypeで英文法・英文解釈を指導する塾です。

センター・英検対策無料TEL. 050-3608-0760

塾長ブログACCESS


バックナンバー
 

2016年

2017年10月

高校受験に失敗、大学受験に成功 
 
 
高校受験に失敗して、大学受験に成功するケースはよくある。高校受験に失敗したから大学で志望校に合格できるのだ。

 これには条件がある。失敗した悔しさを3年間忘れないことだ。「
喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざがあるように、半年、1年もたてば、不合格の気持ちも薄れてくるものだ。

 まずは、勉強に対する姿勢だ。真剣に取り組むためにスマートフォンでゲームやSNSは勉強時間中はやめる。この弊害は受験ではものすごく大きい。落ち着いて勉強などできていない。成績が上がらない原因になっている。

 また、読書習慣をつける。本を全く読んでない受験生の国語、英語、小論文は手の施しようがない。

 最後に燃え尽き症候群にならないようにすることも気をつけなければならない!


○○○○○○○○イメージ
◆問い合わせが相次いでいる英語外部試験とは

 最近、高校1・2年生の生徒と保護者の方から問い合わせが相次いでいる英語外部試験がある。この試験が注目を浴びているのは2018年度から多くの大学がスコア基準を満たす者はセンター試験を満点とみなすとしているためである。

 それはTEAP(Test of English for Academic Purposes )で「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能テストである。

 このテキストを購入して対策を分析してみた。難易度は英検準2級~準1級程度の高校生の英語を測定するのに最適なレベルである。TOEICはビジネスで使われる単語があるのに対して、TEAPは大学受験を目指す高校生向けの単語である。また、英検に比べて、Writing、Speakingの比重が大きい。

 TEAPは年3回実施される。受験資格は高校2年生以上でスコア取得後は2年度の間有効になっている。TEAP採用大学(上智大、早稲田大、東京理科大、MARCH、筑波大、広島大、九州大など)受験者は受験を検討してみよう。


◆明治大学合格、おめでとう! 
 
 
今週、塾生が指定校推薦で明治大学経営学部の合格が決まった。早稲田大学人間科学部にするのかどうか迷ったようだが、志望の経営学部に決めた。

 正式には12月に面接を受けて合格の運びとなる。高校3年の残りの半年を無為に過ごすことがないようにアドバイスした。

 英語は英検準1級を目指し、TOEIC対策をはじめていくことにしている。大学がはじまれば、英語だけを勉強する時間はない。経営学部は英語で行われる授業もあると聞いて、リスニング、スピーキング対策まで徹底的に取り組んでいくつもりでいる。

 指定校推薦制度とは高校の受験実績や大学入学後の成績に基づいて、大学が高校に推薦を依頼する制度である。HPを見れば、各大学の推薦枠の学部別人員が掲載されている。高校受験では、これも考慮していきたい。

次の英検では2級に合格できるよう努力していきます!

 
私は、今年の春に高校に入学しました。私の高校では、強制で英検を受けさせられることを知っていたので、私は3月末から毎週土曜日の英検対策を始めました。

 始めのうちは、単語の意味や文法もわからないものばかりだったけれど、毎回の授業で先生が1つ1つ丁寧に詳しく指導してくださいました。そのおかげで、だんだんと力がついてきました。そして、5月あたりからの英検対策では、8割5分くらいの点数をとれるようになり、自信がつき、すらすらと問題を解くことができるようになりました。

 英検本番では、いつも通りに問題を解くことを意識しました。無事に合格することができてよかったです。次の英検では、2級に合格できるよう努力していきます。先生、ありがとうございました。

◆MARCH、関関同立の推薦が余っている 
 
 
9月がはじまった。今週、塾生の高校では一斉に私立大学の学部別学校推薦枠が発表された。地方のトップ校では異変が起きている。

 国公立大志望の受験生が多い高校では私立大学は人気がない。私立大学志望20名に対してMARCH、関関同立から20以上の学校推薦がくる。

 まず、私立大志望の受験生に募集がかかる。余ったら、国公立大志望でも希望する者は応募できる。

 塾生は明治大学経営学部の推薦が取れそうだという。評定値4.3で野球部のキャプテンだったことが決め手になった。

 もう一人の塾生の高校では同志社大と東京理科大の学校推薦に行く者がいないという。それ以上の大学を志望して皆、眼中にないという。

 「狭き門より入れ」ということわざがある。簡単な方法を選ぶよりは困難な方法を選ぶ方が、自分を鍛えるために役立つという教えだが、塾生には、たとえ、明治大学に学校推薦枠で合格しても、英検準1級とTOEICの勉強は続けるようにアドバイスしている。


○○○○○○○○イメージ ◆偏差値30から海外に留学しないで英語4技能を身につけるには


 大学入試で4技能(読む・聞く・書く・話す)試験の導入が決まった。対策をはじめる受験生の問い合わせが相次いでいる。

 このテキストは現在、同時通訳者であり翻訳家である著者の偏差値30から海外留学しないで英語を独習して身につけた体験記である。

 4技能を身につけるためにA is BやA does Bの英語システムを身体に取り込む方法や、スピードのつけ方、、途切れなく話すためのコツは参考になる。

 最近は英検2級や準1級、1級合格で得点加算や試験免除する大学が増えつつある。かつてないほどに話す力が重視されている。これを踏まえて対策を考えていきたい。


◆受験勉強時間の実態とは 
 
 
「四当五落」という言葉をご存知でしょうか?昔、受験勉強を寝る間も惜しんで4時間睡眠なら、合格。5時間も眠っているようでは不合格の意味で使われていました。この言葉は死語となり、十分な睡眠を取らなければ、記憶も定着しないので、短時間睡眠は受験勉強によくないことが定説になりつつあると思っていました。

 しかし、部活を終えて入塾した男子はこの定説があてはまらないのです。2学期が始まりました。受講時間を遅くしてくださいと頼むのです。塾の自習室で最終の21時まで勉強するので、22時から24時までの2時間にしてくださいと頼むのです。

 24時まで授業をして、もう寝るんだろうと訊きました。1時半まで今日の復習をやってから寝ます。では、朝は何時に起きるのか訊くと5時半に起きて、6時に学校に向かい、6時半から自習室で勉強するというのです。

 こんな努力をしていることなど、友達には微塵も見せません。反対にプロ野球中継を全部見たと言って勉強をしてないふりをするのです。

 秋に模擬試験が本格化します。成績が上がらないと嘆く受験生もいるでしょう。これは部活を終えた現役受験生の追い上げがあるからなのです。


◆今年も早いものであと4ヶ月となりました
 
 
今年も早いものであと4ヶ月となりました。週末には全統の記述模試で夏休みの成果が問われます。気を引き締めていきましょう!

 センター試験は1月13・14日と例年より早い感じがします。毎年言っていますが、受験生のお正月は3月1日とすればいいと思います。今年だけお正月を2ヶ月延ばすというわけです。
 
 この日は卒業式の高校も多いですね。3月になれば、合格、不合格にかかわらず、パーティや集まりが多くなります。クラス、部活、中学校の同窓会と週に何回も否応なしに参加することになりますね。お盆とお正月が一緒に来たような感じなのです。
 
 卒業すればクラスの友達は全国に散らばっていきますので、これが一大イベントで最後の会になることが多いです。3月1日をみんなで楽しくするためにも気を引き締めて、つらいこの時期を乗り切っていこう!

◆現在の若者が考えていること
 
 
入塾する生徒との初めての面談。現在使っている参考書を見せてもらい、定期考査・模擬試験の成績、志望校の学部・学科などを聞く。
 
 最近になって加わった質問は、将来つきたい仕事。みんな、よく考えています。医師、看護師、社会福祉士、建築家、教師、公務員など。志望大学を選ぶポイントも決め手はこの観点からです。
 
 国家資格をとって、医師、税理士、社会保険労務士、弁理士を開業している塾生もいますが、終身雇用制が崩壊した現在、ますます会社に頼らず、地力をつけ、資格取得を目標にしている生徒が増えているように感じます。
 
 今年就職した元塾生の半分以上は公務員でした。大学卒業して一年浪人して公務員になった者もいました。現代の若者にとって、「安定」が何よりのキーワードなのです。


◆英検2級に3年生の第1回で無事合格出来ました


 私の高校では、強制的に英検と漢検を受験させられます。それも必ず、定期試験の日程と重なる為、中途半端な対策になりがちでした。そんな受身でも、何とか1年生の内に準2級まで合格できました。河合全統模試でも成績が順調に上がっていき、入学時54だった偏差値は2年の春には 62になりました。
 
 しかし、英検2級は春、夏と連続で1次不合格となりました。 この頃、模試の成績も下降線を辿り、夏53、冬 51と過去最低を記録しました。ここに来て、初めて英語が解らなくなりました。何が解らないのかも分からないといった感じです。
 
 そんな時、母がインターネットで生葉塾を見つけてきました。私は全く気乗りしなかったのですが、両親の強い勧めもあり、始めてみました。

 先生から、文法問題集を1冊決めて、10周する様に言われて取組みながら、英検の過去問を添削していただき、塾のある日は、英文解釈教室で長文読解を教わりました。 すると、お正月から始めて、1月22日の1次に合格、残念ながら2次は不合格でしたが、3年生になった春の第 1回で無事合格出来ました。

 先生は、とても気さくなお人柄で、teacherと言うより、 personal trainerといった感じです。やる気も微妙な私をどんどん対話形式で鍛えてくれます。次は志望校合格に向けて、先生と二人三脚で頑張ります。

◆センター試験本番で実力を発揮するには!

 9月から模擬試験も本格的に始まりますので、今日は試験に臨む心構えを述べてみたいと思います。センター試験の心構えを今からやるのは準備が必要だと思うからです。
 
 1月のセンター試験はAO入試を経験してない人ならば、入試本番初日となります。毎年思うことは入試には「魔物が住んでいる」ということです。普段出来る人が点数を落とす反面、普段以上に点数を取る人がいます。できることなら後者になりたいものです。後者の人の性格は精神的に図太くて集中力のある人が多いようです。入試本番では色々な不測の事態があります。風邪の人の咳が気になったり、小さな声でブツブツ囁やく人や貧乏ゆすり人の音が気になったりします。
 
 大教室で試験があるんです。少々の物音に動揺してはいられません。試験本番では最高の状態にもっていけるように自分を作り替えていかねばなりません!

 対処法をいくつか考えてみましょう。まず模擬試験に臨む心として、毎回本番だと思って本気で臨む。不測の事態に備えて、勉強は多少の騒音があってもイライラせず精神統一ができるようにする。家の中での雑音も家族の不測の事態の環境を作ってくれているんだと考えて、気にならないで問題を解くことに集中できるようにする。座禅に興味ある人なら毎日10分ほど座ると心が落ち着き、集中力がつきますのでやってみてください。
 
 「本番試験は実力の90%ができていればいいですね」とおっしゃる先生もいますが、精神力を今後アップして100%を目指し、日々心がけていけば随分違ってきます。頑張ってください!


◆おすすめ受験勉強法とは
 
 
本の整理をした。まずは未読と読了の本の仕分けをして、未読は本棚へもどし、読み終えた本はブックオフに売るか本棚にもどすかを決めた。本棚にもどすのは参考書の類で何度読んでも可能なものになる。何度もこの作業を続けていくと残る本は私にとって価値ある本ということになる。

 価値ある本の中に「10倍速学術」(黒川康正著 三笠書房)(クリックしてください。本が読めます。)という1冊がある。著者は弁護士、公認会計士、通訳の資格を持つ三冠王である。仕事を持ちながら達成したというのだから勉強法は大変参考になる。
 
 受験勉強をしていると、とかく今は大変と思いがちだが、社会人と比べればたいしたことはない。12時間働いてそれでも資格取得に向けて夜遅くまで図書館で勉強している人は多いのである。受験勉強はその前哨戦と考えて勉強法を学ぶという視点で考えれば、価値あるものになる。

先生が生徒の成績を伸ばすために行っている一手とは

 昨夜、塾生のパソコンの調子が悪かったので、スマートフォンでSkypeにつなげてくださいと頼みました。

 「先生にスマートフォンを預けています」

 「どうして?不便でしょう?」

 Lineやfacebook、ゲームに熱中しすぎて勉強を怠っているから成績が上がらない。休みの日は先生にスマートフォンを預けて勉強に集中しているのだそうです。

 少し驚きましたが、先生が生徒の同意をもとに成績を伸ばすために行っている一手なのです。SNSをやめれば、勉強のはかどり具合は全然違ってきます。SNSに興じている暇はありません。

◆高校受験を失敗しなかった人は大学受験は危うくなる?

 「4月になれば今の高2生が受験生になるのだが、その時点からセンター試験まではたった9カ月しかない。そこから準備を始めたのでは遅すぎる。1年後、もう少し時間があればと後悔しないためにも、高2生の冬期講習から受験生としての勉強をしていく必要がある」という受験カウンセラーの記事を読んだ。
 
 確かに「大学受験のスタート」は早く切った方が良いが、なかなか高2生の冬から始められるものは少ないのが現状だ。受験生としては最短の時間で最高のパーフォマンスを上げて、第1志望校に合格することを旨とするからだ。
 
 高校受験でなんとかなった生徒にはこの傾向は一層強い。自分は追い込みが効いて、「合格できる」という自信がある。このタイプの生徒にまわりから早く受験勉強を始めなさいと言っても逆効果のような気がする。
 
 私は自分というものを自分がよく分かっているだろうから、生徒には自分で判断するようにいっている。現役でどの大学の合格ならば入学するのか。浪人生になったとき、まわりのプレッシャーに耐えうるのかをよく考えることだ。
 
 忠告としては、気が弱い受験生は早めにスタートを切った方がよい。合格が長引けば長引くほど勉強がしづらくなるからだ。国公立大学医学部などの難関校を志望しているものは高2の今からもうはじめないと間に合わない。

◆推薦・AO入試を勧める理由とは 
 
 
大学受験の推薦、A・O入試による入学者は私立大約50%、公立大約26%、国立大約15%である。全大学入学者の約43%にあたる。年々増加傾向にある。

 夏の甲子園大会が盛り上がりを見せているが、県大会で負けて夏休みから受験勉強をはじめた塾生がいる。志望校は横浜国立大学経営学部、将来は商社マンになるのが夢である。国公立大志望ではあるが、私立大もMARCHなら入学予定である。トップ高校で評定値4.3、野球部ではキャプテンを務めて人望がある。推薦も十分狙えるのだ。

 地歴公民の選択科目は日本史Bと世界史B。両科目とも時間を要し、時間が足りない。9月の模試結果次第では、学校の推薦会議に私立大でエントリーした方がいいと勧めている。部活をやって現役で合格できれば、たいしたものなのだ。自分のセールスポイントは何かをよく考えることだと助言している。


◆神戸大学・二次試験英語対策とは


○○○○○○○○イメージ  英文解釈教室の短文が一通り終わった塾生に神戸大学二次試験・英語対策をはじめている。

 短文の構文は理解していると思っていたが、二次試験の下線部訳は合格レベルに達していない。

 神戸大学・英語で求められている英語力は短文よりも長い文を分析する力なのだ。

 昨日はあまり解説することはせずに解き方を指導した。並行して英文解釈教室の例題をはじめている。神戸大学の二次試験・英語はこのレベルであると再認識した。


◆国公立大二次試験で逆転合格できる受験生とは 
 
 
明日から2学期がはじまる高校もある。9月になるとセンター試験「受験案内」の発送がはじまり、一気に受験ムードは高まってくる。

 浪人生の中に今年の国公立大の試験結果を問い合わせをして聞いたものがいた。D判定でセンター試験と二次試験の配点比率が1対1の大学を受験したが、思っていたほど得点ができておらず、落胆していた。

 試験結果を開示している大学を受験した者は進んで結果を入手して、反省材料にすべきである。

 国公立大二次試験で逆転合格できた受験生は二次試験の記述対策を万全にしていたが、センター試験でたまたま失敗した受験生なのである。二次試験の実力がなければ、挽回は不可能で反対に点数を離される結果になっている。

 センター試験よりも二次試験の配点比率が高い大学を受験するのであれば、秋以降は二次対策に専念することである。


◆国公立大学医学部現役合格を目指して、東大理Ⅲ受験を諦めた理由とは!
 
 
高校2年の初めから入塾して東大理Ⅲを目指している塾生がいた。東大英語25ヵ年の問題集も順調にこなして、成績も全国模試で50番ぐらいの成績をとってまずまずの成績を収めていた。

 そんな彼が高2年生の3月に突然東大受験を諦めると言ったのだ。こちらはただ呆然として、どうしたものかと彼に訊ねた。

 尊敬する先輩がセンター試験96%とって理Ⅲを受験したが、不合格になったのを聞いて、自分は無理だと悲観したのだった。

 彼の決断は早かった。次の日から志望校を九州大学医学部に変えて対策をはじめて、見事栄冠を勝ち取ったのである。

 当初、彼の選択は残念に思っていたが、段々と正しいと考えられるようになった。

 センター試験が5ヵ月後に迫ったこの時期、果たして合格できるのか悩む時である。現役生ならば、悩まず実力を伸ばすことができよう。

 問題は浪人生だ。浪人したから現役の頃よりもいい大学に合格したいと誰もが思うところである。成績が伸びてB判定以上であれば、合格可能性はあるが、C判定以下であれば、第一志望は諦めて第二、第三志望校の合格を目指すべきである。

 国公立大医学部志望でもう浪人できない受験生は模試を受けて、成績の分析を確実に行うことである。合格圏にある大学の内、得意科目の配点が高い大学を選ぶべきである。受験すると決まれば、過去問対策は各科目10年分は目を通して万全を期したい。


◆猛暑でも12時間勉強するのは当たり前!

 夏休みもあと2週間。みんな本気になっている。9月の模試に向けて、「今度こそB判定以上奪取」とがんばっているようだ。これからはよっぽどやらないと成績は伸びない。試験範囲も9月からは大幅に広がり勉強も大変になる。

 浪人生は現役生がこの時期、捨て身で勉強しているから、成績を抜かれないうちに明日にでもセンター試験を受けたい気持ちになっている。

 こういう気持ちの浪人生がいたら、足をすくわれる。8月の模擬試験で私大B判定が出て60%の合格可能性があると思っていても、今までの私の経験からいって、3校に1校の合格がやっとなのだ。

 受験で不合格になる人は、この時期に浮かれて勉強がおろそかになってしまうことである。現役生が死に物狂いで頑張っている。浪人生も背水の陣で臨むことである。

 浪人生はこれからが正念場で11月の下旬に現役生と平均点が並ぶといわれているので、気を抜かずに成績の下降を少しでもくいとどめることである。

 現役生はこれからが時間との戦いなる。暗記科目の整理に入らなければならないが、要領よくやる工夫が必要になる。



◆夏休みも半分終わってこういう状態なら最悪の結果となる!

 塾では、スカイプで英語講義をする他に勉強法の悩みなども聞く。最近多いのが選択科目の勉強の仕方だ。今日は「日本史」を考えてみたい。
 
 春に「日本史」「世界史」の勉強法はブログで紹介した。ざっと話すと、教科書を読破後にサブノートを完成させて、一問一答を併行していくやり方である。
 
 受験生は、人よりいい点をとりたい、負けたくない気持ちが働き、一番得点できる方法を考える。結論として、「日本史実況中継」をはじめる人が毎年多い。これをやって一問一答をやれば、歴史の流れをよく把握でき完璧になりそうだと察しがつく。
 
 だが、ちょっと待って、全部やるのに1500ページ。教科書300ページがまだ覚束ないのに現役生で果たして終わるのか?いままでの指導経験からしても終わった者は数少ない。12月ごろなっても終わらず、最後の文化史まで手がまわらずに、文化史が終わらぬまま試験に突入して、私大全滅という最悪の結果を招いた者もいるのである。
 
 ここで私が言いたいのは、浪人生で時間的に余裕があって実況中継を2,3回、回せるぐらいにやれる人は問題ない。現役生で今やりはじめて、進み具合をみて、2,3回やれないなら、後ろ髪引かれる思いだが、勉強法を変えて短期間で何度かできる方法にした方がいい。今なら間に合う、12月ではもう遅いのだ。

◆夏の元気の源とは?


「先生、最近、顔色よくないですね」

「そんなことないよ」

「顔が青く見えるんだけど」

「最近、変えた電球のせいじゃないか?」

「夏バテ防止にいい飲み物があるんです」

「なに?」

「青汁です」

「へぇ~」

「最近、飲んでいるけど、とても体の調子がいいんです!」

「よかったね」

「送りましょうか?」

「いや、いいって、気を使わないで」

「母親が先生に送ろうと言っているんです」

「気を使わないように言ってください」

『青汁、まずいもう一杯』のCMが放送されはじめたころに飲んだ青汁。独特の味とにおいで飲む気が失せた記憶が蘇った。

 食べ物は第一印象が大切だ。東大赤門前にミドリムシから作ったラーメンを出す「山手ラーメン 本郷」という店がある。一度は入ってみたいと思っているが、なかなか暖簾をくぐれないでいる。

 小学校の頃、夏休みにアゲハチョウの観察をした。卵が孵化して、アオムシからサナギになって成虫になる様を毎日、絵日記に書いた。その時のアオムシのグロテスクな動きが脳裏から離れないのである。

 東大の五月祭では、ミドリムシの製造をしている株式会社ユーグレナの出雲社長の講演会に出席した。社長の第一声は「今日私がここを訪れたのは、ミドリムシはアオムシではなく、藻であることを皆様にお伝えするためです」というものだったが、帰り道、山手ラーメンの暖簾をくぐることはできなかった。第一印象のトラウマを払拭できないのである。

 しばらくして、案の定、青汁が送られてきた。折角だから、感謝して一杯ごちそうになった。20年前のものとは味が一変、飲みやすくなっていた。最近は朝一杯の青汁が元気の源になっている。

◆簡単にできる夏バテ対策とは
 
 
連日の猛暑で夏バテになっている受験生が増えてますね。簡単にできる夏バテ対策があるので、今日はご紹介します。
 
 アンチエイジング専門医の「夏バテ対策、北向き枕で良質睡眠を」の記事を読んだ。 
 さて今まで北向き枕が良いか、悪いか考えたことある?  
 
 日本では、釈迦が入滅の際に、北に頭を置いたことから、縁起が悪いと言われているが、本当にそうなのだろうか?
 
 専門医によれば、地球が持っている磁気で磁場ができ、磁気が北から南へ流れている。(方向磁石をみれば、磁気の流れはわかるよね。)北枕にすれば、体内にこの磁気がとりこまれて、血流がよくなるというのである。
 
 このことをだいぶ前に知っていて、私は今もそうしている。やってみればわかるが、体の調子は良くなる。人間の体は、自然の摂理に合わせた方がよいということだろう。
 
 最後に専門医からのアドバイスは携帯電話を枕元に置かない方がよいということだ。磁気が乱れるから、北枕で寝ても効果が薄れるということだ。
 
 では夏バテ対策を実行して、もうひと頑張り!


◆現役で第一志望校に合格するために! 
 
 
横浜国立大経営学部第一志望の塾生に訊いた。

 「地歴公民の選択科目は?」

 「世界史Bと日本史Bです」

 後日、受験科目を調べてみると地歴公民は1科目の選択になっていたので、なぜ2科目選択するのかを尋ねたら、横浜国立大学経済学部に変えるかもしれないと言った。

 選択科目で考えなければならないのは、コスパを高くすこと、つまり、かけた勉強時間に対する得点を高めることだ。塾生の高校では、世界史Bと日本史Bの2科目を選択している者が多いそうだが、この2科目は勉強時間が他の科目に比べて多くなる。

 一般的に受験生は世界史Bか日本史Bのどちらか1科目を選択して、地理Bや現社、倫理、政経の中から1科目を選択することが多い。

 併願する私立大学の地歴公民の選択科目は9割はできないとまず不合格になる。そのくらいの得点が確保されるのであれば、問題はない。今まで英語がよくできた塾生がセンター試験で地歴公民が80点ぐらいしか得点できなくて、MARCHはみな不合格になった。

 現役生は勉強時間が足りない。現役合格を目指すのであれば、1科目に集中することも必要と考えるのである。


◆進研模試英語140点でMARCH合格は? 
 
 
1学期の進研模試・英語の結果が140/200点。これでは合格が覚束ないと夏期講習から入塾した生徒がいる。

 簡単な英語構文のテストの結果、「英文解釈教室」と「アップグレード英文法・語法問題」、「速読英熟語」に徹底的に取り組むことにした。

 MARCHの一般入試英語の合格レベルは、センター試験(本試験)で170点以下は不合格になっている。理系は英語の配点が他の科目の0.5倍の学部もあるが、文系は他の科目の1.5倍になるので、180点はとる必要がある。

 夏休みの勉強の成果は秋以降の模擬試験の結果にでる。9月からの模試の結果は1学期と一変する。これは夏から部活を終えた現役生が本格的に受験勉強に取り組んで、成績が上がってくるからだ。

 秋に成績が下がったのであれば、夏に抜かれたと思った方が良い。これを挽回するのは容易なことではない。挽回できない可能性が大である。心して夏休みは勉強に集中したい。


◆「スピードリーディング一科学的英語の速読」とは

 「スピードリーディング一科学的英語の速読」(森田 勝之・吉田 研作共著)を読んだ。最近、英語は音読だと耳にすることが多くなった。はたして長文を読むには効果的なものなのか?

 日本語を学びはじめた時、声を出して、日本語を読んだ。

 たろうちゃんは  じてんしゃに  のるのが    だいすき  でした

 た/ろ/う/ち/ゃ/ん/は/じ/て/ん/し/ゃ/に/の/る/の/が/だ/い/す/き/で/し/た/

 この読み方をしているときは、文章を1度読んだだけでは内容がよく理解できなかった。こうした事情は、英文を読む場合でも全く同じであり、1つ1つの単語が読めたとしても、文全体の意味をつかめなければ、本当に読めたとは言えないと著者は説く。

 そこで文章全体の意味を読み取るために、句(フレーズ)を中心とした読み方をする必要がある。音にとらわれているかぎり、スピードと理解力の向上はできないからである。

(例)下記の左の3単語を1単語ずつ読まずに、右のようにearlyに目を置き全体を一瞬のうちにとらえれば、読み時間の短縮が可能である。
 
 the early days → the early days 

◆下記の英文でスピードリーディングを考えてみよう。

Light is very important because it helps us see things. With light we know what is happening at places far away. We can use light to turn night into day. We can use it to see very small things that make us sick, or to study distant stars. Light even shows us what is happening on the other side of the earth. It gives us pictures and movies of distant people and places.   


英文の後半部分で、フレーズのたて読み練習をやってみよう。
たて読み練習とは、目の左右の位置は動かさず、視線を下方向に移動させながら、フレーズ単位で意味をとっていくためのものである。 
▼にそって視線を下に走らせていく。

          ▼
  
       We can use it

    to see very small things

      that make us sick,

   or to study distant stars.
 
     Light even shows us

      what is happening

  on the other side of the earth.

  It gives us pictures and movies

   of distant people and places.


 たて読み練習は各行1つのフレーズだけなので、特定のフレーズを注視できる。しかも、前後のフレーズとの意味を考えなくてはならないので、内容予測の訓練にもなる。


【大意】光が非常に重要なのは我々がものを見るのを助けてくれるからである。光によって我々は遠く離れた所で何が起こっているかを知る。光を使って夜を昼に変えることができるし、我々を病気にする非常に小さなものを見たり、遠く離れた星を研究するために光を使うこともできる。光は地球の反対側で起こっていることまで我々に見せてくれるし、離れた所にいる人や場所の写真や映画を与えてくれるのである。

(1)共通関係orがto see …とto study …をつなげているのが理解できたか?

(2)of distant people and places がpictures and movies の修飾語と理解できたか?



◆下記の英文でスピードリーディングを考えてみよう。

Light is very important because it helps us see things. With light we know what is happening at places far away. We can use light to turn night into day. We can use it to see very small things that make us sick, or to study distant stars. Light even shows us what is happening on the other side of the earth. It gives us pictures and movies of distant people and places.   


 英文の後半部分で、フレーズの横読み練習をやってみよう。
横読み練習とは、フレーズ単位の意味を英文の流れにそって自然につなぎ、視線を今までに学んだ要領でフレーズのある1点で停止させることによって、速読のリズムを形成させることである。

 たて読みを、英文に近い横読みの形にして、視線を速く移動させたり、停止させたりして、アイスウィングを学ぶものである。

We can use it to see very small things

that make us sick, or to study distant stars.

Light even shows us  what is happening  

on the other side of the earth.

It gives us pictures and movies  

of distant people and places.


 「スピードリーディング一科学的英語の速読」では、読む速度が速くなればなるほど、目の動きの方が、音読したときの舌の動きよりも速くなり、声に出して読むことが障害になっても、読む助けにはならない。

 音読は基礎づくりの段階における練習方法であり、読み方が上達するにしたがって、黙読へと移行するように訓練しなければならないと結論づけている。

 
 最後に塾で使っている「英文解釈教室」をスピードリーディングに活かすにはどうすればよいかを述べておきたい。このテキストは、「直読直解」、つまり、英文を左から右へ訳し下すことを旨として書かれた参考書である。文構造にもとづいて、フレーズを上記のように切ることを学べば、容易にスピードリーディングをすることが可能となる。


◆古文の勉強が進んでいない人が多い

 古文の勉強が進んでいない人が多いので、偏差値60程度を確保する勉強法を提案します。やる気がなかなか起きないのは私もわかりますが、やらざるをえませんね。センター試験では1/4、私大では1/3の配点になっていますね。落とすわけにはいきません。必ずやれば安定した得点源になる科目ですので頑張ってください。

 まず文法は動詞の活用、助動詞の活用・意味・接続を完璧にする。早口言葉の要領で繰り返してやれば2,3日で終わります。「えい、やっー」て感じで一気にやって下さいよ。嫌いな科目は一気にやらないと終わりません。

 単語は学校指定の単語帳があると思いますが、なかなか正統派のもので頭に入ってこない。単語帳でコンセプトがよいと思ったのが、「ゴロで覚える古文単語565」です。Hな語呂合わせがあってちょっと恥ずかしくなりますが、その分忘れにくいようです。

 女子学生が学校で使っている単語帳がなかなか覚えられないというのでこの本を紹介しました。クラスの男の子に見せてもらって、やっぱり私は恥ずかしくて購入できませんので、学校のもので頑張ってみますと言っていました。でもなかなか点数が上がらない。とうとう本屋で購入してきました。本屋で購入するときはドキドキしましたよと言っていました。

 彼女はゴルゴをやり始めたらどんどん単語が覚えられて忘れないと言っていました。苦手の古文を克服し上智大、青山学院大学をはじめ全勝しました。最近は簡素化したゴロ565全単語イラストも出ています。古文が苦手で困っている人は本屋で各参考書を見比べて自分に合ったものを購入して頑張りましょう!


◆お盆も授業をお願いします!

 社会人の塾生の方はお盆はてっきり休みと思っていたら、「お盆も授業をお願いします!」ということで、授業となったことがある。

 高校卒業後、社会人となり、いろいろ英語の参考書を購入して勉強してきたが、わからないところがあるので入塾した方だ。

 入塾して、英文解釈教室、ビジュアル英文解釈PARTⅠ、PARTⅡを終えた。

 メキメキと実力をつけているので感心していた。授業中は世間話を一切しないが、あまりの熱の入れようなので、ちょっと彼女に質問してみた。

 「TOEIC受験はしていますか?」

 「いいえ、TOEIC受験は考えていませんが、大学受験を考えています」

 「どこを受験されるんですか?」

 「津田塾です」

 てっきり、趣味で英文解釈ができればいいとおっしゃっていたのでとても驚いた。

 早速、毎週土曜日21時から開催しているセンター対策(無料)を紹介して、国語・選択科目の日本史の勉強法のアドバイスをすることとなった。

 最終的には津田塾大学国際関係学科に一般入試で合格されたが、受験指導で一つ重大な過ちを犯したので、他山の石にしてもらいたい。

 私立大学のセンター試験利用は各大学まちまちでよくみないとわからない。津田塾大学もセンター利用できるが一般入試は現代国語のみ、センターを利用する場合は現国と漢文・古文を含むのである。

 彼女は一般入試が現代国語のみだったので、センターも現代国語のみと判断したのだ。彼女が再三、大丈夫だというので私は確認を怠っていた。もう少し配慮して指導すべきだったと反省したのだ。

 9月にはセンター試験「受験案内」の発送がはじまる。もう一度、センター利用の私立大学の科目は念を入れて確認してもらいたい。

◆「逆転合格」はこうして生まれています!


 
現役生はこの時期やるべきことがある。受験校を絞ることです。国公立大志望であれば、1校、私立大であれば、1,2校を決めてください。こうすることによって、今後の戦略を立てることができます。

 5月からはじまった模試結果をみて、一喜一憂していると思いますが、東大オープン模試のように、傾向に沿った出題がされる判定は精度が高くなりますが、なかなか一般大学の判定の精度はあまりよくありません。

 一年間を通じてA判定が出たのに早稲田大に落ちたという受験生はザラにいます。国公立大志望で対策を立てずに受験したのが、不合格の最大の理由なのです。

 この時期に志望校を決定できませんという生徒がいます。12月までに成績を上げて判定を見て決めるというのです。これでは遅すぎます。

 成績を上げて志望校を決めるのではなく、志望校を先に決めて、合格するための戦略を立てるのです。周りに東大に合格した先輩がいたら、いつから過去問を解いていたかを訊いてみてください。高校1年から意識して過去問を解いていたということがわかると思います。

 入試問題の過去問を解くというのは志望校の傾向をみて、勉強の戦略を立てるものだと考えを改めてください。今から第一志望であれば、10年分以上をやると効果が上がります。「逆転合格」はこうして生まれています。

◆受験生をやる気にさせる本とは

英語の発音・アクセント総仕上げ

 うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話」を読んだ。

 社会人2年目でうつ病になり、二度の自殺未遂の後遺症で寝たきりになった若者が、スキルも人脈も意欲もなく、ニート生活、離島バイト、あいりん地区を経て自由を勝ち取るまでを描いた感動の実話である。

 大学生のころ、世界中を旅しながら、その地で見聞きし、体験したことを書いて生計を立てることができたらと空想したことがあった。

 アメリカのニューヨークの地下鉄で盲目の男性が車内でスティービワンダーの歌を歩きながら歌い、歌に魅了された乗客が、彼が片手に持っていた空き缶に見る見るうちに紙幣を入れて一杯になった話や、ベトナムのホーチミンでレストラン店主が7日目にしてやっと本音で語ってくれた国家観や、西オーストラリアのビーチに人食い鮫、ジョーズが侵入し、命からがら助けられた話などを文章にして発信することができたらと考えたのである。

 この本はまさにこの理想をパソコン一台で半年間うつ病で寝たっきりだった若者がやり遂げた話なのである。

 当然、旅をするには資金が必要になる。この若者はWebマーケティングビジネスを習得し、アフィリエイトで資金を得て世界に飛び出していけるほどの成功をみたのである。
 
 現在、うつ病に悩んでいる人や受験生をやる気にさせる本なのだ。


◆必ず小論文が書けるようになる本とは

○○○○○○○○イメージ

 小論文に頭を悩ませている受験生は多いだろう。何を書いてよいのかわからず、ただ時間だけが経過してしまう。そんな受験生に救いの手を差し伸べる本がある。

 それは「必ず書ける『3つが基本』の文章術 近藤 勝重 著(幻冬舎新書)」である。

 まず、「何を書くか」のヒントを与えてくれる。そして、「どう書くか」を文章例とともに解説してくれる。最後に「どう構成するか」を一流の作家の文章から『読まれる文章』にするための構成法を伝授してくれる。

 文章力アップのための秘訣が特別編として盛り込まれていて参考になる。

 同著の「早大院生と考えた文章がうまくなる13の秘訣(幻冬舎)」は文学部、中でもとりわけ文芸学科などに進む受験生にお薦めする。

 早大院生が書いた文章に著者が助言を与えた文章は良くなり、さらに著者が書き改めたものを読むと文章力が豊かになる構成になっている。

◆国公立大英語問題で合格点をとるには!

 
英語の二次試験対策を行っています。東京外国語大学の二次試験問題は英語の問題でありながら、内容を把握したうえで字数制限つきの内容説明で、長いものは100字を超えるものもあります。このような問題では英語力だけでは到底解答できません。現代国語力が必要になるのです。

 
現代国語と英語の成績は相関関係にあり、現国ができる人は英語もできるという結果が出ています。英語の長文の和訳ができれば、問われていることは現国の問題と同じである。現国ができるようになれば、英語の成績も上がるのです。

 
 現代国語をまったく勉強しない人がいます。勉強しないのではなく、勉強の仕方がわからない人が多い。日本人だから現国は「なんとかなる」と思っても「なんともならない」のが現国である。

 現国のテストは書かれている文章を主観的ではなく客観的に、論理的に解く科目です。まずは解き方を「出口シリーズ」などで自分のレベル・試験のジャンルに合ったものを10題ぐらいやってみる。そうすると問題に対するアプローチの仕方がわかってくる。

 国語はセンター試験だけという受験生はマークセンス対策だけでも構いませんが、二次試験の英語で記述がある受験生には記述対策を薦めます。文章をまとめる力がつきます。これが英語の二次試験問題対策になるのです。

◆大学受験、過去問は何年分やればいいですか?

回答:お問い合わせがありましたのでお答えします。

 進研ゼミの大学合格者アンケートから、何年分やりましたかの回答は、3-4年分40%、5-6年分20%、1-2年分15%、9-10年分6%、11年以上3.5%。

 いつから過去問を解きましたか。9月以前50%、10月14%、11月9.5%、12月以降22.5%。

 このアンケート結果を見て、合格者の平均値ぐらいをやればいいと考えている人がいるでしょう。教学社・大学受験シリーズの赤本は3-4年分が多いのでこのような結果になっているのでしょう。傾向をみるうえでは3年分やれば効果はもちろんあります。しかし本気で第1志望校に合格したいのであれば、最低10年分はやってください。教学社東大の過去問は25年分あります。需要があるということでしょう。東大を目指している受験生は高校1年から意識して見ています。これぐらい見ていると出題サイクルがわかってきます。相当の効果があります。

 塾でも極端な例になりますが、他大学の過去問には目もくれず、第1志望の早稲田大学の赤本のみ10年分を解いて、他大学不合格。早稲田大学のスポーツ科学部のみ合格した幸運な受験生がいます。

 過去問対策は合格するために最大の効果を上げます!

関連記事
夏休みから受験勉強をはじめて早稲田大合格!

模擬テストがD・E判定だったら 
 
 
1学期の模擬テストで志望校変更の余地ありのD・E判定だったら、少々勉強にやる気をなくしている人もいるだろう。
 
 6カ月余りになったセンター試験。D・E判定だったら、受験は厳しい結果になっている。現役で合格するには第二・第三志望も考えて計画の見直しをした方がいい。

 この定期考査が終われば、受験勉強に全力投球できるが、夏休みは40日間と長いようであっという間に終わってしまう。この夏休み「漠然」とした勉強なら、また9月の模擬テストの結果は、「悲惨な結果」に終わる。

 この夏休みが最後の成績挽回できる時期なのだ。秋の模擬テストへ向けて、今から緻密な計画を立ててみることだ。

◆国公立大学医学部を目指す保護者の方からメールをいただきました

 「もうすぐ夏休みですが、1日どのくらいの勉強時間が必要でしょうか。まだ高校一年の間はあまり考えなくてもよいのかもしれませんが、女の子は男の子のように最後に急激にのびることは難しいので、今からやるべきかと思いますが実際はどうなんでしょう。また、授業のときにでも、娘にアドバイスいただけましたらありがたいです。よろしくお願いいたします。」

 「国公立大医学部の受験勉強は1年生からはじまっています。集中して勉強していかなければなりません。女の子は皆さん早めにコツコツやっています。先日の試験の時にお話ししました。毎日8時間以上はやっていると思います。色々アドバイスさせていただきます。」と返事しました。

 今年、やっと受験が終わった高校1年生。今年ぐらいは楽させたいと思うのは親心だと思います。現実的には国公立大医学部の推薦入試を考えるともう取り組まなければなりません!センター試験90%と二次試験80%は並み大抵の努力では達成できません!受験生は皆、追い込みできると思っているのですが、スーパーマンはいません!正味あと2年。一生懸命に頑張ることです!

◆人生でも受験でも一番障害になっているものとは

 
最近、パナソニックの創業者、松下幸之助氏の講話を読んだ。幸之助氏は松下電器店の小売販売一位の人を講演者に招いて、小売の方を集めて販売講演会を開催した。その方があまりにも小売のノウハウを微にいり細にいり教えるので、幸之助氏は「そんなに教えて大丈夫ですか。貴方のところの売り上げが落ちますよ」と講演者に忠告されたそうです。

 その方は「大丈夫です。こんなに利益は出る話でも、つらい仕事をできる人はまずいませんから」と言い放ったそうです。

 この話を読んで私は呆気にとられました。不思議に思う一面もありましたが、そんなに人は実行しないものなのか。

 現在は情報過多の時代です。大学受験のテキストも書店に行けば、色々並んでいます。パソコンを覗けば、色々参考になる勉強法が書いてあります。でも聞いたり読んだりしているだけで実行が伴わなければ何も変わりません。皆さんも、こんなことになっていませんか?とても受験生には耳が痛いお話です。

 なるほどと感心する話であれば、以前ブログで述べたように、一遍には大きく変わらなくとも、少しずつSmall Changeで変えていきましょう!自分を変えることが一番の障害であることを痛感した講話でした。


◆トップ高校を目指すのは親の欲目でしょうか?

 
新宿高校を第一志望にしている中学3年生の娘をもつ父親からご相談があった。S予備校に通わせているが、6月模試の成績がよくなかった。特に英語の成績が思わしくなかった。

 成績のことで予備校に問い合わせたが、子供のポテンシャルと言われたような気持ちになったそうだ。

 親は合格するなら、偏差値の高い高校を希望する傾向があるが、大学まで行くつもりなら、トップ高校に行かない方がよい場合がある。

 例えば、定員300名の学校であれば、先生は学校の成績を上げるために、100番ぐらいの生徒をターゲットにした授業を展開するからだ。200番以降の成績の生徒は置いてきぼりになる。

 受験のプロは、気が弱く、成績下位で嫌気がさすタイプの生徒ならば、地元の二番手高校に行って頑張った方がいいことを勧めるのである。


理系に進むべきか、文系に進むべきか?
 
 
予備校の先生は色々なことをやっている人が多い。英語の先生であれば、本業はローマ教皇庁のあるバチカン市国の公用語、ラテン語の研究家であったり、インドネシア語の通訳であったり、中国へ進出した日本企業のコンサルタントなどの専門家だったりする。こんな人たちと理系の数学・物理の先生の会話は理系と文系の頭の違いを感じさせられる。
 
 「『例外のない規則はない』と言われるが、英語はこの言葉が当てはまりますね。本当に例外が多くて覚えることが多くて大変でしょう。数学は公式だけで問題が解けます」と数学の先生の弁。
 
 理系の先生に言わせれば、数学・物理は公式という一つの刀で切れるのに、英語や文系科目は両刀でも切れず、暗記項目が多すぎるというのだ。暗記で10回も同じテキストをまわすなどというのは理系の人が最も嫌がる勉強法だ。理系は少ない公式でいくつもの問題が解けるから魅力があるというのだ。
 
 結論を言うと色々なことを覚えるのが苦痛にならない人は、文系。暗記が面倒で公式を使って考え抜くのが好きなら理系である。文系でも「ローマ帝国皇帝、マルクス・アウレリウス・アントニヌス」の名前を覚えなくてはいけませんかという塾生もいるが……

大学受験、勉強時間は大丈夫ですか?

 
 部活の塾生は5月は受験勉強どころではなく、県大会出場をかけて真っ黒に日焼けして猛特訓に明け暮れていた。6月には大会も終わってやっと受験勉強に打ち込んでいる。

 そんな元部活生に勉強時間を訊いた。

 「平日6時間。休日12時間やっています」

 一方、勉強に集中しているはずの帰宅部の塾生に勉強時間を訊いた。

 「平日3時間。休日6時間」

 なんと休日の勉強時間が元部活生の平日の勉強時間と同じなのである。当然のごとく元部活生の勉強時間を帰宅部生に教えて、𠮟咤激励した。

 センター試験まで7ヶ月を切った。7月の三者面談では志望校のヒアリングがある。夏休みに集中して勉強する計画を立てている受験生もいるだろうが、今から本気に取り組まないと間に合わないのだ。

関連記事
努力している姿を見せない(慶應大学理工学部合格者の勉強時間

◆難関大学志望の現役高校生8割がしていることとは

 駆け出しの講師の頃、私は生徒をリスペクトしていました。これ以上教えたら、生徒を軽蔑していることになると思って2,3回同じことを教えたら大丈夫だろうと思っていたのです。

 これが間違いだと気づいたのは友人の中学校教師から指導要領を借りて見た半年後です。「生徒は1,2回の授業で理解できるものはいない。重要事項であれば、20回は反復して指導する」と書いてあったのです。

 塾の講師の評価は「成績アップ」のみです。成績が伸びなければ、本人はやる気はなくし、保護者は別の塾を探します。それ以来、生徒がわからなければ、しつこいと思われるくらい何度も何度もあらゆる角度から解説することにしました。

 この指導の中で効果的な勉強法がわかってきました。授業を受け身で受講するよりも、予習をして「わかること」と「わからないこと」を区別して、授業に臨んだ方が理解が進むということです。

 難関大学志望の現役高校生8割が必ず予習をしているというNHKの調査結果がありました。予習をせずに授業を受けて復習する勉強パターンで成績が伸びていない受験生は試してみる価値があります。

◆大学の附属高を受験させない理由とは

 中学生の進路相談した時のお父さんとの会話である。

 「都立は新宿高校、私立は中央大学附属高校、中央大学杉並高校を受験させるつもりです」

 「娘さんは中央大に行きたい学部があるのですか?」

 「いいえ、まだ決まってないようですが、家から近いのと息子が現在、中央大学の4年生だからです。都立高校が第一志望ですが、落ちたら、無理せずに内部進学で大学に行ってもらいたいと思っているんです」

 「そうですか。都立第一志望の対策をさせていただきます」と答えて、内部進学と聞いて明治大学時代の外書購読の授業風景を思い出した。

 教授が学生に席順に英文を一段落ずつ読ませ、和訳をやらせた。教授のヒントでできない学生も何とかひと通り和訳まで終えるのだが、明らかに和訳をはじめると、しどろもどろになる学生がいた。教授が業を煮やして、「どっちだ」と叫んだ。明大中野か明大明治かと尋ねたのである。学生が「中野です」と答えると失笑が起き、「次」と教授が言って授業が進んだ。

 一般入試生と内部進学生には明らかに成績の開きがあった。入学試験がない内部進学生は学力が著しく劣っていた。この現象は今もどこの大学にも起きている現象だ。

 別の塾生の父親はこのことを十二分に知っていて、うちの息子は大学の附属高は絶対に受験させません。高校の3年間が中身のないものになるとおっしゃった。

 「可愛い子には旅をさせよ」ということわざがある。辛く苦しい入学試験を受験してこそ、知識が身につくのである。これが本当の親心と思うのである。

塾生の進路決定に何年も悩み続けた話である


 「地元福岡の西南学院大学に行きたいと思います」

 彼は青山学院大学文学部英米文学科、明治大学部政治経済学部、商学部、西南学院大学文学部外国語学科英語専攻に合格した。

 「英語の教師になるつもりか?」

 「先生は向いていませんので、企業に勤めることになると思います」

 「それなら、明治大学に行った方がいい」

 「経済的にアルバイトしなければなりません」

 「アルバイトしながら、大学の両立はできると思うが」

  彼は私の勧めもあって明治大学商学部に入学した。

 楽しい学生生活を謳歌していると思っていた。

 入学して2年たった頃、彼の母親から手紙が届いた。

 先生の勧めで東京の大学に進みましたが、留年になりました。

 新宿で居酒屋の副店長になったと自慢していますが、勉強をしていないようです。

 何を考えているのか、先生の言うことは聞きますので、

 電話で何か言ってくださいと頼まれた。

 大学はあまり行っていなかったが、好きな英語は英会話学校に通って頑張っていたようだった。

 そんなに英語が好きだったら地元の西南学院で勉強した方がよかったのではなかったか。進路指導が間違っていたのではなかったかと後悔したのである。

 そんな彼から先日20年ぶりにメールをいただいた。

 「当時は確かに大変でしたが、上京したことで、色々社会経験を積むことも出来ましたし、妻とも出会うことが出来ました。現在がそんなに不幸と感じることが少ないからでしょうか。ただ、子供には同じようなこと(週6でバイトとか留年とか)はなるべく経験はしてほしくないですね。せっかく大学に行くのであれば、しっかり勉強をしてほしいですね。」

 このメールをもらって長年の鬱積がやっと晴れた。人生のターニングポイントになる進路指導は難しい。

◆センター試験・現代国語対策とは 
 
 
高校の現代国語が授業中に先生がその場で問題を作り、生徒に解かせることなく解説する。生徒は問題も解かずにただ聞くだけで時間の無駄に終わっているという話をしました。

 この授業ではセンター試験対策にならないので、塾生にはセンター試験や二次試験対策の評論問題集を薦めました。塾生は「新・田村の現代文講義1(代々木ライブラリー)」をやりはじめたが、成績が芳しくないというのです。色々話を聞いているとまずやらなければならないことがあることがわかってきました。

 現代国語が苦手な生徒は日頃から本を読んでいません。授業の予習もあまりやっていないので、現代文キーワードの意味が正確にわかっていないのです。

 まず、下記の中で自分に合ったテキスト1冊に取り組む必要があります。
 
 ●大学入試現代文キーワード500 伊原 勇一著(桐原書店)
 ●ことばはちからダ!現代文キーワード(河合出版)
 ●Z会現代文キーワード読解
 ●読解を深める現代文単語(桐原書店)
 ●生きる現代文読解語(駿台文庫)

上記のテキストは辞書替わりに使って、自分のものにする必要があります。

 そのあとで、センター試験対策として「センター現代文 一問一答問題集 必修・完成 板野 博行著(スタディ・カンパニー)」などで対策を行ってください。

○○○○○○○○イメージ◆誰でも「苦手科目」がある

誰でも「苦手科目」がある。国公立大に進む人は「苦手科目」克服がポイントとなる。「苦手科目」克服のメリットの
話として、風呂屋の桶板の話をする。

 桶板は底板を何枚かの脇板で囲んで出来ている。底板は一定として、脇板をセンター試験の科目数と同じ、板7枚からなっているとする。得点に合わせて、脇板を切る。点が低い場合は脇板が短くなることとして、枠をつけ桶を作ることとする。

 出来上がった桶に水を注ぐと、脇板の短い所から水が漏れる。1科目得点が低い科目があれば、そこから水が漏れ、水は溜まらない。このイメージにセンター試験の総得点は似ている。極端な「苦手科目」はマイナスである。少しでも点数を上げて、水が溜まる桶にした方が、センター試験は強い。平均的を底上げした方が試験に強くなる。

 好きな科目は、やっていて面白い。またそれがテストの好結果になって返ってくるので、また力を入れるといった好循環になる。苦手科目は反対の結果で悪循環だ。この悪循環を断って、頑張りましょうなんか言われたところで、勉強ができるようになるわけじゃない。具体的にやり方を変えないとだめだ。

 まず勉強法として嫌いな「苦手科目」は、まず取り組んでない人が多いので、自宅学習で真っ先に勉強する。寝る前になるとただでさえやる気がないのに睡魔が襲ってくるに決まっている。そして「苦手科目」を質問できる友人、先生を見つける。先生ならば、どうして分からなくなったか指摘してもらえるので、またそこから復習ができる。基礎ができていないことが多いので、根気よく歯を食いしばってやる。誰でもそうだが、「苦手科目」は得意科目に比べて、勉強時間をかけてもなかなか成績が上がらない。まとまった時間が取れる週末は、「苦手科目」の勉強ができるいい時である。


◆センター試験・英語攻略法とは

 そろそろセンター対策を本格的に取り組む時期になりました。毎週土曜日に演習を行っていますが、成績が上がる勉強法がわかってきたのです。

 英語でお話すると80分の筆記試験を時間を短縮して60分でやること。初めは60分では終わらないかもしれません。試験問題を早く解くコツを身につけましょう。

 次に問題集の選択です。センター試験の過去問レベルが解ければいいと考えている人もいると思いますが、二次試験や私立大対策も考えて、難しい問題集から始めた方がいいのです。

 駿台予備校>河合塾>センター試験(追試)>センター試験(本試)問題の順で解くといいと思います。

 プロ野球選手は150キロのボールを打つために170キロのボールを打つ練習を行っています。試合の時よりも練習に大きな負荷をかけるのです。受験も同様、試験を受ける時よりも日頃の勉強の時の方が苦しいのです。

 予備校模擬試験は年間5回実施されますが、4回が一番難しく、5回はセンター試験のレベル問題となっています。それは予備校の模擬試験戦略として4回模擬試験であえて難しい問題をあたえて、最後の5回をセンター試験レベルの易しい問題にして受験生に自信を持ってもらいたいということなのだと思います。

 難しい駿台の問題で点が悪いと不安になってきます。これに耐えれば、成績の伸びはいい。センター試験レベルの本試験問題では実力がつかない。志望校に合格するために敢えて難し問題に挑戦した方がいい結果になっています。



◆GMARCHに最適な英語テキストとは

 
 塾・予備校の夏期講習の募集が始まっている。GMARCH志望の高校3年の塾生が今年の夏期講習は予備校の授業を目一杯取りますと聞いて、ちょっと待てよと思った。

 というのは、夏に勉強しようというやる気は認めるものの塾・予備校べったりでは成績が伸びない生徒を見てきたからだ。

 九州大医学部に合格した塾生は、予備校の講義は勉強法のヒントを得るところで自分でやらないと成績は伸びないと言った。

 まさにその通りで予備校とは試験問題に対する解き方を学び、自力で解けるようになるために勉強法のヒントを得るところなのである。

 GMARCHの傾向がわかったら、最適なテキストを決めて、徹底的にやることである。過去問をやるのは大切だが、それだけでは知識不足で合格できない。勉強配分は自習に十分時間を充てることである。

 予備校の過去問対策では復習に音読をすすめている。英語テキストの中には長文問題の音読と速読ができるテキストがある。GMARCH合格には下記のテキストをおすすめする。


イチから鍛える英語長文500(Gakken)


 速読英熟語(Z会出版)



◆自分の壁を乗り越えることとは!

 先生、私は講座最初の頃は、無謀にも英語の種も土も何も無い状態からはじめましたので、「英文解釈教室―改訂版」のテキストは、正直いって難しすぎてチンプンカンプ ンで開くことも辛くてしんどかったです。

 ところが、最近自分の中で何か分らないのですが変化が見られるようになりました。辛いながらも何回も何回も読み直してボロボロになってきているテキストの最初の章あたりから、だんだんわかる様になってきたのです。

 しかも以前は1ページながめていると睡魔が襲ってきたのですが、今は目がランランになるのです。そして、暗記用の英文も理屈がわかるようになってきましたので、面白いぐらい暗記できるようになって来ました。勉強が楽しく感じられるなんて不思議です。やっとスタートラインについた気がします。

◆こんな生徒が進学校に多くいる

 中学校時代はクラスで成績は1,2番。誰からも一目置かれる存在。先生からは第一志望校に太鼓判をおされて高校に入学。意気揚々と高校にはいったが、今は惨憺たる成績。後ろから数えた方が早い。こんな生徒が進学校に多くいる。

 ここで踏ん張って成績を上げるのか、そのまま低空飛行を続けるのか、分かれ目の時期だ。 

 こんな生徒に訊いてみた。

 「今より中学校時代の方が勉強していただろう」

 「はい、今は2時間、中学時代は塾に行っていたので4時間は最低やっていました」 

 生徒は現状に勿論満足していない。現状打破したいが、テスト結果をもらう度に友達に負けてやる気が失せているだけだ。
 
 このままで終わるなら、努力のかけらもないただの人だ。誰でも毎回負ければ、やる気をなくす。まずはできる科目から取り掛かり、「試験の勝ち癖」をつけていかねばならない!


◆B判定以上はとって試験に臨んでもらいたい!

 
6月に入りました。受験勉強は順調でしょうか?塾生の成績結果や勉強の進み具合は気にかけています。

 岡目八目という言葉があります。傍から見ていると各人の状況はよくわかります。皆さん、第一志望合格に向けて取り組んでいるわけですが、このままでは間に合わないという危惧の念に陥るのです。

 同じ大学志望の受験生でも1時間に進む量で比べて、2倍ぐらいの違いがあります。

 状況がわかっているので早く計画を立てて助言するのですが、まだセンター対策が精いっぱいで2次対策はちょっと早いですという言葉が返ってきます。

 高校2年生までは自分のペースで勉強できた。3年生の今は、無理してペースを上げて、気力と体力勝負になるので大変になってくるのです。
 
 11月の最後の模試までにはB判定以上はとって試験に臨んでもらいたいと思って、ヤキモキしているのですが・・・

◆成績が伸びる生徒の特徴とは!


中学3年生の保護者の方からメールをいただいた。

『受験までは予定どおり、塾へは行かず
英語はお世話になりながら
他は自分で受験勉強の予定です。

期末考査が終わったら、旺文社の「受験用全国高校入試問題正解」
5教科を取り組み始める予定です。
(数学・理科は現在2周目取り組み中)

県立の英語の8年分の過去問は入手しましたので
これも期末考査後に始めます。
(私立の過去問は9月以降に出版のものが多く、県立過去問の後に予定してます。)』

中学2年の10月から英語を指導している塾生です。
自分で高校受験の問題集に取り組んでいる生徒が
なぜ、英語を習っているのか?

英語の先生の授業が半分はゲームだからなのです。
困ったことに3年生の1学期にまだ2年生の教科書を
やっている状態なのです。

今までForestビジュアル英文解釈の授業を行いました。
高校1年までの課程が終わりました。

中学生が高校受験するとき、
進んで問題集だけでいい、自分でやるという生徒は
やる気があります。

学校で習ってないことを予習をして
自分で勉強する習慣がつくと
塾にお任せで出された問題だけ
解いて高校に入った生徒に比べて
大学受験の時には雲泥の差がつきます。
自分で考えて授業に臨む態度が成績を伸ばすのです。

◆受験の合格者と不合格者の違いとは
 
 
 入塾時に志望校を訊きます。志望校がわかれば、英語のテキストとスケジュールは決まります。模試や毎週行うセンター試験対策の結果をみて、弱点補強を個別指導で行っていきます。

 不合格になる理由は最小限の努力で最大の功績を残そうとするあまり、やる事をやらないことです。試験に出ない問題は極力やりません。問題なのは試験に出ない問題を自分で判断していることです。試験直前、出題されそうな問題に山を張るのは至極当然ですが、常日頃の勉強が大変だという理由で尻込みしているのです。

 一方、合格者はそんな問題が出る可能性があるなら、やってみますと中学生でもトライしているのです。感心するばかりです。これが合格者と不合格者の違いです。

 やっていない問題を解くのは実力がある受験生でもなかなか解けません。やったことがあるから、何とか解けるのです。


 そこまで努力はしたくない。やりたくないと思ったら、そこが自分の限界だと気づくことです。それほど大変な勉強なら、志望校は妥協することです。

 「ほどほどにするのか」、「手抜きをせずにやるのか」、これを決めて受験は臨んだ方がいい。合格するのは厳しいのです。

◆センター試験を私立大専願者は受験すべきか
 
 

 9割以上の短大・大学が参加するセンター試験だが、私立大学専願者は受験すべきだろうか?
 塾生の中に私立大学8校をセンター試験と一般受験を併願すると聞いて驚いたことがある。
 というのは、2月3日から14日の12日間に8校受験すると聞いて、受験に耐えられるのかと心配したのだ。
 私立大学専願者の中には、センター試験を一切受験せず、一般入試に専念しているものがいるのも事実である。センター試験よりも一般入試の方が入りやすいからである。
 1月末にその塾生から受験校を聞いたら、各予備校のデーターリサーチ結果から全部A判定は合格すると信じて、一般受験はせず、ボーダーに達しなかった大学3校を受けることに決めたという。
 2月の受験期、2、3週間で受験できる大学はできるだけ絞った方がよい。この戦略もあるなと思ったのである。

◆MARCH受験は学部を峻別している 

 
昨夜は法政大学第一志望の塾生に英語の成績は現在偏差値40以下だが、3ヶ月で65まで引き上げるので、他のMARCHも受験するようにすすめた。塾生の反応は・・・

 法政大学法学部が第一志望でココだけ合格すれば、それ以上は望まないというのである。現実的だなと思いながらも、その理由を訊いた。

 「併願校として法政大経済学部はどうかな?」

 「経済は田舎なので嫌だ !」

 「中央大は受験しないのか?」

 「オープンキャンパスに行ったら、山の中で驚きました。とても行く気になりません」

 大学が都心回帰を行う理由はここにある。立派な校舎を新築しても田舎では学生は集まらないのだ。青山学院は文系学部を相模原キャンパスから渋谷の青山に移した。

 近くには表参道がある。キャンパスの傍らには骨董通りがあり、有名なブティックが軒を連ねる。東京に来たと実感できるのだ。塾生は法政大と青山学院を受験することになったのである。


◆法政大学志望が増えている理由とは

 
入塾する受験生に面談をして志望校を訊く。早稲田大や明治大などの東京の私立大を志望する受験生も依然いるが、最近は法政大学が多い。続きを読む

◆受験に失敗してからではもう遅い!


 高校受験の時と違って、大学受験は子供任せで大丈夫だろうと考えている親は多いものである。広告でよく見かける塾や予備校なら間違いないだろうと思って子供を通わせているが、成績が一向に上がらない。受験情報が足りないと子供に合わない学校に通わせていることになっているかもしれない。続きを読む

◆第1回模試が終わった。あと1週間もすれば、結果が戻ってくる

 結果を見て一喜一憂する受験生を見て、いつも思うことは結果に踊らされることなく、成績を分析して最終合格につなげることが大切だということです。続きを読む

◆必ず自分に合った勉強法がある


 定期考査や模擬試験の結果をもらうたびにため息が出る。勉強をやってもやっても成績は上がるどころか下がる一方で途方に暮れている受験生はいないだろうか?続きを読む

◆医学部に合格するには


 医者になるには医学部に合格するしか道はない。国公立大学医学部は大学入試の中でも最難関だ。ここにご紹介するブログは医学部を目指す受験生の血と汗と涙の結晶だ。続きを読む

◆センター試験・英語は2020年度から大きく変わる


 文部科学省は2020年度から現行の大学入試センター試験に代わる新テスト「大学入学共通テスト」(仮称)を公表しました。英語はこれまでの「読む・聞く」に加え「書く・話す」ことも評価される。英検が「認定試験」として選定されて、英検ニーズは今後いっそう高まりそうです。続きを読む


◆センター試験・英語で高得点をとるための戦略とは

 センター試験・英語は国公立大・私立大受験生に必須科目である。英語の出来不出来が合否を左右するといっても過言ではない。テキスト選択や得点UPする勉強法、90%達成する方法、センター試験3ヶ月前から直前、そしてセンター試験後から二次試験までの心構えをまとめました。続きを読む

 
◆英語リスニングの秘訣とは!


難関大のための上級問題 特訓リスニング  大学受験の英語長文は読めるようになったが、リスニングに不安を覚えている受験生も多いだろう。

 英文で書かれた単語・熟語や構文ならば、瞬時に思い浮かばなくとも時間をかけて解くことはできるが、リスニングはそうはいかない。
 
 瞬時に音声からイメージを浮かべて、「何が、どうした、何を」と英語の順序で聞く力を養わなければならないのだ。受験英語では一番厄介な代物である。

 リスニング問題の攻略は設問と選択肢を前もって読んでおくことである。話の展開を把握して、設問のところが来たら、集中して聞くことである。

 「難関大のための上級問題特訓リスニング」(旺文社)はスクリプトの空所部分をディクテーションできるように問題が作成されている。内容理解の箇所とスキルアップとなる箇所がうまく空所になっている。

 聞き取れる音は発音でき、発音できる音は聞き取れるという相関関係がある。音声を聞いて発音できるまで徹底的に取り組むことだ。

◆大学受験の英作文で差をつけるには!
 

英作文基本300選  英作文の勉強法に悩んでいる受験生は多い。まず、どのように取り組んだらいいか皆目見当がつかないというのである。

 英作文には暗記でなんとかなる型と翻訳しなければならない型の二つがある。暗記型は文法知識と整序問題の延長で暗記用英作文と熟語を覚えていれば、なんとかなる。

 難しいのは国公立大の二次試験で出題される翻訳型だ。これにも日本文を英訳するものと自由英作文の二つがある。

竹岡広信の英作文 英訳する問題は日本文をよく読み、文法力を駆使して今までに学んだ英作文を借りて書く。このとき、英語でないものを作ると点数はない。自分で言えることだけを誤りをおかすのを最小限にとどめて書くことである。

 勉強法としては学校で暗記する英作文例集があれば、それを徹底的に利用する。なければ、「英作文基本300選」や無料で入手できる表現のための実戦ロイヤル英文法、別冊「英作文のための暗記用例文300」を使う。

 自由英作文対策として、「竹岡広信の英作文」はいい。言いたいことを言える範囲の英語でなんとか伝えることを基本にしている。

 翻訳型にはじめから取り組むことは無謀である。英文を暗記することからはじめて、英作文を書いたら、添削をしてもらうことである。


◆英語読解問題を最短で読めるようになるには!

英文解釈教室―新装版  英語読解問題の点数がとれないと悩んでいる受験生は多い。センター試験では読解問題が約7割を占める。この出来不出来が合否を決めると言っても過言ではない。

 英語構文は学校の授業ではリーディングのまとめとして習うことが多い。細切れなので、英語構文の全体像が理解しづらい。例えば、that-節やIt~that構文などはまとめてやった方が理解が早い。このような観点から
英文解釈教室などの構文集にまず取り組んで、英文を日本語に訳すことなく、英文の順序で目を一度走らせるだけですべてがわかるように練習する。

ディスコースマーカー英文読解 速読する時、目は英文を先へ先へと進めている。読んでいる部分の前後10行ぐらいを視野に入れて読んでいる。この時、論理展開となる、howeverやthereforeなどのディスコースマーカー(談話標識)に注意して英文を読むと論理展開がわかり、先読みすることができる。

 英文の論理展開のルールとディスコースマーカーを会得すると英語読解問題がよくわかるようになる。

 英語読解問題を最短で読めるようにするには、英語構文、論理展開の流れの順で勉強することである。


◆このことを知ったら英語の勉強法が変わる?

即戦ゼミ3 大学入試英語頻出問題総演習  全国的に高校生が使っている英語の文法・語法問題集は「即戦ゼミ3 大学入試英語頻出問題総演習」(桐原書店)とか、「Next Stage 」(桐原書店)、「UPGRADE英文法・語法問題」(数研出版)、 「頻出 英文法・語法問題1000」(桐原書店)などである。

 これらのテキストを中高一貫校では高校1年から、地元のトップ高校で高校2年から、進学校で高校3年からはじめている。はじめる時期から2年もの差がある。

 定期考査や実力テストで範囲を決めて試験があるので、高校1年からはじめた高校は3年の夏には10回ぐらい終わっているのである。

 こんなことを知らずに高校3年からはじめても既に受験の勝負はついてしまっている。このことを高校2年の塾生に話したら、3年で高校から提供されることになっているが、自分で購入して早速はじめている。早めにはじめないと受験に勝てないのだ。

Next Stage

 やり方として1回目は右半分の解説の理解をすることである。ひと通りやって、理解できないところは必ずForestなどの総合英語で確認する。

 この理解が重要で完全に理解するまで行うこと。これが不十分だと長文問題の文も理解できない。2回目に左の問題にとりかかる。3回目以降は間違ったところの見直しと正解率UPに努める。

 
高校3年の夏休みまでに同じ問題ならば、95%以上できるようにならないと河合塾模試で偏差値65はいかない。旧帝大国公立大やMARCH以上の私立大の合格はない。


◆偏差値50以下からMARCHを目指す英語勉強法とは
 
英文法をひとつひとつわかりやす 英語が苦手で定期考査は英文の和訳を全文暗記して何とか乗り切っているが、模試の長文は全く読めない受験生がいる。

 こんな受験生の弱点は高校1・2年生でマスターすべき文法力がないことだ。文法力がないと文法・語法問題で躓き、長文が読めないので、成績が伸び悩む結果になっている。
 
 この「高校英文法をひとつひとつわかりやすく」は分厚い参考書はなかなか手が伸びない受験生を対象に書かれたテキストだ。



Forest 長文を読むためのノウハウが至る所に散りばめられているので、「Forest」などの分厚い参考書を読むよりも効果がある。

 時間のある高校1・2年生なら、Forestなどの総合英語テキストをやることだ。成績トップクラスの受験生は最初から最後まで読んで、完全にマスターしているのだ。

 このテキストと併せて姉妹書である暗唱文例集+例文ドリルのついた「音でトレーニング」を使って、英作文とリスニング対策を行うと基礎は万全なものにな




◆やっててよかったナンバーワンの英語テキストとは

速読英熟語(Z会)
 最近の大学入試問題の傾向は空所補充や正誤問題が重視されるようになり、熟語・構文・語法をあつかう問題が多くなっている。反対に単語や文法のみの問題が少なくなってきている。

 長文読解問題はあまり難しい単語は使われなくなってきていて、文の前後関係から類推させる問題が多くなっている。このために難解な単語や瑣末な文法知識よりも熟語が多く使われる英文問題が多くなっている。

 熟語は
即戦ゼミ3英語頻出問題総演習(桐原書店)とか、Next Stage 英文法・語法問題(桐原書店)、 UPGRADE英文法・語法問題(数研出版)などにも載っているが、英語の配点が高い受験生はこの速読英熟語(Z会)はお薦めだ。センター試験や私立大学に出題される英単語・熟語や会話文問題の慣用表現がよくまとまっている。日本語の全訳がついているので長文読解にも使える。CDを購入すれば、リスニング対策もできる。さらに巻末の文法解説がいい。

 英語が平均レベルであれば、このテキストを3回繰り返せば、英検2級、偏差値60までは達成できる。この勉強のおかげで英検2級に合格できた塾生もいる。やっててよかったナンバーワンのテキストだ。


◆英単語暗記はこのようにやるのが一番楽!

話題別英単語リンダメタリカ 英単語を暗記するにはどんな方法がいいですかとよく質問を受ける。なかなか覚えられず、苦労するのが英単語暗記である。

 基本は学校指定の英語単語帳をやるのがよい。それは学校で小テストをこまめにやってくれるので記憶できるようになるからだ。ひとりで暗記するとなると覚えるのは難しい。

 ひととおり基本になる英単語を暗記したら、志望校に合わせて、単語を英文の前後関係から類推して読む力をつける。「話題別英単語 リンダメタリカ」(Z会)医学部や難関大の英語長文の単語力がついて、その上に英文解釈とその背景知識までわかるテキストになっている。

東大英単語 「東大の英単語」(教学社)英文解釈のための基本単語が入試問題つきでまとめられているので重宝する。

 英単語ターゲット1900(旺文社)は一語一義の意味で覚えるのに対して、このテキストは派生語や関連語もまとめて覚えることができる。








◆センター試験 発音・アクセントができると得点UPにつながる理由とは


英語の発音・アクセント総仕上げ  センター試験の発音・アクセント対策として、配点が1問2点と低いが、日々英単語を日本語訳だけでなく、発音とアクセントを一緒に覚えている受験生も多いだろう。
 
 しかし、センター試験(本・追試験)で出題された発音・アクセンの英単語は複数回出題されている。つまりセンター試験で出題される英単語は限られているのだ。

 この傾向からまず、過去のセンター試験問題をやることだ。完璧を目指すなら、この「英語の発音・アクセント総仕上げ」(駿台文庫)はCDで聴いて発音するので効果が上がる。発音やアクセント、文強勢問題までを網羅しているので、短期間で完成できるテキストになっている。

 発音やアクセントは規則を暗記をしても、例外が出ることが多く、得点に結びつかない。また、日本語化した英語が特に狙われる。例えば、日本語で「ルーズソックス」のlooseの発音は「ルース」やenergyは「エネルギー」ではなく、「エナジ」などに注意することだ。

 センター試験を第1問から解く受験生は多い。初めから躓くとなかなか問題を解くスピードが上がらない。時間が足りない受験生は第1問発音・アクセントと第2問文法・語法問題を疎かにしている。わからないから迷って時間がかかる。何度も繰り返して第1問と第2問を10分程度でできるようになると第3問からの読解問題に余裕を持って臨めるようになる。発音・アクセント問題の勉強は1回短期間で終えるとあとは模擬試験前に見直すようにすればいい。


◆勉強時間はこんなところにある! 
 
 
早朝、福岡市から佐賀県唐津までJRで出掛けた。出勤・通学時間帯の7時20分の電車であったが、学生が座席を占領して座れなかった。まわりに立っていた数人の男子学生は立ったまま数学の問題を解いていたり、文庫本を熱心に読みふけっていたりした。

 福岡市内を通り過ぎて糸島市に入った。立っていた学生全員も座れるようになった。一車両のうち大半は同じ制服を着た男女の学生になった。どこの学生だろう?

 唐津駅に到着しますのアナウンスでみんな一斉に立ち上がり、支度し始めた。鞄をみたら、wasedaの文字が目に入った。早稲田佐賀中・高校の生徒だった。唐津駅からはスクールバスで学校に向かうようだ。

 スマホで早稲田佐賀中・高校のHPをみたら、福岡からの生徒が佐賀よりも多いことがわかった。交通の便がいいので多いのだろう。それにしても70分近くは列車に揺られ、通学に片道90分以上はかかるようだ。

 首都圏の塾生は満員電車の中、英単語・熟語を聞いているそうだ。通学の時に座ってテキストを読めるのはいい環境なのだ。通学時間は工夫次第で相当な勉強時間が生まれる。有効に使いたい。

◆これなら3ヶ月で
英検2級合格!

 
2016年度から英検2級は語句整序問題がなくなり、Writingが導入された。また、観点別に評価されて下図のように技能バランスが重視されるようになった。今まで軽視されていたWritingの配点が高くなっているので、毎週、添削(無料)を徹底的に行っています。

 毎週実施する過去試験問題(無料)を短時間で解く演習を行って、間違ったところを解説しています。また、単語・熟語・語法問題は個別指導で毎回テストを行って、3ヶ月で合格できるように指導しています。

準1級一次試験の場合



◆高校1年生ならこのことは念頭に置いておきたい! 
 
 模試の結果や成績を聞いて志望校合格に向けて適切な指導を行っている。高校3年生の塾生の中に評定平均値4.6の塾生がいた。第一志望校は地元の国公立大学である。

 この評定値なら、推薦してもらえるはずだ。早めに担任の先生に相談して推薦をお願いした方がいいとアドバイスした。4月に進路の先生に話したら、確定ではないが、学校推薦をしてもらえることになった。第一志望校を推薦してもらえるなら、推薦入試がダメでも、一般入試は受験できるので勧めている。

 下図は文部科学省がまとめた平成12年度と平成27年度の大学入学者選抜概要と平成27年度国公私立別の大学入学者選抜概要である。この図でわかるようにAO入試と推薦入試の割合は増えている。私立大学は約半数がAO入試と推薦入試の入学者なのだ。
 



 
 今年、高校1年生になった生徒までが現行の「センター試験」が実施されるが、一年浪人すると「大学入学希望者学力評価テスト」がはじまる。

 5月末には調査書の評価がはじまる第1回目の定期考査がある。AO入試と推薦入試のことも考えて最善を尽くしたい!

◆受験生はなぜ成績が伸びないのか自分ではわからない! 
 
 
受験生なら誰しも成績を伸ばしたいと考えている。第一志望大学合格に向けて、人一倍努力している。それでも努力に比例してなかなか成績が伸びない。その理由は?

 その理由は自分の弱点がわかっていないことです。間違っているところを自分で修正できないことです。わかっていれば、成績が上がらないことはない。これはなかなか自分ではできません。対策として記述式の添削に取り組む。または個別指導で徹底的に間違っているところを指摘してもらって理解に努めることです。

 昨日、90分授業で何問質問するのかを数えてみました。120問でした。数多く質問するのはどのくらい理解しているのかを確認するためです。ifに例にとると名詞節か副詞節か見分けはどうするのか?わからなければ、Forestなどの総合英語で解説をします。

 英検2級取得者でも記述式問題になると点が取れない受験生がいます。長文の和訳がよくわかっていない。英検のマークシート方式ではなんとなく長文が読めたと錯覚しています。修飾語、被修飾語のかかり方がよくわかっていないので記述式になると点が取れないと判断できるのです。

 間違った箇所を十分に復習をして、復習の質問を受けると何とか解けるようになっています。間違い箇所は何度も質問します。修正はこれくらい徹底しないと直りません。理解できるまでやるので、自ずと成績は上がっていきます。


中学2年生が3ヶ月で英検2級に合格!

 
 塾では「英文解釈教室」を長年使ってきた。このテキストの使用は大学受験用なので高校3年生か浪人生の春から、早く使いはじめたとしても高校2年生の春からだった。 

 高校2年生からの生徒は早稲田大学政経学部や九州大学医学部・法学部などに現役で合格したが、初めからこのテキストを使っても解説をするのにとても時間がかかった。これを使いはじめる前に前段階のテキストが必要であることを痛切に感じていた。 

 そんな折、保護者の方から、まだ中学2年生ですが指導できますかと問い合わせをもらった。自分は医師で長男は国立大医学部に在籍している。受験英語への関心は高く、長男とはビジュアル英文解釈PART1・2(駿台文庫)を一緒にやってきたという話を聞いた。 

 中学2年生は中高一貫校に通っていて、中学校レベルの模擬試験では全国トップレベルで最近は1学年上の模試を受験しているとのことだった。保護者の方のお話では長男が医学部に合格した勉強を振り返ってみて数学・理科は中高一貫校でもカリキュラムの関係からどうしても高校3年までかかってしまう。英語だけは学年に関係なく進められるので、早めに受験レベルまで達したいとのことだった。

 入塾して保護者の医師の方と二人三脚で、「英文解釈教室」をやる前のテキスト選びをして、暗中模索の指導がはじまった。英文解釈は「ビジュアル英文解釈PART1・2(駿台文庫)」。イディオムは「速読英熟語(Z会出版)」。文法は「そこが知りたい英文法(駿台文庫)」「新・英文法頻出問題演習(PART1文法篇)」2冊を「Forest(桐原書店)」の対応する章の解説を加えて指導してきた。 指導3か月で英検2級に合格。そうして1年あまりでようやく「英文解釈教室」に入るに至ったのである。

 このテキストも簡単な構文から入って、2回目に難しい構文とやっている生徒もいるのだが、保護者の医師の方の希望は、はじめから全部やらせてくださいとのことだった。この妥協しない教育方針にあらためて感心させられたのである。


◆センター試験で成績を上げるテクニックとは!

 
GW明けから本格的にはじまる模擬試験。まだ時間が足りませんと言っているものがいるが、マークをするのに時間をかけすぎていないだろうか?

 塾生で1ヵ月前にセンター試験・英語130点だった者がこの1ヵ月で160点をとれるようになった。これは土曜日に行っているセンター試験対策でマークしないで解いたところ全問題解けるようになって点数が上がった。マークする時間に一因があったようだ。



 上のマークシート用紙は読み取れるマークを示したものである。技術の進歩でマークを読み取る能力はこのくらいあるのだ。

 一筆一秒でマークするように心がけたい。この時間を短縮できれば、80分の試験で2~3分は違う。その分を解答をするのに当てるのだ。センター試験・英語の最後の6点の問題を解く時間にあてるのだ。

 こんな工夫をして模擬試験で試してみる。たぶんエラーは出ないはずだ。センター試験の得点UPの鍵はマークを一筆一秒にすることだ。


◆センター試験・英語 (筆記)で90%からその先へ!

 センター試験が終わった翌週から、毎週土曜日にセンター英語 (筆記)対策をはじめました。スカイプのグループ通話で全国一斉に塾生が80分の過去問を制限時間60分で解いています。

 3ヶ月が経ちました。15回ほど対策を行いました。成績結果を第1問~第3問の文法・語法、第4問~第6問の長文読解に分けて、点数を記録して、勉強法をアドバイスしました。ほぼ全員が9割取れるようになりました。

 やり方は、まず、60分で終える。終わらなければ、20分追加して、80分以内で終える。時間感覚を体で覚えることが大切です。わからない問題は解答を見ずに徹底的に考える。150点以下なら、もう一度やるようにすすめました。

 センター試験問題集は難しい方から、駿台>河合塾・追試>本試験の順になっています。実力をつけたい受験生は駿台センター試験実戦問題集からはじめることです。

 90%の得点が安定してきたら、志望大学を決めて二次試験対策に取り組むことです。これもまたセンター試験対策以上に時間がかかります。

 今年の塾生平均は英語(筆記)173点、(リスニング)41点でした。

◆GWがはじまったが・・・・・・
 
 新高校1年生は遠距離通学とクラブ活動がはじまってグロッキーのようだ。GWがはじまったが、GW明けには第1回目の定期テストがはじまる。

 この定期テストから大学入試がはじまるといっても過言でない。というのは、推薦入試はこの成績から入るからだ。

 自分の高校の卒業生の進路をみれば、推薦で何人が合格しているかがわかる。いい大学になれば5段階評価で4以上は取らなければならない。4を取るには、絶対と相対評価があるが、定期テストで何点とればよいのか、おおよそ見当がつく。恐らく校内で5%以内に入らなければならないと思う。

 高校入試がやっと終わったばかりで、やれやれと思っている人も多いだろうが、推薦入試は一般入試に比べるとはるかに易しいのでおすすめなのだ。

 確かに1回勝負の一般入試と違って、推薦入試は3年間の長期戦であり、努力賞みたいなところがある。3年の秋、一般入試がどうしても難しいなら、推薦入試に切り替えられるのが長所でもある。

 このGWに自分の行きたい大学を見に出掛ける塾生がいる。目標を定める上で、立派なことだと思う。高校1年生だからといって、入試が終わったばかりと息を抜いていられないのだ。大学受験はもうはじまっていると思って今度の定期テストは取り組みたいものだ。

◆英検2級に合格したのに志望校に合格できない理由とは 
 
 
6月に第1回英検がはじまる。1ヵ月前になり、本格的に勉強をはじめている受験生もいるだろう。

 英検2級に合格できたのに志望大学に合格できない受験生がいる。高校卒業程度の英語の実力があるのだから、大学は合格できると考えているだろうが、志望する医学部や早稲田、慶應、上智、旧帝大系の国立大学の英語のレベルはそれ以上である。

 折角、英検2級に合格したのに、それに満足してしまって努力を怠らないようにしないと志望大学に合格できないのだ。

 英検2級は筆記65%程度で合格だが、上記の大学の合格には8割以上はとる必要があるし、英検2級合格よりも河合塾で英語偏差値70の方が難しいのだ。

 高校1年生ならば、まず準2級、2級を早めに取得し、本格的に受験勉強が始まる高校3年の春までに英検準1級を取得する計画を立てていく。

 
兎角、受験生は試験に出題されないところは勉強が進まない。受験生の中には自分で分析をして、そこは出題されないと断言する人もいるが、出題範囲の線引きをしないことは賢明なことだ。合格するには、出題範囲よりも、より大きく、深く勉強することである。この意欲の差が合否の分かれ目になっている。

◆英語は日本語とココが違う!

 
He gave a dog the boy.
 6月に英検3級を受験する英語が苦手な高校1年生にこの英文を昨夜、質問してみました。
 
 「彼は少年に犬を与えた」と解答しました。
 間違いですね。
 非人道的な英文ですが、「彼は犬に少年を与えた」が正解になります。

 彼に英語は何が難しいかを尋ねました。
 「英語は日本語と語順が違う」と答えました。
 語順が違うので、わからないという理由はわかっているのです。
 
 英語を学ぶうえで大切なことは日本語と違って単語の位置が問題になります。
 このことをまず意識することが大切です。
 
 以前、この英文ができなかった塾生が感心するほど英文の語順に注意深くなりました。
 プリントが見にくい時、必ず訊きました。コンマですか、ピリオドですかと。
 半年後に彼は偏差値75に達したんです。
 この英文がきっかけで英語が伸びたんです。


◆ゴールデンウィークに差をつける一石四鳥の英語のテキストとは!


 ゴールデンウィークがはじまる。ゴールデンウィーク明けには模擬テストや実力テストが目白押しだ。英語の偏差値が平均50前後の受験生なら、まずは60を目標に立てる。この目標に達成するために最適なテキストがある。

 最近の大学入試問題の傾向は空所補充や正誤問題が重視されるようになり、熟語・構文・語法をあつかう問題が多くなっている。反対に単語や文法のみの問題が少なくなってきている。

 長文読解問題はあまり難しい単語は使われなくなってきていて、文の前後関係から類推させる問題が多くなっている。

 このために難解な単語や瑣末な文法知識よりも熟語が多く使われる英文問題が多くなっている。

 この速読英熟語(Z会)はセンター試験や私立大学に出題される英単語・熟語や会話文問題の慣用表現がよくまとまっている。日本語の全訳がついているので長文読解にも使える。CDを購入すれば、リスニング対策もできる。さらに巻末の文法解説がいい。一石四鳥のテキストである。

 英語が平均レベルであれば、このテキストを3回繰り返せば、英検2級、偏差値60までは達成できる。この勉強のおかげで英検2級に合格できた塾生もいる。模擬や実力テストを目標に計画を立ててみてはどうだろうか?


今年も医学部を受験します! 
 
 
久しぶりにSkypeで医学部受験の塾生と話しをした。彼女は国立大看護学部に合格したが、医者になる夢が捨てられず、入学をせずに国公立大医学部受験を続けて4年目になる。今年も残念な結果となった。

 音沙汰がないので、心配になっていた。自分の心が決まっていない時に声を掛けても無駄だと思っていた。合格発表後に結果をもらってから、1ヶ月半がたっていた。

 この1ヵ月半はアルバイトで忙しかったそうだ。もう、親には迷惑をかけられない。やっと周りの環境の整理がついて勉強できる態勢になった。

 彼女と同じ医学部受験の物理サークルから40代の女性が5年間の受験勉強を経て国立大医学部に合格したことも刺激になったと言った。

 国公立大の医学部合格は難しい。やる気が失せたのなら、それまでだが、医学部を目指した時のことを思い出して自ら奮い立つしか道は開けない。

◆集団授業と個別授業のどちらが成績が上がるか 
 
 
集団授業の経験のある講師であれば教壇から生徒の顔を見れば、どのくらい生徒が理解をしているかがわかる。理解をしている生徒がクラスの半分以上であれば授業をすすめるし、半分以下なら、もう一度復習からはじめる。このようにして授業をすすめている。

 理解している生徒にとっては、授業の8割以上はすでに理解している内容で時間をもてあますことになっている。理解できていない2割のところだけ目を輝かせて授業に耳を傾けている。

 個別授業ではトップクラスの生徒ならば、理解しているところは飛ばして、間違ったところだけ集中的に授業を受けることができる。集団授業に比べてはるかに効率がいい。

 これは逆もまた真なりで、理解ができていない生徒ならば、わからないところをじっくり習ったほうが効率がいいのである。さらに個別授業では生徒が気づかない弱点を見つけることができる。こういう理由から個別授業が集団授業より成績が上がるのだと思う。


◆国公立大二次試験・英語で差をつけるテキストとは


 国公立大の二次試験の英語はセンター試験と問題形式は違う。和訳や要約、英作文が加わるので対策が必要だ。

 受験生は色々なテキストを吟味する時間はあまりない。ただ、合格者が使った評判のいいテキスト1冊を信じて使うのみだが、二次試験・英語の和訳で差をつけるテキストがある。

 それは、「英文解釈教室」である。このテキストは二次試験を受験するレベル以上の学生がつまづくところを十分に補ってくれる。

 また、他のテキストにはない倒置や同格、挿入、修飾語と被修飾語の位置関係の問題まで網羅しているからである。

 300ページあるテキストだが、まず、例題の長文をスキップして進めれば、20時間ほどで終わる。このゴールデンウィークに十分できる量なのだ。

◆受験は好機である! 
 
 
ノーベル化学賞受賞の下村脩氏の「私の履歴書」を読んだ。緑色蛍光たんぱく質(GFP)の発見までに至るオワンクラゲの発光たんぱく質、イクオリンの研究過程に興味を魅かれた。
 
 最後に下村氏が「がんばれ、がんばれ、物事を簡単にあきらめてはだめだ」と若者たちへメッセージを送っていた。

 
私が思うには、みんな若者は、あきらめたいとは思っていないが、自分の限界をうすうす感じている。自分が「変」になる前に自制して、妥協しているのだと思う。

 しかし、長年の教師経験から人生を変えるのは、この限界を突破できたときである。自分ができないと思っていた一回の成功体験が、自分を変える。

 「受験」は、こういう意味で、成功体験ができる「好機」である。もう一度やろうと思っても、こういう機会はなかなかないのである。ベストは叶わないにしても、ベターの成果になるように頑張ることである。


◆部活と勉強を両立させる方法とは 
 
 
昨夜、高校3年生の塾生はゴールデンウィークの5月3日から5日はボート部の合宿があると言った。部活に入っている高校3年生は受験勉強どころではない。部活と勉強の胸突き八丁を迎えているのだ。

 高校1年生で運動部の部活に入った人もいるだろう。中学と比べて、高校の運動部は練習が厳しい。体力がないと帰宅後、風呂と夕食を済ませると睡魔が襲って勉強しないで寝てしまうものがいる。成績は下がって、悲惨な結果になっている。
 
 部活は勉強がおろそかになると考えものだ。この対策は夜は早めに寝て、朝、勉強することである。

 「早起きは自分を賢くする」(船井 幸雄著 三笠書房)を読んだ。大成功者のマイクロソフトの創設者ビル・ゲイツは「朝型人間」である。朝は睡眠を取ったために気分はリフレッシュされ、頭は清新になり、集中できると書かれていた。

 部活で夜に勉強ができない人は、朝1,2時間早めに起きて勉強することだ。休みの日も早起きを習慣づけて勉強するともっといい。


◆医学部や難関大の英語長文対策に最適なテキストとは


 医学部や難関大の英語長文の単語力がついて、その上に英文解釈とその背景知識までわかるテキストがある。

 それは「話題別英単語 リンダメタリカ」(Z会)である。

 最近の医学部や難関大の英語長文は専門性の強い話題が出題される。背景知識がないとわからない。このテキストでは体系的に問題が整理されて、論点が明確にされている。

 長文の項目はグローバル化、環境問題、言語学、差別問題など多岐にわたっている。特に医学部受験生には遺伝子工学、脳死、安楽死などの背景知識は役に立つ。

 英単語のみならず、最近、増えている課題英作文対策にもなるテキストである。

待ちに待ったGolden Weekが勉強スタイルを変える? 
 
 
今年のゴールデンウィークは日並びがいい。5月3日から7日までは5連休となる。以前、5連休を利用して英文法・語法の猛特訓を行った。

 まだ、英文法・語法テキストが1回も終わっていない塾生を対象にゴールデンウィークに「即戦ゼミ3英語頻出問題総演習」1冊を終わらせたのだ。

 自主参加で15人ほどが集まった。1日のスケジュールは午前中に3時間、午後に3時間、合計6時間を5日間、30時間で300ページある即ゼミ3を10ページ、1時間で終える計画である。

 10ページ分を塾生が暗記する。わからないところは元塾生が教壇について質問に答える。40分後にはその範囲の試験を10分行い。間違ったところを見直す。

 ゴールデンウィークに英語の成績が上がるならと勇んで参加したものも5日目の午後、第5章同意語などの語いの問題の時間では、面倒くさいのでやってない受験生が多いが、やっていなければ、長文問題で差がつくところだ。うつらうつらする者も出てきた。私語はなし。ただひたすら机に向かって理解と暗記に努めたからだ。

 やり終わった塾生の感想は、「もうこりごりです。現役で受かります。来年のゴールデンウィークはこんなことやってられない」

 この猛特訓の成果はあった。集中してやれば、成績は上がると塾生も確信を持った。このゴールデンウィークはSNSを断ち、勉強スタイルを変えれば、効果は上がる。

 それでもTDLに行く受験生は気持ちは大学受験に向かっていないのです。

◆第一志望は譲れない? 
 
 予備校のキャッチコピーに「第一志望は譲れない」とあります。第一志望大学にどれだけの受験生が合格しているか?

 定かではありませんが、長年の経験から半分にも満たないと思います。受験した大学に全部合格した塾生は皆無に等しい。今年は東大理Ⅲから10月に志望校を変えて、九州大医学部合格、国際教養大合格者は東京外国語大に不合格でした。

 合格者の半分以上はこの4月、大学の入学式に第二志望には合格できたと自分を納得させて、渋々臨んでまた新たな夢を抱いてスタートを切ったのです。

 受験戦略として第一志望は最後まで諦めずに貫き通す。ダメなら第二志望校に合格する計画も同時に立てておく必要があります。

 第一・第二志望校が同じ科目であれば、問題ありませんが、出題傾向が違ったり、二次試験の科目に小論文(英語)や理科の難問が出題される大学であれば、対策を考えておく必要があります。

◆英語の予習を30分以内で終わらせる方法とは 
 
 
英語は予習をして授業を受けている人は多いと思います。時間がかかりすぎていませんか?30分以内で終わる方法があります。

 英語のリーダーのテキストは長文を読ませて、最後に文法事項や構文をまとめで行うテキストが多いです。

 このようなテキストでは英語構文の体系があまりわかりません。文法のテキストを並行して学んでいますが、はじめに体系的に構文や文法を習得すると授業の予習は30分以内でできるのです。

 それにはまず、Forestなどの総合英語テキストと英文解釈教室の構文を習得するのです。英語の予習の2時間をこれらのテキストを熟読する時間に割いてください。

 英語の予習が2時間かかるという塾生がいました。これらのテキストを終えたら、予習は英文を読み流して、わからない単語・熟語を文の前後関係から類推するだけ、30分以内で余裕で終わるようになっているのです。


◆毎年トップ高校1年生に見られる現象とは!
 
 入学式を終えて2週間がたった。テストを1回終えて結果をもらい、部活を何にするか悩んでいる頃だろう。

 トップ高校の授業進度は速い。3ヵ年の課程を2ヵ年で終える計画だ。高校1年の課程は3学期制の学校であると12月に終える。

 この春の4・5月が要注意なのだ。先生は1学年400人の学校であると成績100番の生徒を対象にした授業を組み立てる。平均よりも成績がいい生徒に焦点をあてて、授業を進める。そうして生徒全体の成績を引っ張っていく。平均以下の生徒は振り落とされることになる。落ちこぼれたら、週末にじっくり時間をかけて予習・復習をすることだ。これを放置すると2学期以降の授業はますますついていけなくなる。  

 文武両道は素晴らしいが、3年の大会までやる部活であると志望大に合格するのは並大抵の努力では達成できない。部活もそのことを考慮に入れて選択する必要がある。部活で全然勉強ができず、大学受験もままならなくなった生徒を何人も見てきたからだ。

 トップ高校に合格したから、大学も何とかなるは思わないことだ。一ランク下の高校入学した方がよかった場合もあるのだ。自分のレベルに合った授業を受けることができた結果である。

 以上のことをよく考えて大学受験の長期計画を考えるとよい。

◆ギェー名古屋大学2名合格

 昨日、週刊朝日「入試速報2017 大学合格者高校ランキング」の記事を見た。これは塾生の進路指導に大変役に立つ。

 名古屋大学工学部志望の高校1年の塾生がいる。彼の高校から名古屋大学に2名が合格していた。あと旧帝大系は京都大学が1名だった。

 昨夜、彼にこのことを話した。合格者が少ないと思ったのかギェーと言って目が点になった。ショックだったのだろう。学年10番ではなく、3番くらいの成績ではないと合格できないとわかったからだ。
 
 この大学合格者高校ランキングは毎年生徒は変わっても大学合格者数は多少の増減はあるが、あまり変わらない。受験の指標になるのだ。
 
 高校1年生ならば、校内でも現役・浪人別に大学合格者数がわかると思います。自分が受験する年もおそらくこのくらいになるだろうと予測を立てて、受験勉強計画を立てることである。
 
 校外模試の結果も重要であるが、校内実力テストでどのくらいの成績をとっていないと合格できないかがよくわかる。まずは校外の敵よりも校内の敵の打破を考えることだ。


受験にでる英語のことわざ 
 
 英語のことわざはセンター試験、私大入試にちょくちょく出題されますね。センター試験の場合はこの長文の例はどのことわざに当てはまりますかという問題。この種の問題はことわざの意味の理解が必要です。

 私大入試の場合は適当な語を入れる問題が多いですね。上智大学の外国語学部・法学部・総合人間科学部の問題では、お馴染みのことわざが出題されました。英語のことわざは一度目を通していれば、だいたい答えられると思います。よく出る50のことわざを問題にしましたので紹介します。

【1】選択肢の中から適当な語を選びなさい。(解答は一番下にあります。)

(1)Birds of (     ) feather flock together.(上智大学)

 (a)a (b)any (c) some (d) the

(2)Don’t put (    ) till tomorrow what you can do today.

(a) out (b) on (c) down (d) off

(3)It is no use crying over (    ) milk.(中央大学)

(a) spilt (b) spoilt (c) split (d) spread

(4)A (    ) child fears the fire.

(a)burning (b) burnt (c) burst (d) burn

(5)A (    ) man will grasp at a straw.

(a)drowned (b) drowning

【2】
(    )に適当な語を入れなさい。

(1)Where there is a (     ), there is a way.

(2)There is no (     ) for taste.

(3)A friend in (     ) is a friend indeed.

(4) Do in Rome (    ) the Romans do.

(5)The pen is mightier than the (    ).

(6)All work and no play makes Jack a (    ) boy.

(7)Out of (    ), out of mind.

(8)A bird in the (    ) is worth two in the bush.



【3】次のことわざと英文が同じ意味になるように(      )に適当な語を入れなさい。

(1)一日にリンゴ1個で医者いらず。

 An apple a day keeps the doctor (      ).上智大学)

(2)かわいい子には旅をさせろ。

 Spare the rod and (     ) the child.

(3)後悔先に立たず。

 What is done cannot be (       ).

【4】次の英文(a)~(e)のことわざと同じ意味の日本文を(1)~(7)から一つ選び番号で答えなさい。


(a)Too many cooks spoil the broth.

(b)Make hay while the sun shines.

(c)Jack of all trades, master of none.

(d)Call a spade a spade.

(e)Slow and steady wins the race.

(1)急がば、回れ。

(2)職をよく変える人は成功しない。

(3)船頭多くして船、山に登る。

(4)善は急げ。(思い立ったが吉日。)

(5)多芸は無芸。

(6)歯に衣[きぬ]着せぬ。

(7)十人十色。

【5】次の英文(a)~(e)のことわざと同じ意味の日本文を(1)~(7)から選びなさい。
答は1つとは限りません。

(a)Don’t count your chickens before they are hatched.

(b)A rolling stone gathers no moss.

(c)All roads lead to Rome.

(d)It never rains but it pours.

(e)All is not gold that glitters.

(1)人は見かけで判断してはならない。
(2)良いことや悪いことは、まとまってやってくる。
(3)危険を冒さなければ大きな成功は得られない。
(4)職業や住居を変えてばかりいる人は地位も財産もできない。
(5)手段は異なっても目的は同じである。
(6)手に入るかどうかわからないものを当てにして計画を立てるな。
(7)活発な活動をしている人は時代に取り残されることはない。


[解答]
【1】
(1)正解は(a) a このaは(=the same)同じの意味。(訳:同じ羽毛の鳥は群れ集まる。→類は友を呼ぶ。)
(2)正解は(d) off、put off(=postpone)延期する(訳:今日できることを明日まで延ばすな。)(a)put out(=extinguish)(光・火など)を消す。(b)put on(着る、身につける)(c)put down(鎮める、書き留める)what~(関係代名詞節:put offの目的語)
(3)正解は(a) spilt、spill(こぼす)の過去分詞spiltが入ります。It is no use[good] ~ing(~してもむだである。)(訳:覆水盆に返らず)*覆水(こぼれた水の意味)(一度しでかしてしまったことは取り返しがつかない。)
(4)正解は(b)burnt 、[burnt(形)火傷した]が入ります。(訳(1):羹[あつもの]にこりて膾[なます]を吹く。(意味:熱かった羹にこりて膾のような冷たい料理にも吹いてさます。)(訳(2):火傷した子供は火を恐れる。)(意味:前の失敗にこりて必要以上の用心をすることのたとえ。)
(5)正解は(b)drowning(溺れかけているので、~ingを使う。)(訳:溺れる者は、藁をもつかむ)(意味:危急に際しては、頼りにならないものにもすがろうとする。)(b) a drowned man は溺れて死んだ人の意味になる。

【2】
(1)正解はwill(名詞:意志)、(訳:意志あるところに、道あり。別訳:精神一到何事かならざらん。)willとよく似ていて間違いやすいwell(名詞)の意味は井戸である。

(2)正解はaccounting(訳:蓼[たで]喰う虫も好き好き。)(意味:人の好みは説明できない。)(there is no ~ing、~することはできない。=it is impossible to doに書き換えができる。)(account for 理由を説明する。)

(3)正解はneed(名詞:困った事態、窮地)(訳:困った時の友こそ真の友。)indeed(副詞:本当に[名詞を強調している])indeedもよく出題されているので覚えておいてください。

(4)正解はas,(接続詞~するように)(訳:郷に入れば郷に従え。)

(5)正解はsword (名)(剣)ペンは剣よりもつよし。(意味:思想や文学の力は武力よりも大きな力をもつ。)

(6)正解は
dull(形)頭の鈍いよく学び、よく遊べ。

(7)正解はsight 去る者は日々に疎し。(親しかった者も、遠く離れてしまうと、しだいに親しみが薄くなる。)

(8)正解はhand 手の中の1羽は藪の中の2羽に値する。→明日の百より、今日の五十。

【3】

(1)正解はaway

(2)正解はspoil(動詞:だめにする)spare(動詞:[惜しんで]使わない)rod(名詞:むち)
(別訳:むちを惜しむと子供をだめにする。)

(3)正解はundone(undoの過去分詞:元通りにする)(別訳:してしまったことは元に戻せない。)

【4】 [解答]
(a) 3 (b) 4 (c) 5 (d) 6 (e) 1
参考
(a)料理人が多すぎるとスープの味がだめになる。
(b)太陽が照っている間に干し草をつくれ。
(c)多芸の者は、かえって一つの芸に精通しにくく、すぐれた芸をもっていないということ。
(d)思ったとおりをずけずけと言う。
(e)省略

【5】

[解答]
(a) (6) (b) (4), (7)(2つの意味がある)(c) (5) (d) (2) (e) (1)


◆英文解釈・関係代名詞の大学受験レベル 
 

英文解釈教室の「関係代名詞」について、最終回です。


関係代名詞を考えるときに大切なことは、関係代名詞によって導かれる節は、関係代名詞を先行詞で置き換えると、主語・目的語・補語の点で欠けるもののない独立した文になるという規則でしたね。最終回になりましたので、「この規則」も頭に入ってきましたよね。では、特殊な問題で確認してみましょう。


下記の英文で考えてみましょう。


There are plenty of people who we know quite well are innocent of this crime.


*plenty of (多くの) be innocent of (について無罪の)crime(犯罪)


[ヒント]
whoの先行詞は。whoの節はどこまでかが、ポイントになります。


[解説]
quite wellを省くとわかりやすくなります。


There are plenty of people( who we know are innocent of this crime)


know areとつながるはずがない。VとVの間に切れ目があると考えて、that:接続詞
と先行詞plenty of people(they)が省略されたと考える。関係詞節はcrimeまで。
whoは主格を受けるので、knowまでが関係詞節ではない。
つまり
(1)There are plenty of people.
(2)We know quite well that they are innocent of this crime.


この(1)(2)文が関係詞節で結ばれたものですね。
[正解]
「訳:この犯罪とは無関係であることを我々がよく知っている人が多数いる。」
今日の問題は関係代名詞の直後にS+Vが挿入された文です。よく出る問題です。間違った人はもう一度復習してみてください。

◆関係代名詞の省略されているところがわかりますか? 
 
 
引き続いて英文解釈教室の「関係代名詞」について、考えてみましょう。


関係代名詞を考えるときに大切なことは、関係代名詞によって導かれる節は、関係代名詞を先行詞で置き換えると、主語・目的語・補語の点で欠けるもののない独立した文になるという規則でしたね。


下記の英文で考えてみましょう。


A schoolmaster recently said that out of the 250 pupils he taught the ones who watched TV were undoubtedly the most intelligent.


[解説]thatはsaidが前にあり、文が続いているので代名詞ではなく、接続詞と考えて、that以下にS+Vを見つける。thatから最後のintelligentまで見て、Vを考える。taught,watched,wereの3つの中でどれか。わかるところから処理していくとwhoの節は先行詞the onesをwho に代入すれば、TVまでで、文が成り立つ。that以下のSはthe ones, Vはwere, the most intelligentをCとすれば第2文型が成り立ちますね。


次に名詞+(関係詞)+【S+V】は関係代名詞、目的格の省略でしたね。pupilsとheの間に関係詞の省略がされていることがわかれば以下の分析ができます。


A schoolmaster recently said [that out of the 250 pupils【he taught 】/ the ones (who watched TV ) were undoubtedly the most intelligent.]


(訳:ある先生が最近、自分が教えている250人の生徒の中で、テレビを見ている子が、いちばん知恵が進んでいることはたしかだと言った。


関係代名詞の解釈問題は必ずはじめに述べた規則がとても重要になりますので、間違った人はもう一度復習してみてください。

◆関係代名詞の省略されているところがわかりますか? 
 
 
引き続いて英文解釈教室の「関係代名詞」について、考えてみましょう。


関係代名詞を考えるときに大切なことは、関係代名詞によって導かれる節は、関係代名詞を先行詞で置き換えると、主語・目的語・補語の点で欠けるもののない独立した文になるという規則でしたね。


下記の英文で考えてみましょう。


A schoolmaster recently said that out of the 250 pupils he taught the ones who watched TV were undoubtedly the most intelligent.


[解説]thatはsaidが前にあり、文が続いているので代名詞ではなく、接続詞と考えて、that以下にS+Vを見つける。thatから最後のintelligentまで見て、Vを考える。taught,watched,wereの3つの中でどれか。わかるところから処理していくとwhoの節は先行詞the onesをwho に代入すれば、TVまでで、文が成り立つ。that以下のSはthe ones, Vはwere, the most intelligentをCとすれば第2文型が成り立ちますね。


次に名詞+(関係詞)+【S+V】は関係代名詞、目的格の省略でしたね。pupilsとheの間に関係詞の省略がされていることがわかれば以下の分析ができます。


A schoolmaster recently said [that out of the 250 pupils【he taught 】/ the ones (who watched TV ) were undoubtedly the most intelligent.]


(訳:ある先生が最近、自分が教えている250人の生徒の中で、テレビを見ている子が、いちばん知恵が進んでいることはたしかだと言った。


関係代名詞の解釈問題は必ずはじめに述べた規則がとても重要になりますので、間違った人はもう一度復習してみてください。

◆英文解釈・関係代名詞で大切なこととは 
 

英文解釈教室の「関係詞」について、考えてみましょう。


関係代名詞を考えるときに大切なことは、関係代名詞によって導かれる節は、関係代名詞を先行詞で置き換えると、主語・目的語・補語の点で欠けるもののない独立した文になるという規則です。


簡単な文で考えてみると


This is the house in which he lives.


先行詞the houseをwhichに代入すると、関係詞節、In the house he lives.は独立した文になるので、inから関係詞節がはじまっている。whichから関係詞節がはじまったのではないと理解することがポイントです。


では次の文はどうでしょうか。


This is shorthand writing, by means of which we can keep up with the talker.



まず、meansを先行詞と考えてwhichに代入。Of the means we can keep up with the talker.となる。しかしこの文に意味を認めることができない。考えを改めて、shorthand writing を先行詞と考え、代入。By means of shorthand writing we can keep up with the talker.意味の通る文となる。


(訳:これが速記法で、これによって我々は話す人についていけるのです。)


関係詞の解釈問題は必ずはじめに述べた規則がとても重要になりますので、間違った人はもう一度復習してみてください。

◆and ,but ,orを見たら 
 

英文解釈教室の「共通関係」応用編について、考えてみましょう。


復習です。英文解釈力を飛躍的に向上させるには、等位接続詞、and ,but ,orの正しい理解が必要である。これらによって結ばれる語句の関係を「共通関係」と呼ぶ。


まず、and ,but ,orを見たら、次に来る語句、節を見て、前の部分から文法上それと対等なものを見つけ出すことだ。1対1の共通関係は比較的容易だが、修飾語がandの後に入ってくると難しくなってくる。


次の英文andで結びついている語は何でしょうか。


This work became the daily, and with many the only, reading of our people.


(解説)andの後のwith many (people)の同形、前置詞+名詞の形を前に見つける。andの前に同形がないことから考えを改めて、the dairy(the+形容詞+[名詞])の形で、名詞が次に来るだろうと考える。the daily(A) and …the only (B)readingと読めれば、with many (people)はthe only 以下を修飾する。


(訳)この著作は、わが国民が日々読むものとなり、しかも多くの人の場合は唯一の読み物となった。


ご理解いただけたでしょうか。また質問してください。

◆英文解釈力が飛躍的に向上する英単語とは
 
 
英文解釈教室の「共通関係」について、考えてみましょう。


英文解釈力を飛躍的に向上させるには、等位接続詞、and ,but ,orの正しい理解が必要である。これらによって結ばれる語句の関係を「共通関係」と呼ぶ。


まず、and ,but ,orを見たら、次に来る語句、節を見て、前の部分から文法上それと対等なものを見つけ出すことだ。


次の英文andで結びついている語は何でしょうか。


The home , the community ,the standard of living ,the recreations ,
and the environment will depend upon your choice of vocation.



(解説)andの後のthe environmentを見つけて、the recreationsを見つける。andは2つのものを結びつけるときはA and B,3つはA ,B, and C,4つはA ,B ,C ,and  D、5つは、A, B ,C , D ,and Eの形になる。ここでのポイントは結びつけられている品詞は何か、いくつあるか等を考えて読まねばならない。2つだけしかないと見過ごしている人が以外と多い。上記の問題のandは5つを結びつけていますね。文を読むときは、後ろから前へ目を動かすことになります。


上記の英文が大学受験になると以下のように色々な節がついて、複雑になります。


The home you make, the community in which you will live, the standard
of living that you will maintain, the recreations you pursue,
and the environment in which your children will grow up
will largely depend upon your choice of vocation.


(訳)人の作る家庭、その住む地域社会、維持する生活水準、求める娯楽、子供の成長する環境は、大部分がどんな職業を選ぶかで決まってくる。


ご理解いただけたでしょうか。また質問してください。



◆It is(was) ~thatの間に副詞要素が入る場合に疑問を持つ人が多いです 
 
 英文解釈教室(It ~ that ~)の構文について質問がありましたので、考えてみましょう。


It was yesterday that Tom broke the window.


さて、この英文は形式主語、強調構文のどちらですかという問いに、強調構文を正解としました。質問は、yesterdayは名詞で、that以下は完全な文だから、形式主語が正解ではないかという内容です。


強調構文はit is(was) ~thatを消すと倒置の形にはなるが、文は成り立つと教えられますね。確かにyesterdayは名詞もあります。形式主語の場合は、頭でっかちの主語を後置した形ですから、it =that~が成立しないといけませんね。この文では、that以下(S’)がyesterday(C)という形は成立しませんね。


例えば


That he is innocent is certain.  →  It is certain that he is innocent.
(彼が無実だということはたしかである。)


この文は成立していますね。


It is(was) ~thatの間に副詞要素が入る場合に疑問を持つ人が多いですね。
ご理解いただけたでしょうか。また質問してください。

◆It ~ that~構文はこのように整理する 
 
 
英文解釈教室(It~that ~)の構文について考えてみましょう

 
It was yesterday that Tom broke the window.

 
さて、この英文は形式主語、強調構文のどちらですか。

 
強調構文が正解ですね。Tom, the windowもそれぞれIt was~thatの間に入れると、強調構文として成り立ちますね。(訳:トムが窓ガラスを割ったのは昨日だった。)


It was Tom that broke the window yesterday.


It was the window that Tom broke yesterday.


では、It was~thatの間に、下記の品詞が入ると(1)~(4)は強調構文、形式主語どちらになるでしょうか。


(1) It was 名詞 that 完全な文
(2) It was 名詞 that 不完全な文
(3) It was 形容詞 that 完全な文
(4) It was 副詞 that 完全な文になっているが、Itにthat~をいれても副詞では成り立たない。 



(1)、(3)は形式主語、(2)、(4)は強調構文となります。
この基本を完全に理解していれば、It is (was)~thatの文をみれば、どちらかよく理解できるようになります。問題のyesterdayは副詞です。大学受験では、It is(was) とthatの間に修飾語が入ってthatまでが長くなると間違うことが多くなるので要注意です。

◆この英文は高校1年生では間違う人が多いです 
 
英文解釈教室からの問題です。次の英文の和訳を考えてみましょう。

(a)The girl called Betty.

(b)The girl called Betty was walking in the street.


上記の英文から、下記の正誤問題を考えてみましょう。

(a)のその少女はベティである。
(b)のその少女はベティである。

 
高校3年生は大丈夫ですよね。1,2年生だと、ちょっと出来があやしくなりますね。単語はわかる。わかるから何となく、訳ができて間違ってしまうパターンですね。


(a)は第3文型で、「その少女がベティを呼んだ」の意となり、その少女はベティではありませんので×。(b)は第1文型で、「ベティと呼ばれる少女が町を歩いていた」の意で○となりますね。(calledは過去分詞、was walkingが動詞)(a),(b)文はBettyまでは文が同じ、was walkingをみて、streetで文が終わっているのを確認して、calledが過去分詞とわかる。

 
英問英答の問題は、間違いを誘うこの手のひっかけ問題が多いですね。よく理解していきましょう。

◆この英文がきっかけで英語の偏差値が75になった! 
 
 
英文解釈教室からの問題です。次の英文の和訳を考えてみましょう。


 He gave a dog the boy.


「この文、中学生でもできる問題じゃないですか。」


「先生、俺を馬鹿にするにもほどがある。」

 
浪人のA君に春、この英文の質問をしてみました。半年後の秋に彼は偏差値75に達した塾生です。彼はいやいや答えて間違えて、目が点になりました。

 
もう一度、英文を見てください。間違いはないですか。自分の答えに自信が持てますか。半分以上の人が間違います。私も教えていて、なぜだろうといつも思っています。

 
英文の単語は全部知っている。「彼は少年に犬を与えた。」が正解と考えた人はいませんか。間違いですね。「彼は犬に少年を与えた。」が正解になります。

 
英語で大切なことは、日本語と違って単語の位置が問題になりますね。それ以来A君は英文に感心するほど注意深くなりました。プリントが見にくい時、必ず聞きました。コンマですか、ピリオドですかと。この英文がきっかけです。


◆受験で不合格になる最大の理由とは!


 
ちょっと勉強したら、テストで80点取れて、満足している人がいる。こういう人って、天才肌なんだけど、受験には向かない。最後のところで、合格に及ばない。受験で合格するにはどういう勉強法を取ればいいか知らない。
 
 受験で合格できるタイプの人は、テキストを1回やって60%。2回目70%。3回目80%。4回目85%。5回目90%と何度も繰り返し、復習して点数を上げることができる人である。
 
 天才肌の人は、このことがなかなか理解できていない。たとえば、大リーガーのイチローがあれだけ活躍しているのに、試合が終わって、なぜバットの素振りをしているのかわからないのである。
 
 不合格になる受験生は何度も復習することがかったるくなってできていない。ただ、復習が徹底していないために合格できない。才能はあるのに合格できない受験生をみて、残念な気持ちになる。辛抱強くやって確実に復習すれば、合格できるのだ!

◆Skype授業でわかる都市部と地方の受験生の生態とは
 
 
4月になりました。今週から新学期が始まります。受験生は勉強の進捗状況を1周、400mトラックにたとえるとしたら、どこを走っているイメージを持っているでしょうか?

 センター試験まであと9カ月。3コーナーを回って徐々にスピードを上げていこうとするところだと思うのです。

 Skypeで授業をしていますから、全国に塾生がいます。都市部の塾生に比べて、地方の塾生はのんびりしています。部活の大会が7月まであれば、まだまだ受験勉強もままならない状況のようです。

 地元の大学に行くのなら、のんびりしていて何とかなります。志望校が東京、名古屋、大阪、京都、神戸の大学となると考えなければならない。地方のペースでは一歩も二歩も遅れをとっているからです。

 昨年の勉強と違って、ランニングマシーンにたとえるなら、走るピッチをあげて、傾斜角度をつけて、走る時間を長くして、負荷をかけていかなければならないのです。

 塾生には10月末までのあと7ヶ月だと思って計画を立てるように言っています。というのは10月末の模擬テスト結果が11月に返ってきて、12月初旬の三者面談で志望校の決定ということになるからです。

 「能ある鷹は爪を隠す」ということわざがあります。才能や実力のある者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしないたとえですが、早く自分の実力を見せつけないと受験したい大学も受験できません。

 目標として、模試で判定B以上を早めにとって、それを安定させることです。早めに実力を見せつけてください!


◆学歴が良くても将来はない!
 
 今週は教師や人事部で若手の教育に携わっている友人と一杯やった。酔いが回ってきたところで、「大人になって伸びる生徒とは」という話になった。彼らは若者に対して見る目がある。そういった同輩が異口同音だったことに驚いた。
 
 塾に受験のテクニックだけを学びに来たものは、将来伸びが弱いね。与えられるものしか勉強しない姿勢だから、勉強への探究心がない生徒が多いというのである。

 人事部の若手担当は早稲田大のA・O入試で入った学生は仕事ができないし、遅刻が多くて、手に負えないので、本人と何度も面談して辞めてもらったと語った。

 学歴がよいのはいいが、実力がなく、中身がない。大学卒業して就職する会社は我々以上にその点はもうお見通しのようである。老婆心ながら与えられるものしか消化できない者は、自分で求める力をつけない限り将来はない。「メッキはすぐハガレル」ことを教訓としたい。

◆日本の若者を世界に通用する人材にするには 
 
 「日本の若者を世界に通用する人材に」(九州大学大学院教授 久原 正治著 学生社)を読んだ。この本によれば、明治初期の英語教育はそもそも英語を翻訳する日本語が存在しなかったので、法律は英語で、医学はドイツ語で講義されたとある。夏目漱石も森鴎外もこのようにして西洋の文明を直接外国語で学んだのである。
 
 著者の久原教授によれば、日本人は昨今のアジアやアフリカの人と違って、学問は外国語でやるのが当たり前だとは思わなかった。これは日本の学問の発展を考える場合に大変に重要なことのように思える。時間をかけて学問を日本語に翻訳し、より多くの国民が時間も節約できる日本語によって教育を授けることが国の高等教育の方針になったのである。このことが後進国としては大変に教育の進んだ国ができ、先進国へキャッチアップに成功した。
 
 では今後キャッチアップした日本の立場はどうあるべきか。グローバリゼーションが進む中に日本は過去の成功体験から、いまだに西洋の文化を日本語に翻訳して高等教育を進めている数少ない国のひとつである。結果として、日本は、グローバリゼーションの動きに取り残されているので、英語を大学の教育言語として、(1)物の背後にあるものを見抜く抽象化力(2)広い視野で判断するための論理的思考力(3)新しいものへの挑戦力(4)価値観の異なる人を束ねる共同作業力、を持ったグローバルに通用する人材を育てるべきと説いている。

欅坂46と佐藤一斎の共通点とは

 
儒学者の佐藤一斎の「言志四録」を読みました。その中に
「一げて暗夜く。暗夜うるれ。だ一め。」という漢詩があります。

 一斎は「一寸先は闇」だ。この先どうなるかは誰もわからない。でも、暗闇を手探りで歩くような人生はいけない。足元を照らす灯かりを持って、生きていかなくてはならない。その灯とは自分自身であり、「自己の確立」が重要であるというのです。
 
 そのあと、テレビでSongsの欅坂46の歌を聞いていたら、「サイレントマジョリティー」の歌詞が心に沁みとおるように入ってきたのです。

 
『人が溢れた交差点を
どこへ行く?(押し流され)
似たような服を着て
似たような表情で…


群れの中に紛れるように
歩いてる(疑わずに)
誰かと違うことに
何をためらうのだろう


先行く人が振り返り
列を乱すなと
ルールを説くけど
その目は死んでいる


君は君らしく生きて行く自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めから そうあきらめてしまったら
僕らは何のために生まれたのか?
夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
Yesでいいのか?
サイレントマジョリティー』
 


 人生の頼りとすべき自分自身とは、唯一無二の存在になることです。他の誰にもない、自分だけが有する能力・個性を育てる。必ず誰もが持っているものです。何か人より少しでも優れているものを見つけて磨きをかけることが、「自己の確立」につながるのです。

◆現代国語がこんな授業ならまずい! 
 
 
高校の現代国語の授業のことについて塾生と話した。

 現国の先生は授業中にその場で問題を作り、生徒に解かせることなく解説します。このような授業だと生徒は問題も解かずにただ聞くだけで時間の無駄に終わっているのではないでしょうか?

 英語の授業で現国のことを聞くのは、現国ができないと英語の成績も上がらないからです。英語の物語文はまだいいですが、評論文や英語のエッセイなどは差がつきます。意見の要約、自分の主張を述べる演習が必要です。現代国語と英語の成績は正の相関関係になります。

 残念ですが、こんな現国の授業なら、自分で勉強しなければなりません。センター試験や二次試験対策の評論問題集が購入できますので、解説が詳しく載っているテキストを選んで始めてください。成果が出るのは半年後ですので、受験で致命傷にならないように、今から始めることをお勧めします。


来春の合格を目指して!

 
今春、残念な結果になり、再起を期すことになった皆さん、忸怩たる思いがあると思います。まずは不合格になった理由を反省してみましょう。解答も出ているでしょうから、徹底的にやるのがいいでしょう。
 
 浪人生にも2つのタイプがあります。ひとつは昨年は部活などでまったく勉強せずに覚悟の浪人の人。もうひとつは模試でA,B判定をとりながら惜しくも不合格となった人です。
 
 前者の人はこの4月から猛ダッシュで勉強に取りかからないと間に合いません。受験のレベルもわかっていないので1年浪人すればなんとかなると思いがちですが、受験は甘くありません。

 
 後者の人は、不合格を受けいれられない思いが強く、勉強がちょっと手につかないかもしれませんが、自分を騙しながらでも徐々に勉強に取りかかっていきましょう。目標は5月の第1回の模試で第1志望校B判定以上までにもっていくことです。成績上位者がいないわけですから、このくらいの成績が必要になります。
 
 両者に言えることは受験時期の1,2月に成績と気力を最高な状態にもっていくことです。人によって違いますから根を詰めても大丈夫な人もいますが、1週間に1日は遊びを入れて、これを自分へのご褒美としてあとの6日間勉強を充実させた方が精神的にいいと塾生にはアドバイスしています。

今日の最高はあしたの最低 
 
 ユニ・チャーム、高原慶一朗会長の日経新聞「私の履歴書」を読みました。最終回「今日の最高はあしたの最低」は名言だと思いました。

 
 人間とは弱いモノで、日々の仕事に忙殺されると、変わりたくない、やりたくない、責任をとりたくないという易きに流されがちだ。これを根絶するにはこの言葉を毎日のように念じるというのだ。
 
 功成り名遂げた方は、現状に満足していない。自ら変化することによって自分自身が成長し、その結果が成果へと結びつくと考えている。
 
 「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」という名言を思い出した。

◆偉人の英単語の覚え方とは 
 
 偉人はどうやって英単語を覚えていたのか?

 森鴎外は著書「ヰタ・セクスアリス」の中で「人が術語が覚えにくくて困るといふと、僕は可笑しくて溜まらない。何故語原を調べずに器械的に覚えようとするのだと云ひたくなる」とある。英単語は語根に接頭語、接尾語で出来上がっていることに着目して鴎外は単語を増やしていったことがわかる。

 「願わくはわれ太平洋の懸け橋とならん」と名言を残し、国際理解と世界平和のために活躍、旧五千円札の肖像画であった新渡戸稲造は自著の中で昨夜書き留めた英単語を朝食の箸を取る前に覚え、食事を済ませて又覚え、通勤のバス停に並んでいるときに覚えとある。細切れの時間を有効に使って英単語を覚えていったことがわかる。
 
 偉人もいろいろ英単語を覚えるのに苦労、工夫していたんだね。ヒントになったでしょうか?

◆古文は嫌いですか? 
 
 古文の勉強が嫌いな人が多いですね。現在使われていない言語をなぜやるんだという人までいます。やる気がなかなか起きないのは私もわかりますが、やらざるおえませんね。センター試験では国語の1/4、私大では1/3の配点になっていますね。落とすわけにはいきません。必ずやれば安定した得点源になる科目です。

 まず文法は動詞の活用、助動詞の活用・意味・接続を完璧にする。早口言葉の要領で繰り返してやれば2,3日で終わります。「えい、やっー」て感じで一気にやって下さいよ。嫌いな科目は一気にやらないと終わりません。

 単語は学校指定の単語帳があると思いますが、なかなか正統派のもので頭に入ってこない。単語帳でコンセプトがよいと思ったのが、「ゴロで覚える古文単語565」です。Hな語呂合わせがあってちょっと恥ずかしくなりますが、その分忘れにくいようです。

 女子の塾生が学校で使っている単語帳がなかなか覚えられないというのでこの本を紹介しました。塾の男の子に見せてもらって「やっぱり私は恥ずかしくて購入できませんので、学校のもので頑張ってみます」と言っていました。でもなかなか点数が上がらない。とうとう本屋で購入してきました。本屋で購入するときは「ドキドキしました」と言っていました。

 彼女はゴルゴをやり始めたら、どんどん単語が覚えられて忘れないと言っていました。苦手の古文を克服し上智大、青山学院、津田塾大と全部合格しました。

 最近は簡素化したゴロ565全単語イラストも出ています。古文が苦手で困っている人は本屋で各参考書を見比べて自分に合ったものを購入してください。


◆孔子が語る「究極の学び」とは


 慶應丸の内シティキャンパスの人気講義、「論語の一言」を読んだ。孔子が教える「究極の学び」は受験生に成績UPのヒントになる。

 子貢問曰、何如斯可謂之士矣、子曰、
行己有恥、使於四方不辱君命、可謂士矣、(子貢がお尋ねした。『どのような人物であれば、士ということができますか。』。先生がお答えになった。『行動する時に恥の気持ちを持っていて、外国への使節として働いて君主の威厳を辱めることがない、これは士と言えるだろう。』。)

 これは「究極の学び」を簡単に伝えている言葉だそうです。行己有恥の「恥」とは自分の中に「もう一人の自分」が厳しく見ているということ。「おまえ、まだまだだぞ。お前より立派な人はたくさんいるぞ。いい気になるんじゃないぞ。恥ずかしいよ。もっと謙虚になれよ」と孔子が忠告する。そんな状態に身を置くことが「恥を知る」ことだ。

 孔子は自分の行動を常に厳しくチェックする「もう一人の自分」を持って、「自分はまだまだ」と思い続けるのが「究極の学び」だとしている。

 結果を出しても満足してはダメだ。人間の成長はそこで止まってしまうということです。

◆東大教授の「受験に勝つための勉強法」とは!

 立花隆東大教授が本の中で「学生当時、東大の授業を1ヵ月余り受講したが、講義を聞くよりは、その教授の書いた本を読んだ方が私にはよかったので、講義には出ず、本を読むことにした」と述べられていた。

 私も同感である。1か月もすれば講義は三四巡して、内容はほぼ察しがつくようになった。講義の教科書を見ると講義内容と本は同一。講義に出ることなく、本だけ読んで理解に努めた。講義が今日のニュースを切り口に話が発展する講義は面白く、出席した記憶がある。

 立花教授がおっしゃるように「講義で語られる言葉より、本の方が何度も吟味されたエッセンスが込められて、まとまってわかりやすいのである」。わかるところとわからないところを取捨選択できるので能率的に学習できるのだ。

 こういうわけで当塾では「英文解釈教室」を長年使っている。これを読んですんなり理解できる受験生には問題はない。ここで問題なのは、わからないところが出た時の処理である。「ちょっとここがわからないので、基礎から段階的に教えてほしい」などの要望に応えてくれるところがあればいいのだ。当塾は自学をして能率的に学習できることを目指している。

 大学受験に勝つためには、まず1科目に最良の1冊の参考書を徹底的にやることが「合格」に一番近いと考えている。

◆現役で合格するには 
 
 
今週、新学期がはじまります。塾生からクラス分けが決まったと聞きました。今後の受験計画を立ててみようという気になります。

 現役で志望校に合格した塾生は週末の過ごし方が良かった特徴があります。土曜日に通学のところもありますが、金曜日の帰宅後、夜6時から日曜日夜12時までの54時間は学校の勉強から離れて受験勉強に没頭したのです。この時間を有効に使うことが現役合格のポイントになります。

 年間、月間、週間計画を立てる。前半は苦手科目の克服に充てる。暗記科目は追い込みで何とかなります。履修が終わった科目は早めにひと通り終える。過去問対策は遅くとも夏休みには3年分は終える。

 学校の授業は一方向の講義ですから、それほど疲れませんが、ひとりで机について集中して勉強するとなると慣れるまで骨が折れます。

 センター試験まであと41週。金曜日4時間、土、日曜日8時間ずつ勉強するとして合計820時間のまとまった時間が取れるのです。

 週末の朝は普段通りに起きる。家で勉強が出来ないときは図書館、学校で勉強してください。現役で合格する人は週末を最大限活用しています。

ひとりで勉強する人が合格する?

 「結局、ひとりで勉強する人が合格する」鬼頭 政人著(幻冬舎)を読んだ。副題は開成➡東大文Ⅰ➡弁護士が教える超独学術だ。現在、著者はオンラインで資格試験対策を運営している。まさに試験対策のプロ中のプロなのだ。

 「合格する人と合格しない人の違いは勉強法の王道を知っているかどうかだ。

 勉強の本質は自学自習にある。講義形式の授業はムダだ。わからなところだけを教えてくれる方が効率的だ。しかし、自学自習の欠点は継続がなかなかできないことだ。

 勉強で成果を出すにはこの効率性と継続性が必要なので、これを踏まえてサポートしてくれる塾・予備校がいい。

 受験生はあれもこれもいろんなものに手を出しすぎ、最後に消化しきれず、時間切れになって不合格となる。過去問をじっくり分析して出題範囲をみきわめて、テキストを選択して、ひたすら繰り返すことが重要だ。」

センター試験・英語で90%達成できるテキストとは 
 
 
センター試験・英語の全国平均は120点、地元のトップ高の平均140点、特別クラスの平均160点 、全国トップ校の平均180点ぐらいである。

 180点、90%は市販のテキストをこのようにやれば達成できる。センター試験・英語を問題別にまとめてみました。

 第2問A・Cは高校でもらう1000題の文法・語法を徹底的にやる。同じ問題で95%以上できるようになるまで取り組む。
◆推薦テキスト
UPGRADE英文法・語法問題(数研出版)
●頻出 英文法・語法問題1000(桐原書店)
Next Stage 英文法・語法問題(桐原書店)
● 
即戦ゼミ3英語頻出問題総演習(桐原書店)

 第2問Bは文法・語法問題集で解けるようになるが、難関大学志望者には
正誤・整序問題300選(駿台文庫)を薦めます。英作文対策にもなります。

 第3問、第4問、第5問、第6問長文問題は初めにディスコースマーカー英文読解(Z会出版についているディスコースマーカー英文読解別冊を使って論理的文章の展開を学ぶ。速読対策として速読英熟語(Z会出版)を薦めます。このテキストの熟語を覚えたら、CDを使って長文を直読直解できるようにする。文法の巻末解説まで読んで文法の盲点をなくす。構文は難しくないので、難関大学を目指す受験生は下記のテキストに取り組む。
◆推薦テキスト
●イチから鍛える英語長文500(Gakken)

●ビジュアル英文解釈PARTⅠ・Ⅱ(駿台文庫)

●英文解釈教室―改訂版(研究社)

●英文解釈教室ー新装版(研究社)

 第1問の発音・アクセントは文法・語法問題集にCDつきで載っている。本格的にやるなら、英語の発音・アクセント総仕上げ(駿台文庫)を薦めます。

 
センター試験で一番要求されるものは問題を解くスピードである。ひとつの方法は80分の筆記問題を80分で解いてもスピードはなかなかつかないので、60分で解く演習を繰り返すことです。

 毎週実施しているセンター試験・英語対策。3ヶ月で120点から180点とれるようになった塾生がいます。センター試験直前に180点がとれるようになっても本番ではなかなか180点はとれないものです。遅くとも11月ごろにそのレベルに達して、何回か取れるようになる必要があります。余裕で本番に臨むことです。それには早めに自分に合ったテキストを選んで始めることです。
◆推薦テキスト

センター試験 実戦問題(駿台文庫)
●マーク式総合問題集英語(河合塾)

◆インターネットビジネスのSEO対策セミナーに行ってきた! 
 
 IT業界は他の産業に比べて活況を呈しているようにみえる。BBC放送でIT特集があった。その中でビル・ゲイツ氏は「インターネットは15世紀のグーテンベルクの活版印刷の発明に匹敵する」と述べていた。

 
 世界史の授業で、中国の蔡倫が発明した紙がタラス湖畔の戦いで西洋に伝わり、このグーテンベルグの活版印刷発明のおかげで聖書が紙に印刷されるようになって、キリスト教の普及が進んだことを思い出した。
 
 インターネットは一種の産業革命なので、産業構造の変化も大きい。新たな仕事も次々に生み出している。SEO対策は日進月歩で目まぐるしく変わっている。
 
 セミナーでは、最近のSEO対策事情がケースごとに述べられて色々参考になった。


◆英会話の勉強はここでする!
 
 
大学時代からの友人の国際商社マンが先日帰国した。3か月ぶりである。彼は、年間3分の1は外国にいる。今回は上海、バンコク、タヒチ、ソウルとまわってきたそうだ。
 
 彼と私の共通点は、旅行好きということ。それも観光地に出掛けるというよりはその地に溶け込む、つまり生活することに主眼を置いている点である。帰国後、彼と会うのは、毎回ツアーではわからない生の状況を提供してくれるからである。

 今回、英会話を勉強するのに、ためになった情報がある。彼は英語のブラッシュアップをしようと考えた。ベルリッツの語学学校に通うのに、日本ではマンツーマンで1時間8,000円に対して、タイだと2,500円で済むのに目をつけ、タイのバンコクで200時間レッスンに通ったというのである。200時間やるつもりなら、同じレベルの授業が海外旅行込みで格安でできるというのだ。
 
 外国の実情は、ひとつの町にじっくり腰を落ち着けないとわからない。そこで自分の知識を総動員して、物を見て、比較することが必要なことをいつも彼から学んでいる。


◆英語と日本語の決定的な違いとは 
 
 
「英字新聞を読む」英語セミナーに行ってきました。サブタイトルは、「日本人はなぜ英語が苦手なのか」の講演でした。3つのポイントがありました。

 (1)英語には、日本語の約2倍の音素があり、日本語にない音素をリスニングすることが難しい。

 (2)動詞の位置の違い。英語は通常、主語の後に来ますね。日本語は文尾にくる。英語を聞くとき、動詞に反応するように気をつけるとよい。

 (3)文構造の違い。英語は構造依存言語であり、日本語は非依存である。たとえば英語と日本語を構造で比較してみると(a)Tom loves Mary.(トムはメアリーを愛しているよ)(b)Loves Tom Mary(愛しているよ、トムはメアリーを)英語は語順が変わると文が成り立ちません。その点、助詞をとる日本語は語順が変わっても意味が変わらない。

 英語は構造がとても大切な言語だというわけです。構造非依存言語に慣れている私たち日本人は、認識が薄いので流されてしまい、苦手な原因になっているというのです。

 また、日本人には「構造を読む習慣がない」。これが致命的になり、英語が苦手になっている。構造を理解して勉強を進めれば、会話までスムーズに習得できるとの結論でした。


◆彼は大学を諦めなかった 
 
 図書館で卒塾生のA君とばったり逢った。彼は高校3年の1年間と浪人の2年間の計3年間在籍した。現在は立派な社会人で30代だ。2年間の浪人後、私立大学に合格したが、合格した大学に満足いかず、入学手続きを放置していたら、入学金の払い込みが遅れて入学できなかった。しょうがなく公務員専門学校にいくことになった。

 この時、私は大学を諦めて、公務員試験合格に全力を尽くすようにアドバイスしたが、彼は大学を諦めなかった。2年後、広島大学経済学部3年に編入を果たしたのである。私が塾生から学んだ一瞬だった。彼は自分を信じて頑張ったのである。 

 人は生まれながらの能力の差は確かにある。これを克服するのは日々の努力である。努力することができれば、遅くとも必ず目標に達する。あれだけ勉強嫌いだったA君が、社会人になって、学ぶことの習慣を身につけて、日曜日の図書館通いが楽しくなったと語った。これは人生に大きな如意棒を手に入れたのも同然だと思った。

◆河合塾模試・英語で偏差値65以上を取るには

 面談の時に志望校を訊く。旧帝大の国公立大か、MARCH以上の私立大である。

 このレベルの大学は英語の配点が高い。英語は河合塾模試で偏差値65以上は取らなければならない。偏差値65以下は他の科目ができても不合格になっている。

 偏差値65突破対策として、長文問題対策も大切であるが、まずはセンター試験第2問の文法・語法問題対策をやることだ。

 まず、高校でもらう1000題の文法・語法問題に取り組むことだ。1月に入塾した高校2年生は高校3年になると、このNext Stage をもらうことになっていたが、それでは間に合わないと1月から春休みまでに2回は終わる計画を立てた。

 まず、やり方として右半分の解説の理解をすることである。ひと通りやって、理解できないところは必ずForestなどの総合英語で確認する。この理解が重要で完全に理解するまで行うこと。これが不十分だと長文問題の文も理解できない。2回目に左の問題にとりかかる。3回目には間違ったところの見直しを行う。

 地元のトップ高校であれば、高校2年から文法・語法問題対策をはじめている。高校3年の夏休みまでに同じ問題ならば、95%以上できるようにならないと旧帝大国公立大やMARCH以上の私立大の合格はない。

◆日本人として世界に誇れる英語力をつけるにはどうすればいいのか?


 NHKテレビ英会話講座講師マーシャ・クラッカワ―さんの「日本人の英語力」を読んだ。

 『どこの国に行っても通用する、日本人として世界に誇れる英語力をつけるにはどうすればいいのか。

 最近では、日本にいながら映画やケーブルテレビの海外メディア、インターネットなどを通じて英米のリアルな英語に直接アクセスできるようになり、また海外旅行やホームステイ、短期・長期の留学までもが比較的簡単にできるようになってきた。

 そのため、これまでの日本語英語教育で行われてきた、文法重視の「読み・書き」を中心とした学習よりも、英語を「話す・聞く」という学び方を重視している人が増えてきた。

 このためにStreet English(街角英語)やInternetese(ネット英語)の影響が多く見られるが、こういった英語は友人や仲間と語らうにはまったく問題ないが、ビジネスや公のパーティーなどで自分の意見を求められるような立場になったときに使うと、まったく相手にされなくなる。

 英語をうまく話すために必要なことは、きれいな発音や会話表現を上手に使うことよりも、文型がしっかり守られていることの方が、はるかに大切である。

 あらためて、文法の大切さを理解して、「読み・書き」中心にした学習をして、5文型のおさらいをしてほしい。』

◆難関大学受験生に圧倒的な支持を受け続け、累計100万部を突破した受験英語のバイブルとは 

 
このタイトルを見て、すぐこのテキストがわかった受験生は一歩先を行っている。
 
 3月17日発売と聞いて書店に行ったがまだ並べられていなかった。昨日、やっと書店でみた。1977年のハードカバーから挿絵が入ったソフトカバーに変わって、今回が3回目になる。

 パラパラと表紙からめくってみた。本文を全文組み替え、内容的にもその一部を現代的な表記に改めましたとあったが、挿絵がなくなったぐらいで、英文は変わっていない。この受験英語のバイブル、「英文解釈教室」は変えてもらっては困るのである。

 
 巷間のうわさでは、センター試験英語対策ではレベルが高すぎて必要ないと言われている「英文解釈教室」。生葉塾では塾をはじめたころから20年間以上このテキストを使っている。

 このテキストの最大の長所は難関大学入試の英文和訳問題の構文が全部網羅されていることである。数学の赤、青チャートの公式を十分理解すれば難問がとけるように、英語においてもこのテキストを十分に理解すれば解けない問題はない。

 ただ問題は一冊300ページあり、余りにも分厚い参考書なので高校生には手に負えない。そこで塾では英文解釈教室をB5用紙8枚にまとめたテキストがある。日本文を読んでもなかなか理解できない事柄を図解したものである。これをもとにレベルに合わせて簡単な構文、短文、例題と順に解説する。これにより難関大学入試の英文和訳問題・長文問題の速読ができるようになっている。


◆今年の大学受験の総括をします 
 
 
塾生の高校では東大・京大に26人が受験して4名が前期試験に合格した。この結果に先生方は大変失望しているという話を聞いた。期待が大きかった分、落胆も大きかったのだろう。

 
大学受験は後期日程の発表をほぼ終えた。センター試験判定結果がA・B判定の受験生は合格で、D判定以下は不合格と判定通りの結果になった。

 逆転合格を目指すなら、センターと二次試験の比率が1:1ではなかなか難しい。センター試験が失敗したら、二次試験の配点が高いところを受験するのが教訓だ。センター試験が失敗することも考えて対策を練りたい。

 反対にセンター試験で好結果が得られたら、私立大学の一般入試で合格できない大学に出願して、合格できた塾生もいた。3科目試験では合格できない大学も、4科目型入試は合格できる場合もあるのだ。国公立大型の受験生は利点を活かしたい。今年のセンター試験の判定結果を参考にするとよい。

 新高校3年は春休みに勉強合宿をしている高校もあるようだ。センター試験までの10ヶ月は瞬く間に過ぎる。気持ちを引き締めていかないと来春の合格はない!


◆今どきの受験生と親とは   
 
 
アメリカに留学したい。両親を説得したが、女の子が一人で行くなんてとんでもないと止められて、仕方なく新聞配達をして資金を貯めて果敢に実行した子がいました。

 
これは稀なケースとはいえ、昔の受験生に比べて、今どきの受験生は過保護すぎます。何とか親が高校卒業後も面倒見てくれると思っている。高校卒業したら、自分で生きてもらう。浪人したらアルバイトしながらやってもらうように言っていた方がいいのです。

 あるお父さんは、浪人は許さないと言って、高3年の秋ごろ、息子を調理師専門学校に入れると言って、入学金を納入しました。息子は子供のころから、一度決めたら実行する父親の性格を知っています。浪人はできない。受験勉強はこの1年だ。大学落ちたら、家を出るか、調理師専門学校に行くかと思ったそうです。必死に勉強をして第一志望校に合格しました。

 この時期、親は受験生との話し合いが必要だと思うのです。やることがないから大学に行こうという子もいます。本当に大学に行った方がいいのか話し合う場が必要なのです。

 大学に行くことが話し合いで決まったら、親の経験から子へ、こんな学部に行ったらどうか。志望校が地元よりもいい大学だったら東京の大学に行かせてやる。子供は将来こんなことやりたいと思っていると率直にこの春休みに話し合いを持つことがいいと思います。


◆高校3年の模試の偏差値は必ず下がる? 
 
 
「高校3年第1回模試で浪人生は返り討ちにしてくれる」と息巻いていた塾生は高校2年ほどの成績は取れず、反対に返り討ちにあったのです。

 
高校3年の春は一生懸命に頑張ったが、秋ごろにやっと2年の時と同じ偏差値が取れるようになって九州大学医学部に合格できたのです。

 現役生と浪人生の成績は11月下旬ごろに同じになるといわれています。浪人生10万人の壁は厚い。このことを現役生は肝に銘じておかなければなりません。

 高校受験は地方の高校では1倍台です。大学受験は国公立大前期で3倍台です。不合格になる受験生が多いのです。大学受験を高校受験と錯覚してはいけません。先日結果をもらった河合塾のマーク・記述模試の結果は一生懸命に頑張っても、来春の結果C判定以下は不合格になると自覚することです。

 第一志望がC判定以下なら今から相当頑張らなければなりません。受験生は成績は頑張ったら頑張った分だけ成績は伸びると思っていますが、他の受験生も頑張っているのです。相対評価の偏差値にはなかなか反映されません。早めに受験勉強に入ることが一番です。


◆大学受験の勉強開始時期とは

 「4月になれば今の高2生が受験生になるのだが、その時点からセンター試験まではたった9カ月しかない。そこから準備を始めたのでは遅すぎる。1年後、もう少し時間があればと後悔しないためにも、早めに受験勉強を開始していく必要がある」という受験カウンセラーの記事を読んだ。
 
 確かに「大学受験のスタート」は早く切った方が良いが、なかなか高2生から始められるものは少ないのが現状だ。受験生としては最短の時間で最高のパーフォマンスを上げて、第1志望校に合格することを旨とするからだ。
 
 高校受験でなんとかなった生徒にはこの傾向は一層強い。自分は追い込みが効いて、「合格できる」という自信がある。このタイプの生徒にまわりから早く受験勉強を始めなさいと言っても逆効果のような気がする。
 
 私は自分というものを自分がよく分かっているだろうから、生徒には自分で判断するようにいっている。現役でどの大学の合格ならば入学するのか。浪人生になったとき、まわりのプレッシャーに耐えうるのかをよく考えることだ。
 
 忠告としては、気が弱い受験生は早めにスタートを切った方がよい。合格が長引けば長引くほど勉強がしづらくなるからだ。国公立大学医学部などの難関校を志望しているものは高1の今からもうはじめないと間に合わない。

◆なかなか勉強したことが覚えられない。やったことなのに思いだせない。こんな悩みのある受験生なら一読に値する本とは


 「偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法」杉山奈津子 著 (角川SSC新書)である。地方高校の芸術コースに通う著者は勉強法を見直すことで見事、東京大学に合格を果たした。

 受験勉強の成績は「質」×「量」で決まる。効率の良さや適切な勉強法などの「質」を改善することによって成績は上がる。

 受験勉強をはじめる前に勉強法を考えることは大切なことだ。勉強法より問題を一題でも多く解く方がいいと考える受験生も多くいるが、科学的な根拠に基づくこの勉強法には説得力がある。

 Amazonでなか見を検索できます。記憶法、時間管理、睡眠のとり方などは参考になります。勉強は基本的には一人で行う孤独なものです。受験勉強の指針となる本です。

◆受験生に送る春休みの心得

 
 受験生が、朝9時起床では遅すぎる。ぐずぐずして昼から勉強なら、来春の「不合格」は半分決まっている。
 
 国立医学部を目指す塾生がいた。彼は毎朝3時に起床して4時から勉強していた。浪人生で毎日同じスケジュールをこなしていた。
 
 彼に「なぜ、早い時間から勉強しているのか」と訊ねたことがある。起きてから5時間くらいで試験に臨んだら、頭がさえて実力が発揮できたというのである。これは昼夜逆転の生活をして、医学部受験に失敗した経験から生まれた勉強法だったのだ。
 
 「失敗は成功の母」という、ことわざがある。失敗の苦い経験をしてはじめて「自分の甘さ」に気づき、反省をし続け成功するのである。
 
 「失敗=不合格」はこの点において良薬になるが、来春にわかっても時はすでに遅い!


◆慶應義塾大学医学部合格者が語る「合格の秘訣」とは
 
 慶應義塾大学医学部合格が決まって、塾生と久しぶりに話しをした。Skypeで授業していたが、書画カメラで答案を見ていただけなので、顔を合わせるのは久しぶりだった。

 受験中は息抜きの無駄話は一切しなかった。というのは2時間の授業中に得点を最大限に上げるパフォーマンスを求められているので、集中力を欠くことになるからだ。

 今回、塾生の勉強方法をじっくり訊くことができた。

 塾生は学校の授業は集団形式の授業で無駄が多いと言った。わかっていることを授業されると聞く気にはならなかった。このことを担任の先生が理解を示してくれて、授業中は自習が許されたそうだ。

 慶應大学医学部の二次面接。現役女子の塾生はスーツ姿の浪人男子が多くて面食らったそうだ。
女子は150人の中でたったの4人だった。

 現役生にとって医学部受験は浪人生との戦いでもある。中学・高校時代にはやりたいこともいっぱいあった。医学部に行くために好きなクラブ活動も中学1年で辞めたという。受験勉強は時間が限られている。最優先して行うことを選択し、やりたいことも削れるかどうかが合格の秘訣と考えていたのだ。

◆英検2級合格に一番力を入れたこととは

 私は高校1年の冬に、英検2級に合格しました。10月の筆記試験は合格しましたが、二次試験は不合格、再チャレンジで2月の二次試験に合格しました。

 7月の準2級の試験に合格してからすぐに2級の勉強を始めました。毎週の英検対策を引き続き受けましたが、準2級と比べて長文問題の問題数が多くなったため、最初は時間内に読み終わることができず、難易度の大きな差に焦りを感じました。でも、英検対策が終わった後、構文や出やすい接続詞、注意して読むべき箇所などを先生に教えていただいたことにより、だんだんと早く読めるようになりました。週1回、定期的に過去問を解き、わからなかった単語や熟語を辞書で調べ、さらに自分でまとめて復習しました。

 私が一番力を入れたのは、新しく導入されたライティングです。過去問にのっていなかったので、旺文社の予想問題集を用い、自分なりに書いて先生に添削してもらいました。テンプレートや構文、書き換えなどを覚え、あとは難しく考えず、中学生レベルの文法・構文で書くように心がけました。結果、ライティングのスコアが一番よかったです。

 二次試験では、過去問のCDを使って、声に出して練習したり、質問に対する答えを英語で紙に書くという練習もしたりしました。紙に書くことで、正しく答えられているかが自分でもよくわかるので、効果があったと思います。さらに、構文や理由にできそうな単語を覚えて迷わずに口に出せるようにし、ライティングと同様に中学生レベルの文法・構文で答えられるように練習をしました。本番では、笑顔で相槌を打ちハキハキと受け答えしました。無事合格することができ、自信にもつながりました。うれしいです。先生、ご指導ありがとうございました。

◆アリストテレスが残した「受験に勝つヒント」とは
 
 
「『自分の壁』を破るいちばん簡単な方法」を読んだ。 無駄なく、無理なく、最短で自分を変える最上の方法は日常の習慣を少し変えるだけで、成果は何倍にもなり、それを積み重ねることで人生はさらに好転していくとあった。
 
 たとえばニューヨークからロサンゼルスへ向かう飛行機の方角が1度ずれていたら、飛行機はロサンゼルスではなくメキシコへ行くことになる。「たった1度」でも目的地とはかけ離れたほうへ向かってしまう。
 実は人生でもこれと同じことが起こっていると著者のスーザン&ラリー・ターケル氏は説く。
 
 あなたの人生は、たぶん自分で思うほど悪くもなく混乱もしていない。そこでほんの少しだけ習慣を変え、継続していけばとんでもない成果をもたらすというのだ。
 
 アリストテレスもまたこんな助言を残している。「人間は習慣の動物である。優秀さとは、ひとつの行為ではなく習慣のことをいう」
 
 これは勉強にも使える法則だと思う。たとえば苦手な科目の勉強はなかなか進まない。無理なく自然に身につくように考えてみよう。英語のリスニングはなかなか手が回らず後回しになっているのではないか。毎朝10分程度問題を解いて音読を習慣にする妙案が浮かんだ。

◆来春の合否結果はズバリこうなります!
 
 
こんなタイトルを見て、眉唾物だと思っている受験生もいるでしょう。塾生の模試の結果から来春の合否結果はこうなると予想がつくのです。

 高校2年生の方は全統マーク・記述模試の結果をもらったと思います。同学年による最後の模試です。というのは4月以降の模試は約10万人の浪人生が加わるからです。

 塾生の結果を毎年教えてもらって進路指導していますが、この結果がほぼ来春の結果になります。おそらくA、B判定を取っていないと合格できません。E判定ならば、受験校変更で対策を立てる必要があります。

 これは高校3年生になって一生懸命に勉強してもこの結果なのです。第一志望が同学年でC、D判定であれば、今のペースで勉強してもおそらく不合格。相当頑張らないと合格できないと考えてください。浪人生の力は大きいのです。悠長な勉強ではまず合格はないと思って対策を立てることです。


◆インターネットの時代に家庭訪問教師がいいですか?

 受験生の保護者の方から、お問い合わせがあった。

 「Skypeってなんですか?」

 「インターネット回線を利用したテレビ電話です。インターネット環境であれば全国無料で利用できます。Webカメラを購入してもらって、USBでつなぎ、スカイプをインストールすれば、すぐ無料で利用できます」と説明した。

 「そんなわけないだろう」と保護者の方が不審がられたのはSkypeで授業をはじめたころだった。
 
 あれから8年がたった。


 
このインターネットによる家庭教師の授業は家庭訪問の教師と比べて、ご家庭と教師の双方に以下の長所があると思います。

 ①移動時間がかからないので、時間を有効に使える。②交通費がかからないので費用が安くすむ。②送り迎えや自宅に先生が訪問することなどの負担がない。③親の授業参観ができるので安心である。④講師は生徒の真向かいか、横について指導する個別指導塾と比べると、Skypeでは生徒の表情が見えやすく、理解度を判断しやすいので、授業の進度を速くできる。また、生徒から講師への心理的な圧迫感がない。

 高校生は部活動で夜も遅くなりがちで、帰宅は19時、20時になっています。親も男の子であれば、夜遅くても心配しないでしょうが、女の子は心配になります。
 このような観点からのインターネットによる指導を選択されていると推測できるのです。

 各校の募集がはじまっています。授業内容を検討されて、無料講習に参加してみるといいと思います。

◆センター・私大・二次英語対策が一石三鳥でできるテキストとは

 
先生、次はこれでお願いしますといつもテキストを提案してくる塾生がいる。今までで90冊ほどのテキスト(テキスト一覧)を使ったので、レベルと志望校に合わせてアドバイスをするのだが、ご要望とあれば、興味もあるので使うことにしている。

 塾生が勧めたのは「イチから鍛える英語長文500」(Gakken)だった。英語長文を読むのに最適なテキストだ。センター・私大・二次対策が一石三鳥でできて、速読ができる読み下し訳とリスニング対策のCDがついている。

 高校入試ころは週3回通った塾でオリジナルテストを受けた受験生は多い。これは単元ごとに試験に出る問題を何度もやって知らず知らずのうちに対策ができていた。

 大学入試対策ではオリジナルテストはなかなかない。志望校に合わせて自分で傾向を考え、対策を考えていくことになる。志望校に合ったテキスト選択。これが合否に大きくかかわってくる。

 今日紹介したテキストと学校で使っている1000題程度の文法・語法問題集、速読英熟語(Z会出版)を十分にこなせば、まず偏差値60を超えることができる!

◆「不合格」を人生のチャンスに!

 
全国各地の国公立大学で前期日程試験の合格発表がはじまっています。貼り出される合格掲示板の前には受験生と保護者、その周りを報道各社のカメラと新入生勧誘の運動部の胴上げ隊が陣取っています。
 
 掲示板が貼りだされると歓喜と悲嘆、天国と地獄の光景になる。

 大学に落ちて人生終わったと感じている人もいるでしょう。長い人生をみているとそうはならなかったのです。人間は成功よりも失敗から多くのことを学びます。この「不合格」の挫折が人生のチャンスになっている人が多いのです。自分が失敗をしたことによって人の失敗も寛容になる。心の幅が広くなっている人が多いように思えるのです。

 「不合格」で人生を真剣に考えるようになった。人生は適当にやってなんとかなると思っていたが、これではダメだと気づいたという話を塾生から聞きました。いい経験を積んだと思います。

 D、E判定で落ちた。当たり前です。模試もA判定、センター試験もA判定で落ちた受験生もいるのです。甘かった自分を反省して来春の合格に向けて走り出しましょう!


◆英検2級二次試験対策とは 
 
 英検2級の第3回結果が返ってきました。一次試験で+3の成績で二次試験不合格になった塾生がいました。授業で二次合格に向けて対策を考えました。

 
塾生は英検2級二次試験面接完全予想問題(旺文社)で対策を行ったといいます。これは、最低限2,3回はやる必要があります。

 しかし、二次試験の問題は想定外の質問が出るのです。

 塾生に問題の内容を訊きました。

 「電気の無駄遣いをしている家族がいます。あなたは無駄遣いをなくすためにどういいますか?」

 受験者自身の意見を問う質問です。色々考えたが、英語で構文が出てこなかったといいます。回答の途中で時間切れで止められたということです。

 往々にして慣れない英語で答える二次試験はこんなことになってしまいます。

 この対策としてスラスラ英語が出るように基本的な構文は暗記して何度も発音しておく必要があります。想定問答を考えて、自分ならこんなふうに答えると考えてみるのです。すぐに英文が口に出るようにするには練習が必要です。

 次回はこんな対策をとれば、自ずと合格になるでしょう。


◆先生、絶対に医学部に合格したいんです!

 絶対に医学部に合格したいという塾生がいる。医者になるのが一番の目的なので、合格できる大学を探している。
 
 赤本を北海道から九州まで、くまなく医学部の英語の問題を見て、彼に一番適している大学を助言した。医学部の英語問題といってもいろいろある。全然出題形式が違うことににあらためて気がついた。
 
 
今年春に医学部が新設される私立国際医療福祉大の成田キャンパス(千葉県成田市)。首都圏という立地のよさのうえ、6年間の学費が1850万円と私大で一番安く、人気になった。新設は、ほかの大学の志願状況にも影響を与えたようだ。

 同日に試験があった自治医大(栃木県下野市)は、志願者数が前年の2292人から2071人に減った。試験日が重なったことも一因だ。

 医学部受験の動向をみるうえで、試験日の重なりは欠かせない。

 帝京大は試験日を昨年より約1週間早め、3日連続で1次試験を実施。課題作文など2次選考も設けた。帝京大はまだ志願者数を公表していないが、試験日が重なった東京女子医大は223人、昭和大は262人、獨協医大は145人減っている。

 国公立大ではセンター試験・国語で思ったように点をとれず、国語の配点ウェートが低い大学に出願した受験生も多い。前年の志願者が多かった大学を敬遠して、少なかった大学に出願する、隔年現象もみられた。

 医師になるための資質は筆記試験だけでは測れない。論理的思考力、判断力、表現力など、多様な観点から評価するため、最近は面接が重視されている。
 
 医者になれるなら、全国どこでも行く気があれば、過去入試問題を全部検討してみて、数校に絞って対策をたててみるのがよい。

センター試験・英語 (筆記)で9割とった受験生とは

 
今年のセンター試験・英語(筆記)で9割以上とった受験生は異口同音で言います。
 
 「試験は60分で終わって、残りの時間で見直しをやった」
 
 60分で終わる実力がないと9割は取れないのです。


 今週の土曜日からセンター英語 (筆記)対策をはじめます。スカイプのグループ通話で全国一斉に塾生が80分の過去問を制限時間60分で解くのです。

 センター試験模試、1番から順番通りに解くと6番の問題の途中で時間切れになり、最後まで解答できない受験生が出ます。平均点120点前後の受験生は、問題を最後まで解くことができず、当てずっぽうにマークしています。

 まずは2番の文法・語法問題対策として、問題集1冊(UPGRADE 英文法語法問題(数研出版)、英語頻出問題総演習(桐原書店)、Next Stage (桐原書店))を徹底的に取り組んで1問15秒で解けるようにしてください。トップ高校では毎週これらテキストの小テストが行われていると聞きます。同じ問題で95%はできるようになる必要があります。

 センター対策をはじめた当時、制限時間をせめて70分にしてくれませんかと塾生から言われたことがありました。模擬試験よりも悪い点数になって、自信を失ってしまうからというものでしたが、効果が出ないという理由で60分で続けました。この塾生のセンター試験結果は190点(筆記)。満面の笑みを浮かべて、この指導を受けてよかったと言ったのです。

 また、この対策をはじめて3か月で94点から186点取れるようになった塾生がいます。最初はつらかったと思いますが、「継続は力なり」で毎週やることによって短時間で問題に反応できるようになったのです。

 今年の塾生平均は英語(筆記)173点、(リスニング)41点でした。

◆国公立大前期試験の不合格から後期日程試験まで 
 
 
国公立大前期試験日程の発表が始まっています。A・B判定を取っていても不合格。なかなか厳しい結果になっています。

 不合格だったら、悲しみに暮れている暇はないのです。気持ちを切り替えて後期日程試験勉強に打ち込むことです。終わりよければ、すべてよしとなるのですから。

 まだ、発表前で合格は大丈夫だろうと思っている受験生も国公立大志望ならあと5日は不合格のことを考えて、準備をしておきましょう。

 卒業式も終わり、まわりの友達は大学が決まってお祭りムードの中、勉強するのは辛いですが、この5日は受験で最大の踏ん張りどころです。集中していきましょう!


◆大学合格したらTOEIC,トイック、toeic


 
タイトルをみて、「何?」と変に思った方もいるだろう。こんなタイトルにしたのは、3月になってそこかしこからTOEICの話を聞かなかった日がなかったからである。

 現在高校生の親世代であれば、TOEICといえば、就職してから海外支店・部門を目指す者の試験であり、大学時代にTOEICの勉強を経験した方はあまりいない。しかし現在は大学入学時の英語クラス分けに採用され、大学院入試では700点取得が受験の最低条件の試験になっている。

 TOEICを5回受験して515~570点となかなか点数が上がらないので、入塾した大学生がいる。1年目の3回は結果は680点・640点と665点と伸び悩みであったが、昨年は770点をとった。今週の日曜日の試験は830点はとりたいので頑張りますとメールが来た。

◆成績が学年で1番が陥るワナとは 
 
 
推薦入試があるので塾生に評定値のことを訊いてみる。A段階の4.3以上が多く。4.6の者も数名いる。そうすると成績は学年1番の者もいるのだ。

 学年で1番だと先生や周りの友達からはちやほやされて羨望の的になっている。

 しかし、ここに陥るワナがある。学校内で成績がいいとそれで満足してしまう。受験生のものさしである模試を受けていないと自分の全国成績順位がつかめていないのである。

 「井の中の蛙」にならぬように模試を受けて、成績を客観的に見ることが大切なのだ。受験では「慢心」は敵になる。

◆受験で合格する強運の法則とは

 能力開発の仕事に30年以上携わり、ビジネスや受験などであらゆる分野でツキと運に恵まれた多くの人を輩出してきた西田文郎氏の「強運の法則」を読んだ。

 この本で重要な点は成功するほんの数%の人間と、それ以外の大半の人間の違いとは、意識上ではコントロールできない無意識領域の脳が、物事に肯定的か否定的かによるということであった。

 たとえば、成功する人間の脳は、脳内に肯定的思考のネットワークが張り巡らされているため、目標達成のイメージを送り込むと、条件反射で「できる、うまくいく」の思考をするのに対して、否定的なネットワークになっていると、どんなにプラスのイメージを送り込んでもうまくいかず、「むり、できるわけがない」と脳が判断して、能力が発揮されないこととなるということなのだ。ゆえに成功できるかどうかは、「脳の条件づけ」いかんといえると述べている。

 長年の受験指導経験から、合点のいくところが多々あった。受験生でいえば、「徹底したプラス思考」の持ち主でないと「合格」はない。この本のトレーニング法に従えば、「マイナスの言葉を使わない」ことだ。ご関心を持たれた方は一読することをお勧めしたい。

◆千葉大合格発表の前に
 
 一ヶ月連絡を入れず申し訳ありませんでした。何度も連絡をしようと思ったのですがうまく言葉が見つからずひと月がたってしまいました。試験は自分の持てる力は出しきれました。でも、足りませんでした。

 千葉大医学部を受験した塾生からメールをもらってSkypeで話した。2日目個別面談の模様は1対1で3人の面接官と面接を行った。それが終わって4分の1の受験生が再面接に臨んだ。再受験生は高校卒業からの経緯をこと細かく聞かれたと言う。

 最後の面接官から他に合格できる大学もあるのに頑張ってねと声を掛けられたそうだ。この言葉を聞いてセンター試験の結果も見ながら、この言葉が出たのか。不合格だと思ったという。

 自分の勉強がまだ足りていないことがわかったから、前期日程試験は受験してよかった。医学部に行く気持ちが変わらないので、母親から勧められたアルバイトをやりながら、もう1年やる事に決心がついたと言った。

◆来春の合格に向けてアドバイス!

 今春、残念な結果になり、再起を期すことになった皆さん、忸怩たる思いがあると思います。まずは不合格になった理由を反省してみましょう。解答も出ているでしょうから、徹底的にやるのがいいでしょう。
 
 浪人生にも2つのタイプがあります。ひとつは昨年は部活などでまったく勉強せずに覚悟の浪人の人。もうひとつは模試でA,B判定をとりながら惜しくも不合格となった人です。
 
 前者の人はこの春から猛ダッシュで勉強に取りかからないと間に合いません。受験のレベルもわかっていないので1年浪人すればなんとかなると思いがちですが、受験は甘くありません。

 後者の人は、不合格を受けいれられない思いが強く、勉強がちょっと手につかないかもしれませんが、自分を騙しながらでも徐々に勉強に取りかかっていきましょう。目標は5月の第1回の模試で第1志望校B判定以上までにもっていくことです。成績上位者がいないわけですから、このくらいの成績が必要になります。
 
 両者に言えることは受験時期の1,2月に成績と気力を最高な状態にもっていくことです。人によって違いますから根を詰めても大丈夫な人もいますが、1週間に1日は遊びを入れて、これを自分へのご褒美としてあとの6日間勉強を充実させた方が精神的にいいと塾生にはアドバイスしています。

◆受験生に送る必勝法とは!

 3月がはじまった。受験生にメッセージを送りたい。今年もあっという間に2ヶ月が経過した。これからセンター試験までの10ヶ月あまりも、また瞬く間に終わることになる。

 現役の受験生の考えていることはだいたい皆同じだ。夏まで部活をやって、それから本格的に頑張れば、高校受験と同じようになんとかなるだろうと思っている。だが、来春の大学受験は高校受験と異なるのだ。現役生とは別に浪人生がいるので、なかなか厳しくなるのである。

 残念ながら浪人生になった人なら、自覚していると思うが、試験日があと1ヵ月先だったら浪人せずに済んだだろうと考えている人もいるはずだ。受験は先手必勝である。この春からの猛ダッシュが勝負を決めるのである!

◆不合格の翌日から勉強を開始するように指導してきた

 以前は来年の受験が決まったら、不合格の翌日から勉強を開始するように指導してきた。これは精神的にも負担が重いと考え、最近は「1週間は遊んでから」と言っている。しかし、3月に入って卒業式も終わった。受験勉強をはじめないと時間がなくなる。

 勉強をはじめるのはいいが、机につくといらいらして手につかなくなる人がいる。まずこの対策から今日は話したい。机につく習慣がない人は自宅で勉強をやりはじめると、いらいらしてなかなか進まない。勉強をせねば合格はないという思いはあっても、体がついていかないのだ。こういう人は体を慣らすところからはじめることだ。

 まず勉強せずとも時間を決めて机につく。いらいら虫が起きたら原因を考える。

【例】

・問題がわからなくて、手に負えなくなってやる気をなくした。
 ⇒わからないところは後に回してできるところからやる。

・勉強をする気がしない。
 ⇒この時間はがんばって勉強して早目にやって遊ぶ。

 などの策を考えていらいら虫を抑える。

 
 誰でも土・日曜日の1日、すんなり8時間勉強できるようになったわけでなく、3,4時間だったのが、5,6時間となり、いつの間にか平気で8時間できるようになったのだ。勉強を習慣づけていったお陰なのだ。

 まずは早寝、早起きで午前中の3,4時間できるかがポイントになる。自宅で勉強部屋があるのにできないなら、図書館に行くこともできるが、まずは自宅で勉強できるようになった方が効率が良い。


高校入学前ですが、名古屋大学工学部を目指します! 
 
 
1月に入塾した中学3年生がいる。県立のトップ高校は評定値が合格点に達せず受験できなかった。2月私立高の特待生試験に合格。名古屋大学工学部を目指すというのだ。

 話を聞いてみると、中学は大学の附属中学であるが、校内の成績はあまり良くなかった。それでもトップ高校には合格できると思っていたが、願書で蹴られて挫折した。それなら、大学はずっと行きたかった名古屋大合格を目標に高校1年から勉強を始めるというのだ。

 高校受験に失敗して、大学受験に成功するケースはよくある。高校受験に失敗したから大学で志望校に合格できるのだ。

 これには条件がある。失敗した悔しさを3年間忘れないことだ。「
喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざにあるように半年、1年もたてば、不合格の気持ちも薄れてくるものだ。

 昨日の授業ではこのことについて本人と話した。まずは、勉強に対する姿勢だ。真剣に取り組むためにスマートフォンでゲームやSNSはもう始めているようだが、勉強時間中はやめる。この弊害は受験ではものすごく大きい。落ち着いて勉強などできていない。成績が上がらない原因になっている。

 また、読書習慣をつける。読書は全然やっていないようだが、本を全く読んでない受験生の国語、英語、小論文は手の施しようがない。

 高校入学前から大学受験勉強だから、燃え尽き症候群にならないようにすることにも気をつけるように言った。今から大学受験まで3年間、二人三脚がはじまるのだ。

◆東大教授が教える独学勉強法とは


 東大教授が問う。もし、みなさんの中で受験がうまくいかなかったというだけで自分に能力自体がないと思い込んでいる人がいたなら、それは非常にもったいないことだと。受験勉強のような勉強が不得手でも、論文を書いたり経済学を理解する能力は抜群にある人はとても多いのだからと。

 著者の柳川範之東大経済学部教授は大検を受け、慶応大学の通信教育課程に入学。大学入試をまったく受けずに東大の教授になったという経歴の持ち主だ。独学でやったというから、何か特別な方法があったのか。また、独学勉強法の有効性と意義とは何か。

 著者は長年、大学の研究者を見てきた。いろいろなタイプの人がいるので、自分のタイプに合った勉強の仕方や知識の深め方があると説く。

 勉強の仕方はけっしてすぐに身につかなくても、あせる必要はない。ゆっくり自分に合うものを探して、身につけていけばいいのだと。


◆大学受験・英語勉強法とは

 大学受験・英語の勉強を本格的に始めなければならないが、何をやったらよいのかわからない。そんな受験生に手を差し伸べてくれるのがこの本だ。

 「一生モノの英語勉強法」(祥伝社新書)は京都大学教授と受験講師二人のノウハウを結集させた本である。受験生のレベルに合わせて、今から取り組む英語勉強法を提示してくれる。

 読み始めた受験生は成績が上がらない理由に合点して、弱点補強をどう解決すればいいかわかるであろう。各参考書や問題集の使い方が詳細に載っているので、独学する受験生には重宝する。

 定期考査が終わって春休みに本の指示通りにやっていけば、効果が上がる。新学年に向けてスタートダッシュをかけていきたい。

◆神戸大学医学部合格体験記
 
 昨年、受験生の父親が医者の方から何度もメールをいただきました。医者になってほしい息子への思いが伝わらないことや、高校3年まで野球を続けさせたことが切々とつづられていました。

 ここからはメールの抜粋です。私自身はやめとけと言われても医学部に行きたかったのですが、そんな情熱が息子には無いようです。医学部は最初から本意ではなかったとの本人の弁ですが、現時点で遠く及ばない為の言い訳のようです。

 現実だけを見てそのような弱気の気持ちしか持てない息子に何でおまえ野球やってきやんやと言いたい気持ちです。以前からの浪人したくないと言う気持ちからか、今の現実だけを見て落としていく。勉強も強気で行く気力を野球が作ってくれると思っていましたが、そうではなかったようです。

 センター試験は部活後になんとか伸びてセンター試験780点まで取れたようでした。神戸大理学部はA判定でした。油断かなにかの失敗か。守りにはいったせいでしょう。受験は攻めがないとダメですよね。神戸大理学部に案の定落ちてしまいました。でも私は最初かわいそうかなと思いながら、これで良かったと思っています。

 今まで反抗期というのが殆ど無かった息子ですが、高校3年の時は受験のことでは私の言うことに聞く耳を持ちませんでしたが、何とか1年浪人して、神戸大学医学部に合格いたしましたと喜びのご報告をいただいたのです。

◆受験で失敗しないために


 受験に失敗してボロボロになる人がいる。本人はやる気をなくし、周りの人の手助けもできないほどの状態になる。こうなる人には特徴がある。

 性格は真面目、勉強も良くやっている。一つの大きな欠点は融通が利かないことだ。第一志望校に不合格になった時のことを考えて、第二・第三志望校まで戦略を練っていればいいのに、落ちた時のことを考えていないので、二進も三進もいかない。

 受験生は誰でも第一志望以外に合格しても本心では行きたくないと思っている。でも不合格になったら、次の手を考えていないと自滅になる。これがどれだけ多いことか!

 大学で失敗したら、大学院や就職でまた機会がある。4年間、第一志望に合格して不勉強なのと、第二志望に甘んじて切磋琢磨するのは雲泥の差になる。

 東大に合格して就職も楽勝だと暢気に構えて第一志望の朝日新聞に落ちた友人もいれば、渋々、明治に行って臥薪嘗胆して、朝日新聞に入社した友人もいるのだ。

 浪人したら、賢明な受験生なら志望校を一ランク下げて確実な合格を目指す。高校時代目一杯頑張ったので自分の限界を知っている。

 来春はこういう点を考えていくと志望校も自ずと見えてくる !

◆九州大学経済学部D判定で合格!


 前期試験が終わった翌日から、後期へ向けて授業をはじめるのが、当塾の習わしである。行く大学も決まっていないのに講義をやめるわけにはいかないとの理由である。九州大学経済学部一本志望のA君と毎日、後期の経済学部の問題を解いた。

 前期と比べて、格段と難しく、A君は手を焼いている感じだった。センター試験D判定で模擬試験よりも悪い結果が出て、前期の試験も出来たかどうか実感がつかめず、塾生がどんどん合格を決めていく中で、九州大一本の彼は焦りを感じていた。

 前期の合格発表日。発表を見て、午後3時から講義をはじめると前日約束していた。3時ちょっとすぎに彼が塾に来た。無言…… 駄目だったかと私は思った。

 元気づけるつもりで「さあやろう!」と声掛けた瞬間、A君が持っていた九州大学のB5版のタウンページほどの厚さのある赤本が机の上に叩きつけられた。周りに響くバーンという音。私は呆気にとられて、彼の顔を見ないで、大人しい彼に随分根を詰めさせてしまった。頭がおかしくなったに違いないと思った。

 しばらく間があった。私は投げられた赤本を見ていた。やっと顔を上げて彼を見た。「やりました」と彼は言った。「何を」と聞いた。「合格しました」「えっ」と聞き返した。

 彼は経済学部に合格した。センター試験、学年順位250番、200番台での合格者は彼ひとりだった。センター試験の失敗のあと、集中して勉強したのが功を奏したようだ。

 A君が帰った後、A君の兄から私に電話があった。弟に直接訊けずに、こちらに合否伺いの電話だった。「弟は合格しましたか?」「逆転合格だ!」兄貴も元塾生佐賀大生だ。「そうですか、弟が九大ですか。家で肩身が狭くなります」。私は合格を素直に喜べない兄に兄弟関係は複雑なもんだと思った記憶がある。

◆来春合格するために今やるべきこと

 4月になると文系・理系や国立・私立のクラス分けがある。まずその枠内で自分の志望校を決めることになる。一番困るのが行きたい大学が下宿を考えなければならない時だ。経済問題が発生するので親とよく話し合わなければならない。奨学金制度もあるのでよく調べて検討した方がよい。地方の国公立大学には低料金で賄いつきの学寮があるので、費用は地元の私立大学に通うよりトータルでは安くなるかもしれない。

 そこで大体志望校がしぼられる。まず過去問を見てみる。同じ大学でも学部・学科で試験問題が違うことに気づく。英語では全問マークセンスでスピード重視のどんどん解いていかなければいけない問題と、記述式、要約問題が多くじっくり考えていかなければいけない問題では勉強の仕方も違ってくる。

 理想は自分の得意な形式で傾向のそろった大学を選択してはどうだろうか。一つの提案である。志望校が苦手な形式ならば、対策を練っていくことになる。偏差値は一定のバロメーターにはなるが、絶対ではない。今までに過去問攻略をして早稲田大学だけ合格した者もいる。まずはみんなが受験するセンター試験の問題を早めに取り組んで一次の合格点を目指す。科目の配点も異なるので考慮する。
 
 最後に過去問は受験2,3ヶ月前に解くものではないということを肝に銘じてほしい。受験生が実力判定で合格点に達しているかどうかを自分で判断したいと2,3ヶ月前に解く気持はよくわかるが、過去問はなるべく早く入手して出題傾向をみるものだ。

 ドリームインキュベータ代表取締役会長の堀紘一著「年収が2倍にも3倍にもなる勉強法」の中で、受験1年前の高校2年の春休みに東大入試の過去問10年分を古本屋100軒回ってかき集め、出題傾向を研究して8,9割は取れないが合格点の7割を下らない勉強をしたと述べていた。志望校に合格するコツは早めに志望校の過去問に目を通してみることにつきる。

◆国公立大学第一志望の皆さんへ、前期日程試験が終わって一息ついたと思います


 
過去にセンター試験の比重が高い熊本大学工学部にA判定が出て、合格に自信をもった塾生がいました。データリサーチの結果を見せられました。学科順位3番。前期は得意の数学・理科だから、楽勝、落ちっこない。AはAでもSAと言っていました。SAって何と訊くとSAとはSpecial Aと本人はご満悦でした。あと1ヵ月だから頑張るように指導しましたが、聞く耳を持たなかった。

 センター後は勉強に身が入らなくなり、前期試験に不合格。不合格後すぐに報告をもらいました。早速、後期はどんな問題が出そうですかなど尋ねられました。終始、洒落にならないとぶつぶつ言っていましたが、こうなってしまっては遅いのです。

 合格の自信があっても、前期日程の合否を自分で判断するのはセンター試験の自己採点と違って記述式だから難しい。合否がわからぬまま、気持ちが落ち着かぬまま、宙ぶらりんな気持ちで勉強するのはつらいがここが我慢のしどころです。

 後期日程は倍率も上がり試験内容が前期と違うので、十分に過去問を見ておく必要があります。不合格となれば、また1年間受験勉強となることを考えれば、真剣にならざるをえません。受験は「合格 おめでとうございます」の通知がきてやっと終わることを肝に銘じておきましょう!
A判定で気を抜かず、D判定でも諦めないで、最終合格を目指す心構えで、これから3月11日まで勉強に取り組んでください!

◆来春の合格を目指して!

 浪人生として再出発することになったN君。友人に誘われてポケットティシュ配りのアルバイトを駅前でやったそうだ。配るだけの仕事だから、彼は簡単なものだと思っていた。はじめは通行人に声が出ず、ただ手渡そうとしても誰も受け取ってくれず途方に暮れた。脇で一緒にやっている人の見よう見まねで声をかけ、手の出し方やタイミングを考えてやったら、受け取る人も増えてきた。
 
 今までアルバイトをしたこともなく、たった2日やったポケットティッシュ配りのバイト。受け取る側から配る側に立場を変えると今まで見えないものが見えてきたそうだ。仕事の大変さやお金の大切さなどである。
 
 浪人生をもった親御さんであれば、この3月予備校にかかる費用のことを考える。勉強しているご子息、ご息女であれば、文句も出ないが、勉強せずノホホンとしているのを見ると腹が立つ。受験勉強も一日フリーの生活となれば、自分で律しなければ、規則正しい生活は送れない。私は浪人の塾生には朝刊の新聞配達は運動にもなって良いとすすめている。一年間続けて、見事志望校に合格している。ご子息にもリスクを背負ってもらって、時間、お金、仕事の大切さを勉強してもらうのもいいと思っている。

◆受験の失敗を糧とする!

 浪人の決まった塾生のところへ面談に行った時の話である。お父さんから息子が家を出て自活し、受験勉強するというお話を伺っていた。誰だって不合格になれば、悔しさと悲しさで現実を受けいれられず、期待されていた裏返しで、いたたまれない気持ちになって逃げ出したくなる。

 ここで踏みとどまって考えなければならないことは、「来春、勝算あるか」ということだ。自活しながら勉強するとなれば、知力に加えて体力、気力が必要になる。達成できれば、人生の修業としては素晴らしい経験を積むことになるが、働きながら勉強となれば、容易なことではない。

 面談に向かう途中、あれやこれやと善後策を考え巡らせていた。お母さんと本人から最初に出た言葉は、図らずも家にとどまって勉強しますだった。本人は家族会議のあと、気持ちを押さえて考え改めていた。

 時の経つのは早い。センター試験までもう10ヶ月あまりとなった。5月の模擬試験で第1志望B判定が出なければ、厳しい結果になる。


◆まず英語の偏差値65をとるには!
 
 
長年教師をしていると生徒から勉強法を学ぶこともある。全国的に高校生が使っている英語の文法・語法問題集、「即戦ゼミ3 大学入試英語頻出問題総演習」に関することである。
 
 塾でこのテキストを夏休みに毎週100題出題(そのままの問題80題、応用20題)の20分テストを実施した。1問にかける時間は12秒。早く解ける者でも19分は切れなかった。この成績上位者、平均95点以上の10名に何回やったかを訊いた。4、5回だろうと思っていたら平均10回やっていた。またこのテスト結果には模擬試験の結果と正の相関関係があって、95点以上の者は偏差値65以上は取っていた。
 
 「即戦ゼミ3 大学入試英語頻出問題総演習」(桐原書店)は300ページのテキストである。これで偏差値65を取るには、どのくらいやればいいか目標ができたと思う。まだ3回しか終わっていなかったら、偏差値が60に届かないのは当然の結果である。1回目の勉強量は2回目は半分になるし、3回目は1/3で済む。やればやるほど、短時間で効果が上がる。成績が伸び悩んでいたら、参考にして取り組んでみてほしい。

◆GMARCH,、関関同立B判定でなぜ不合格になったのか !

 GMARCH,、関関同立受験生で模試の判定はB判定をとっていたのに落ちる人が多い。模試は受験科目の配点も組して判定を出しているはずだが、最後の結果は厳しい結果になっている。

 不合格になった人の共通項は、配点の高い英語が偏差値60前後だったことだ。追い込みで地理歴史・公民・数学の点数が上がって、「英語で負けた」結果になっているようだ。

 「B判定」で5,6校受験すれば、どこか1校は合格するが、心もとないので、塾ではGMARCH,、関関同立に合格するには、英語偏差値が最低65以上いくように指導している。

 では、英語の成績を上げるために「頻出英文法・語法問題1000」(桐原書店)を使った英文法・語法問題の勉強法を紹介します。

 まず机にタイマーを用意し、20分で100問を解きます。時間は厳守してください。解答は正解して、今後も間違えない自信がある問題は無印。間違った問題は赤のラインマーカー。自信がないが正解は黄マーカー。フリクション・ラインマーカーを使うと消せるので便利です。

 2回目以降は赤、黄マーカー問題を解いて、できた問題はマーカーを消していく。このテキストは1000題ちょっとあります。解くのに20分、答え合わせ1時間40分使って、2時間。だいたい合計20時間で1回が終わります。

 テキストの問題を解いてみて50%の正解が得られない人は初めに解答を見て理解して、1回まわして、またはじめから解く。文法・語法テキスト1冊を4,5回まわして90%の正解を得られる人は2冊目(別の問題集)に取りかかる。このクラスの人でも新しい問題を解くと70%ぐらいしか得点できないと当塾の結果で出ています。

 私立大学受験の人は取り組む価値があります。英文法・語法問題1冊を解いただけではGMARCH、関関同立クラス以上では実力不足の結果になっています。国立志望で時間のない人は500題(偶数、奇数番号のどちらかの問題)を前から解いていくのもいいでしょう。ない時間は工夫して取り組みましょう。

◆大学受験・英語の英検レベルとは
 
 
新高校3年生の皆さんなら、来年に向けて、今年のセンター試験問題を解いた人もいますね。これから目指す志望校対策を考える時期になりました。自分の志望校はセンター試験、二次試験のどちらを重視しているのか。配点はどちらが高く、どの科目に力を入れればいいのか。検討してみましょう。明確な目標がなく、適当にやっていたのでは「合格」はできません。

 英検2級に合格したら、センター筆記で140点ぐらい、準1級に合格したら、180点ぐらいの点は取れます。

 英語に関しては旧帝大の国公立大と早慶上智大は準1級、センター試験180点レベル以上、MARCHや関関同立の私大もセンター試験160点台の合格は難しく、170点以上は必要です。地方の国公立大は2級合格レベル以上の実力が必要です。

 MARCHや関関同立と地方の国立大の英語の難易度には大きな開きがあるので、私大併願を考えている受験生は対策を考える必要があります。

 国公立大二次試験は記述式で大学によっても傾向が違います。過去問を見て、研究してみましょう。国公立大か私立大のどちらの合格に重点を置くのか。合格レベルに達するには参考書・テキストを何月までに何回やらなければならないか。人任せではなく、自分で計画するのがいいと思います。

◆地元のトップ高校にはこんな生徒が多くいる

 
中学校時代はクラスで成績は1,2番。誰からも一目置かれる存在。先生からは第一志望校に太鼓判をおされて高校に入学。意気揚々と高校にはいったが、今は惨憺たる成績。後ろから数えた方が早い。ここで踏ん張って成績を上げるのか、そのまま低空飛行を続けるのか、分かれ目の時期だ。こんな生徒が地元のトップ高校に多くいる。

 こんな生徒に聞いてみる。

「今より中学校時代の方が勉強していただろう」。

「はい、今は2時間、中学時代は塾に行っていたので4時間は最低やっていました」。 
 生徒は、現状に勿論満足していない。現状打破したいが、テスト結果をもらう度に友達に負けてやる気が失せているだけだ。

 このままで終わるなら、努力のかけらもないただの人だ。誰でも毎回負ければ、やる気をなくす。まずはできる科目から取り掛かり、「試験の勝ち癖」をつけていかねばならない!

◆英文の速読力をつける勉強法とは

 英語長文の速読力をつけるにはどうすればいいのでしょうか。よく受ける質問です。

 英文を速読する方法として / , //を使って前から訳する方法がありますね。当塾でも20年前、採用して取り組みました。問題集全部をこの方式で前から訳を下していったのです。

That Beethoven,/who was so passionately fond of music, /should cease to hear, /seemed too cruel to be true.//
(ベートーベン、/ あれほど情熱的に音楽を愛した  / 耳が聞こえなくなる /残酷すぎて本当とは思えなかった//)

 この状態を続けて訳していきます。文構造をわかって続けられれば構いませんが、どうでしょうか。結構大変な作業になったのです。

<生葉塾式>
That Beethoven, L who was so passionately fond of music, should cease to hear, seemed too cruel to be true.
(あれほど情熱的に音楽を愛したベートーベンの耳が聞こえなくなるとは、残酷すぎて本当とは思えなかった。)

 Thatは接続詞で
Thatから hear, までで、動詞seemedの主語、 
L who 関係詞節 … music, まででBeethovenが先行詞でS、ceaseがVとなっている。この文の分析ができなければ理解できませんね。

 結論として、簡単な文でしたら/ ,// を利用して速読も可能ですが、まず文の構造を十分に理解して、この速読法を使えば間違いなく早く読めて、内容も理解できるようになります。

 英米人はA4サイズの紙面ならば横1行を一目で文を理解できると言われています。文が早く読めるということは文構造の理解が早くできるからです。構造、単語がわからないので読むのが遅くなると考えたほうがいいと思いますね。受験のレベルではS,Vはどれか。that節、what節がどこまでかの基本を早くできるようになることが大切です。

 構造が解れば、次は速読です。これは復習を怠らないこと。それには分析の印をつけていない「白文」で読む必要があります。印をつけてた英文を何回読んでも実力をつきません。この点に注意して何回も復習してください。

◆1日後に迫った前期日程試験!

 
私立大学受験で上京していた塾生は昨日、地元に戻って、また明日には受験地へ行くことになります。見守る保護者の方も気が気ではないと思いますが、地理に不案内な塾生だと私も大丈夫かと心配になります。

 最近の受験の宿泊は変わりました。以前の受験生は旅館やホテルの受験パックを利用していましたが、最近はウィークリィ―マンションを利用しているのです。

 早稲田大学を受験した塾生は高田馬場のウィークリィ―マンションを利用しました。Wi-Fiも使えてSkypeもできました。最後の追い込み授業が上京してできたのです。

 Skype授業はインターネット環境がよくなってスマホでできます。わからない問題はカメラで撮ってSkypeで送れます。双方向でやり取りできますので、便利になりました。

 Skype授業の利点は、①移動時間がかからないので、時間を有効に使える。②交通費がかからないので費用が安くすむ。②送り迎えや自宅に先生が訪問することなどの負担がない。③親の授業参観ができるので安心である。④講師は生徒の真向かいか、横について指導する個別指導塾と比べると、インターネットでは生徒の表情が見えやすく、理解度を判断しやすいので、授業の進度を速くできる。また、生徒から講師への心理的な圧迫感がないのです。

 Skype家庭教師の春期募集がはじまっています。授業内容を検討されて、無料講習に参加してみるといいと思います。


◆誰でも「苦手科目」がある

 
 誰でも「苦手科目」がある。国公立大に進む人は「苦手科目」克服がポイントとなる。「苦手科目」克服のメリットの話として、風呂屋の桶板の話をする。

 桶板は底板を何枚かの脇板で囲んで出来ている。底板は一定として、脇板をセンター試験の科目数と同じ、板7枚からなっているとする。得点に合わせて、脇板を切る。点が低い場合は脇板が短くなることとして、枠をつけ桶を作ることとする。

 出来上がった桶に水を注ぐと、脇板の短い所から水が漏れる。1科目得点が低い科目があれば、そこから水が漏れ、水は溜まらない。このイメージにセンター試験の総得点は似ている。極端な「苦手科目」はマイナスである。少しでも点数を上げて、水が溜まる桶にした方が、センター試験は強い。平均的を底上げした方が試験に強くなる。

 好きな科目は、やっていて面白い。またそれがテストの好結果になって返ってくるので、また力を入れるといった好循環になる。苦手科目は反対の結果で悪循環だ。この悪循環を断って、頑張りましょうなんか言われたところで、勉強ができるようになるわけじゃない。具体的にやり方を変えないとだめだ。

 まず勉強法として嫌いな「苦手科目」は、まず取り組んでない人が多いので、自宅学習で真っ先に勉強する。寝る前になるとただでさえやる気がないのに睡魔が襲ってくるに決まっている。そして「苦手科目」を質問できる友人、先生を見つける。先生ならば、どうして分からなくなったか指摘してもらえるので、またそこから復習ができる。基礎ができていないことが多いので、根気よく歯を食いしばってやる。誰でもそうだが、「苦手科目」は得意科目に比べて、勉強時間をかけてもなかなか成績が上がらない。まとまった時間が取れる週末は、「苦手科目」の勉強ができるいい時である。

◆前期日程試験直前となった

 
前期日程試験直前となった。英語以外の色々な質問がSkypeメールで届く。みんなちょっと焦っている。試験は焦ったら負け。じっくり腰を据えて臨みたい。

 前期試験が終わると私大の合格校があって前期日程の合格発表でどちらかに決まる人は、これで受験が終了だ。前期日程が不合格なら後期日程を受験する人は、また2週間、気をぬかずにやる。

 合格の自信があっても、前期日程の合否を自分で判断するのはセンター試験の自己採点と違って記述式だから難しい。合否がわからぬまま、気持ちが落ち着かぬまま、宙ぶらりんな気持ちで勉強するのはつらいがここが我慢のしどころだ。

 後期日程は倍率も上がり試験内容が前期と違うので、十分に過去問を見ておく必要がある。今晩、前期日程が終わってからの来週の日程を決めた塾生がいる。友達は私立大の合格が決まって、大阪のUSJで大騒ぎしているらしい。羨ましいと愚痴をこぼしていたが、この2週間を取りこぼすと、また1年間受験勉強となることを考えれば、真剣にならざるをえない。受験は「合格 おめでとうございます」の通知がきてやっと終わることを肝に銘じておこう!

◆国公立大学医学部を目指す保護者の方からメールをいただきました

 「期末考査が終わる春休みですが、1日どのくらいの勉強時間が必要でしょうか。まだ高校1年の間はあまり考えなくてもよいのかもしれませんが、女の子は男の子のように最後に急激にのびることは難しいので、今からやるべきかと思いますが実際はどうなんでしょう。また、授業のときにでも、娘にアドバイスいただけましたらありがたいです。よろしくお願いいたします。」

 「国公立大医学部の受験勉強は1年生からはじまっています。集中して勉強していかなければなりません。女の子は皆さん早めにコツコツやっています。先日の試験の時にお話ししました。休みの時でも毎日8時間以上はやっていると思います。色々アドバイスさせていただきます。」と返事しました。

 高校1年生なら、今年ぐらいは楽させたいと思うのは親心だと思います。現実的には国公立大医学部受験生はもう取り組まなければなりません!センター試験90%以上、二次試験80%以上を取ることは並み大抵の努力では達成できません!地元のトップ高校でも3番以内の成績でないと合格できません。受験生は皆、追い込みできると思っているのですが、スーパーマンはいません!正味あと2年。一生懸命に頑張ることです!


◆修学資金が貸与、免除される医学部とは

 44歳で国立大学医学部に合格した医者の友人に医学部修学において資金が貸与されて、一定期間へき地医療機関に従事すると免除される「へき地医療」とはどういうものか尋ねた。
 
 医学部生はスペシャリスト(専門医師)として研修を受けるのだが、へき地医療に進むものはジェネラリスト(
分野を限定しない広範囲な知識・技術・経験を持つ医師でなければならない。
 
 たとえば、患者が医療機関に来て、どんな症状でどういう処置が必要かがわからなければならない。自分で処置できないと分かれば、対応できる医療機関に搬送するのだそうだ。
 
 今までは外科や内科と渡り歩いたベテラン医師がへき地医療機関に務めることが多かったが、今後、国は若いころからジェネラリストになる医師養成が欠かせないと考えているようである。
 
 ジェネラリストは
スペシャリストと比べて、体力がいる。若くないと務まらない仕事だそうだ。へき地医療に関心のある若者だったら、是非応募すべきだと語った。
 
 また、社会人や多浪で国公立大医学部を目指している受験生であれば、修学資金を貸与、免除する医学部もあるので、よく調べて受験してほしいというアドバイスをもらった。
へき地ネット(http://www.hekichi.net/)

◆塾・予備校の選び方とは

 
塾・予備校選択の時期になりました。この時期、新聞、インターネットに合格実績や合格者の体験談が紹介されます。大手の塾・予備校だと実績もあるし、大丈夫だろうと誰もが思うものですが、ここに盲点があることにお気づきではありませんか?

 大手塾・予備校は実績を上げるために模試の成績が良い生徒は割引価格で入学させています。この実績を見て入ってきた生徒から学費を取るのです。講義に満足してしていて成績が上がっている生徒ならば、何も問題ありませんが、成績が伸びない生徒は問題になります。

 昨今はビデオ講義で自分のペースで勉強をすすめるようにカリキュラムが組まれています。個別指導ということですが、生徒がわからないところは根掘り葉掘り訊かないと解けない問題なのです。ビデオ講義だけでは弱点克服はできません。質問できるところもありますので、確認する必要があります。

 3ヶ月続けても成績が一向に上がらない時は生徒にあってない塾・予備校と判断できます。実績がある大手であっても子供の成績を逐一見て、本当にここに任せて大丈夫かとチェックすることが大切だと思います。

学費を全額免除してくれる私立大学医学部とは

 私立大学医学部は経済的に進学できませんので、国公立大学医学部を受験しますと何度も塾生から進路相談を受けていた。

 国公立大学医学部となれば、センター試験は最低でも85%をとらないと合格は覚束ない。旧帝大の医学部以外の学部に合格できる実力があってもなかなか合格できないのが現状だ。

 そんな折、兵庫県出身の医学部志望の受験生から、私立大学医学部で学費を全額免除してくれて、生活資金まで援助してくれる大学があることを教えてくれた。

 これは兵庫県養成医師制度というもので兵庫県内のへき地等で勤務する医師を確保するため、兵庫県が医学生へ修学資金を貸与し、卒業後、一定の期間、県職員として、県が指定する県内の医師不足地域等の医療機関で勤務する制度である。

・対象大学:自治医科大学、兵庫医科大学、神戸大学、鳥取大学、岡山大学
・貸与金額:授業料等相当額+α
・貸与期間:6年間を基本
・勤務期間:9年間を基本
⇒卒後2年以内に医師になり、9年間勤務すれば、貸与金額の返済が免除される。

 この中に私立の兵庫医科大学がある。国公立大医学部第一志望の方で国語と社会が苦手な方。浪人生で模試の判定がC以下の方は一考する価値がありそうだ。

◆偏差値表による勉強計画とは

受験生ならば、偏差値表は見慣れていますね。
見慣れているはずなのですが、
ここに盲点があるのです。

hensati

模試の成績が偏差値平均の50から55に上がり、
次の模試では60と順調に上がってきたら、
この調子で65、70と成績が上がる
気持ちになるのです。

この気持ちは大切ですが、グラフのように
偏差値60・・・・・・・上位16%
偏差値65・・・・・・・上位7%
偏差値70・・・・・・・上位2%

順調に上がってきた成績も偏差値60からは
なかなか思うように成績が上がらず、
誰でも頭打ちになります。
勉強時間に比例して、
成績が上がるようにはなりません。

成績上位者は手強いです。
いつも負けるものかと勉強に励んでいます。
模試の結果の数字の盲点に迷わされず、
偏差値はだいたいこんな分布になっているのだと
再認識する必要があります!

偏差値50から60までの勉強時間に比べて、
60から65はより時間を要します。
65から70はそれ以上にかかります。

偏差値70以上の大学を目指している人は
これを踏まえて勉強計画を考え直してください!

◆この科目は試験にズバリ出ると笑いが止まらない! 
 
 
今晩、早稲田大学国際教養学部を受験した塾生とSkype授業した。

 「神っている!試験にズバリ出たんです」

  「何が?」

 「古典は平中物語が出ました。国公立大・過去問対策で学校の授業でやったところだったんです。本文は読まず、設問だけを3分で解答できました!」

 「それはラッキーでしたね。60分の試験時間のうち57分を現国にかけられたのは大きいですね。合格していればいいですね!」

 言わずもがな、古典を今、書いている人はいない。過去の入試問題からの出題が他の科目に比べて高いのである。日頃、古典をやる気のない受験生もやっていた問題が入試で出題されると、やっててよかったと思うものである。

 これがあるから、古典はあまり気の進まない受験生にも一度やった問題は復習して内容は暗記するように勧めているのである。


塾生の進路決定に悩み続けた話である

 「地元福岡の西南学院大学に行きたいと思います」

 塾生は青山学院大学文学部英米文学科、明治大学部政治経済学部、商学部、西南学院大学文学部外国語学科英語専攻に合格した。

 「英語の教師になるつもりか?」

 「先生は向いていませんので、企業に勤めることになると思います」

 「それなら、明治大学に行った方がいい」

 「経済的にアルバイトしなければなりません」

 「アルバイトしながら、大学の両立はできると思うが」

  彼は私の勧めもあって明治大学商学部に入学した。

 楽しい学生生活を謳歌していると思っていた。

 入学して2年たった頃、彼の母親から手紙が届いた。

 先生の勧めで東京の大学に進みましたが、留年になりました。

 新宿で居酒屋の副店長になったと自慢していますが、勉強をしていないようです。

 何を考えているのか、先生の言うことは聞きますので、

 電話で何か言ってくださいと頼まれた。

 大学はあまり行っていなかったが、好きな英語は英会話学校に通って頑張っていたようだった。

 そんなに英語が好きだったら地元の西南学院で勉強した方がよかったのではなかったか。進路指導が間違っていたのではなかったかと後悔したのである。

 そんな彼から20年ぶりにメールをもらった。

 「当時は確かに大変でしたが、上京したことで、色々社会経験を積むことも出来ましたし、妻とも出会うことが出来ました。現在がそんなに不幸と感じることが少ないからでしょうか。ただ、子供には同じようなこと(週6でバイトとか留年とか)はなるべく経験はしてほしくないですね。せっかく大学に行くのであれば、しっかり勉強をしてほしいですね。」

 このメールをもらって長年の鬱積がやっと晴れた。人生のターニングポイントになる進路指導は難しい。

◆センター試験D・E判定で国公立大学に合格するには 
 
 前期日程試験まであと1週間となった。移動のことを考えると腰を据えて勉強できるのも5日間だろうか。この1ヵ月は脇目もふらずに勉強してきただろう。最後にエールと合格するための戦法を送りたい!

 D・E判定なら、失うものはない。半分以上は不合格は覚悟だろうから、半分は模擬試験と違って捨て身で臨みたい。大半の受験生はまず順番に解く傾向がある。逆転合格を目指すなら、まともに順番通りに解いていっても合格はない。

 英語であれば、最後にある英作文を最初にやる。時間を決めて確実に点を取る。次に下線部の和訳問題。指示語に注意すれば、ここだけで解けるであろう。(他の問題がついていれば、全文を流し読みして解く。)残りの大問2問は簡単な方から解く。

 順番にやっていると大問の長文あたりで難問にぶつかり、時間を使ってしまい。英作文まで時間が無くなるパターンなのだ。

 できないと思ったら、「捨てる」。ここが大切。8割を取れば合格だろうから、無駄に時間を使わない。捨てる問題でも部分点がもらえる問題であれば、間違っていると思っていても字数通りに書く。

 野球で言えば、1点差を9回裏に2点取ってひっくり返さねばならない状況なのだ。攻めて、攻めて、攻めなけれならない!勉強してきた思いの丈をぶつけてきてほしい!幸運を祈る!

◆センター試験・英語対策とは

 センター対策を取り組む時期になりました。毎週土曜日に演習を行っていますが、成績が上がる勉強法がわかってきました。

 英語は80分の筆記試験を時間を短縮して60分でやること。初めは60分では終わらないかもしれません。試験問題を早く解くコツを身につけましょう。


 次に問題集の選択です。センター試験の過去問レベルが解ければいいと考えている人もいると思いますが、二次試験や私立大対策も考えて、駿台センター試験実戦問題集>河合塾マーク式総合問題集>センター試験(追試)>センター試験(本試)問題の順で難しい問題集から始めた方がいいのです。

 プロ野球選手は150キロのボールを打つために170キロのボールを打つ練習を行っています。試合の時よりも練習に大きな負荷をかけるのです。受験も同様、試験を受ける時よりも日頃の勉強の時の方が苦しいのです。

 予備校模擬試験は年間5回実施されますが、4回が一番難しく、5回はセンター試験のレベル問題となっています。それは予備校の模擬試験戦略として4回模擬試験であえて難しい問題をあたえて、最後の5回をセンター試験レベルの易しい問題にして受験生に自信を持ってもらいたいということなのです。

 難しい駿台の問題で点が悪いと不安になってきます。これに耐えれば、成績の伸びはいい。センター試験レベルの本試験問題では実力がつかない。志望校に合格するために敢えて難し問題に挑戦した方がいい結果になっています。


◆男性と女性の成績の伸び方とは

 「女の子は高校2年からコツコツ勉強やらないとね。男の子は3年に上がると勉強をはじめて一気に伸びるから」。こんなことを講師を始めたころ、ベテラン講師から言われて戸惑った。

 そんなことがあるのかな?男性と女性には成績の伸び方に違いがあるのか疑問に思った。

 確かに受験勉強を始めるのは女性の方が半年、1年早い。 まず高校1・2年の女性が入塾して、その後男性が増え始めて女性の数を超えるのは毎年高校3年の夏以降だ。

 一概には言えないが、女性は毎日の学校の授業を大切にする。それとは対照的に男性は定期テストの成績よりも実力テスト重視で模試の成績が上がった方を喜ぶのである。女性は毎日コツコツ勉強するのに長けている。反対に男性は単元ごとに勉強に取り組むことが多い。

 男性は追い込みが効く。部活が終わって勉強を始めると寝ないでやっている。毎年こんな状態を見ていると女性には早めに受験勉強を始めることをすすめている。

 女性は高校3年になると7万人の浪人生も加わって、高校2年の成績の維持するのがやっとの状態になるのをみていると男性と女性では勉強法を変えて取り組まなければならないと思うのである。

高校英語の準備をしたい生徒にお薦めのテキストとは

 高校や大学入学が決まった方から苦手な英語を入学前に何とかしたいという問い合わせが相次いでいる。

 話を聞いてみると英語は苦手で定期考査の前は英文の和訳を全文暗記して何とか乗り切っていい点がとれた。評定値が良くて推薦入試に合格できたが、長文は全く読めないという。

 この「高校英文法をひとつひとつわかりやすく」は分厚い参考書はなかなか手が伸びない受験生を対象に書かれたテキストです。

 英文法をイラスト入りで解説しています。テキストのタイトルは英文法と銘を打っていますが、長文を読むためのノウハウが至る所に散りばめられて、分厚い参考書を読むよりも効果があります。

 レベルは英検準2級程度です。高校入学前に中学のおさらいをしながら、高校英語の準備をしたい生徒にお薦めします。


◆英検準1級逆転合格!

 
一次合格が終わってから旺文社の英検準1級過去6回問題集の二次対策に取り組んだのですが、解答のみで勉強法がわからなかったので、「14日でできる英検準1級二次試験・面接完全予想問題(旺文社)」に切り替えました。

 このテキストは賛成と反対の立場の解答例があり、ポイントで解説が加えられているので対策が立てやすかった。解答例を参考に自分の解答を作って練習しました。

 試験官は日本人の女性でした。カードを渡されて4コマの絵を見てストーリーを考えたんですが、よくわからなかった。3コマ目の絵で2分が終了してしまいました。かみまくって何度も同じことを言ってしまいました。この時点で不合格と思いました。

 そのあとの4つの質問は不合格と自覚していたもんですから、開き直ってスラスラと答えました。たぶん面接官も早口で発音がわからないくらいだったと思います。これが功を奏したようです。

 不合格を確信していました。まさかです。合格していました。ありがとうございました。

◆今持っている英語テキストで確実に成績UPするには!


 受験勉強を3年生から始める受験生はまず英単語・熟語を覚えて、構文を暗記する。こんな受験生の盲点は高校1・2年生でマスターすべき文法力がないことだ。

 文法力がないと文法・語法問題で躓き、長文が読めないので、成績が伸び悩む結果になっている。

 この対策には半数の受験生が持っている総合英語「Forest」を使うことだ。

 このテキストの使い方を訊くと授業で初めからやっている学校はなく、練習問題でわからない時に自分で調べるものになっている。しかし、成績トップクラスの受験生は最初から最後まで読んで、完全にマスターしているのだ。

 成績が伸び悩みの生徒は文の成り立ち、接続詞などから始めて、第1章から第24章まで、1章を1時間ぐらいで復習してみるとよい。手を抜かずにやると確実に成績が伸びる。

 おそらく、やっていくうちに今までわからなかったところの解説があり、目から鱗が落ちる。センター試験の第2問文法・語法問題が解けるようになるはずだ。

 このテキストと併せて姉妹書である暗唱文例集+例文ドリルのついた「音でトレーニング」を使って、英作文とリスニング対策を行うと基礎は万全なものになる。

◆英単語・熟語力がついて、その上に英文解釈まで強くなるテキストとは

 それは「東大の英単語」(教学社)である。東大入試に出る英単語といえば、難しい単語が多いと思っている受験生が多いが、東大の語彙レベルはかなり低く、センター試験レベルの単語が8割だ。

 東大入試が簡単かというと決してそうではなく、分量が多く、基本的な語彙の深い理解が問われるために表面的な理解では解けない工夫された問題が多い。このためにこのテキストでは、「見る」(glance,glare,stare,gaze,peer)の認識の仕方の解説がついている。

 英単語ターゲット1900(旺文社)は一語一義の意味で覚えるのに対して、このテキストは派生語や関連語もまとめて覚えることができる。

 また英文解釈のための基本単語が入試問題つきでまとめられているので重宝する。単語力はほぼ例外なく英語力と比例する。能率的に単語を覚えるのに最適のテキストだ。


◆センター試験レベルの英語長文を速く読むには

 英語の予習で単語・熟語の意味を調べたあとで、フィーリングと想像力を働かせて文を訳している受験生はいませんか?

 定期考査のテストはなんとかなっても実力テストの成績はあまりよくない結果になっていますね。

 そんな受験生におすすめなのがビジュアル英文解PARTⅠ・Ⅱです。はしがきには一流大学志向の中学生のためにと書かれていますが、東大の入試問題もあり、基礎からやりたい高校2年生や3年生のためのセンター試験・長文対策テキストとして十分に対応しています。

 このテキストの特徴は英文を一度読むだけで、ピリオドまでに来た時にはすべての構文分析が終わっていることや、どれだけのことが分かれば、日本語に訳せなくても英文は「読めた」と考えていいのかのプロセスを具体的に解説しています。

 長文を速く読めない理由は文の構造が分からないからです。センター試験よりも難しい文が多くあります。長文問題の速読対策に最適なテキストです。

◆受験勉強は順調ですか?


 
受験勉強は順調でしょうか?塾生の成績結果や勉強の進み具合は気にかけています。

 岡目八目という言葉があります。傍から見ていると各人の状況はよくわかります。皆さん、第一志望合格に向けて取り組んでいるわけですが、このままでは間に合わないという危惧の念に陥るのです。

 同じ大学志望の受験生でも1時間に進む量は2倍ぐらいの違いがあります。

 状況がわかっているので早めの計画を立てるように助言していますが、なかなか計画を消化できていません。この2・3月は英語・数学・国語3科目の基礎を固めることです。
 
 高校2年生までは自分のペースで勉強ができる。3年生になると、浪人生も加わって成績維持が難しくなり、無理してペースを上げなければならない状況になっています。気力と体力勝負になるので大変になってくるのです。
 
 まずは第一志望校は模試でB判定以上が目標です。全統マーク模試を先週受験した方も多いと思います。結果を見て早めの軌道修正をすることが必要です。

大学受験、学年に関係なく進められる科目とは
 
 
塾では「英文解釈教室―改訂版」を長年使ってきた。このテキストの使用は大学受験用なので高校3年生か浪人生の春から、早く使いはじめたとしても高校2年生の春からだった。
 
 高校2年生からの生徒は早稲田大学政経学部や九州大学法学部などに現役で合格したが、初めからこのテキストを使っても解説をするのにとても時間がかかった。これを使いはじめる前に前段階のテキストが必要であることを痛切に感じていた。
 
 そんな折、保護者の方から、まだ中学2年生ですが指導できますかと問い合わせをもらった。自分は医師で長男は九州大学医学部に在籍している。受験英語への関心は高く、長男とはビジュアル英文解釈PARTⅠ・Ⅱ(駿台文庫)を一緒にやってこられたという話を聞いた。
 
 中学2年生は中高一貫校に通っていて、中学校レベルの模擬試験では全国トップレベルで最近は1学年上の模試を受験しているとのことだった。保護者の方のお話では長男が医学部に合格した勉強を振り返ってみて、数学・理科は中高一貫校でもカリキュラムの関係からどうしても高校3年までかかってしまう。英語だけは学年に関係なく進められるので、早めに受験レベルまで達したいとのことだった。
 
 入塾して保護者の医師の方と二人三脚で、「英文解釈教室―改訂版」をやる前のテキスト選びをして、暗中模索の指導がはじまった。英文解釈は「ビジュアル英文解釈PARTⅠ・Ⅱ((駿台文庫)」。イディオムは「速読英熟語(Z会出版)」。文法は「そこが知りたい英文法(駿台文庫)」「新・英文法頻出問題演習(PARTⅠ文法篇)」2冊を「Forest(桐原書店)」の対応する章の解説を加えて指導してきた。
 
 指導3か月で英検2級に合格。そうして1年あまりでようやく「英文解釈教室―改訂版」に入るに至ったのである。
 
 このテキストは簡単な構文から入って、2回目に難しい構文とやっている生徒もいるのだが、保護者の医師の方の希望は、はじめから全部やらせてくださいとのことだった。この妥協しない教育方針にあらためて感心させられたのである。

◆大学受験・最適な英語テキストとは


 
先生、次はこれでお願いしますといつもテキストを提案してくる塾生がいる。こちらもここ2、3年で50冊ほどのテキスト(テキスト一覧)を使ったので、レベルと志望校に合わせてアドバイスをするのだが、ご要望とあれば、興味もあるので使うことにしている。

 塾生がすすめたのは
イチから鍛える英語長文500」(Gakken)だった。英語長文を読むのに最適なテキストだ。センター・私大・二次対策が一石三鳥でできて、速読ができる読み下し訳とリスニング対策のCDがついている。

 高校入試ころは週3回通った塾でオリジナルテストを受けた受験生は多い。これは単元ごとに試験に出る問題を何度もやって知らず知らずのうちに対策ができていた。

 大学入試対策ではオリジナルテストはなかなかない。志望校に合わせて自分で傾向を考え、対策を考えていくことになる。志望校に合ったテキスト選択。これが合否に大きくかかわってくる。

 今日紹介したテキストと学校で使っている1000題程度の文法・語法問題集、
速読英熟語(Z会出版)を十分にこなせば、まず偏差値60を超えることができる!

◆大学受験・英語記述式試験で点が取れない理由とは 
 
 大学受験・英語記述式テストの答案を添削して気づくことがある。センター試験模試で180点を超える受験生が記述式で点をとれない理由がある。

 そんな受験生に質問してみる。

 「本を読んでいますか」

 「最近は全く読んでいません」

 2016年全国学校図書館協議会調べでは、高校生が5月に読んだ本は平均1.4冊、1冊も読んでいない者は57%に達している。


 本を読んでいないので文章力がない。要約問題や自由英作文などは英語と国語力が求められる。ここで得点ができないのだ。

 以前は新聞だけは毎日、目を通す者がいたが、新聞を購読する家庭も減って新聞も読んでいないのが現状だ。

 大学入試では18歳選挙権、原発問題、年金問題、高齢者問題などが取り上げられる。自分の考えを論理的に整理しておくことが必要だ。

 では、二次記述対策はどうすればよいか。

 まずは新聞を読むことができれば、社説、投稿欄、文化欄などを読む。次に何が言いたいのかよくわからない文章を達意の文章にすることだ。

 テキストとして「文章力が身につく本」(高橋書店)をお薦めしたい。文章作成に関する80の基本的考えやノウハウ、テクニックが書かれている。自分の文章の欠点が自ずとわかる。

 要約問題や自由英作文は英語だけでなく、論理構成や文章の説得力などが問われている。こういう対策が効果的だ。

◆大学受験の志望校選択とは
 

 高校受験とは違って大学受験となると、自宅から通える人は限られる。都会に住んでいない限りは、通える大学はないに等しい。
 
 塾生の中には一人っ子なので地元の大学しか受験できないという子もいるが、大半は都会の大学を目指す。親元を離れて一人暮らしがしてみたいという子が多いのだ。
 
 親の世代であれば、大学卒業時の就職試験の交通費や宿泊代は会社もちだった。現在は自分持ちで就職時には大変な支出になっている。こういう支障があって、なかなか就職活動もままならないと聞いている。
 
 希望の就職ができれば、場所はどこでも構わないと考えている方もいるでしょうが、将来、地元に帰るのかどうかは考慮していた方がいいと思うのです。
 
 福岡から息子一人と娘二人を東京の大学に出した友人が、皆、東京に就職してしまって帰ってこないと嘆いていた。こうなることを危惧するなら、志望校は親と子で慎重に相談して決めるべきである。

◆英語の成績が上がらない理由とは

 長年、英語の指導をして、なかなか成績の上がらない受験生を観察してきた。単語・熟語も随分やって、構文は十分訳せるのに点数が上がらない。これらの受験生に共通項があることに改めて最近気づいたのである。

 英語の長文問題。和訳ができれば、現国の問題と同じである。この現国の成績が悪いのだ。
現国と英語の成績は正の相関関係にあり、現国ができる人は英語もできるという結果が出ている。現国ができるようになれば、英語の成績も上がるのだ。
 
 現国ができて英語ができない受験生は英語の長文問題が多少読めるようになると成績はとても良くなる傾向にある。構文など少々読めなくても現国の力で解けるようになるのだ。

 英語長文問題が解けないならば、遠回りになっても現国に力を注ぐべきである。まずは解き方を「出口シリーズ」などで自分のレベル・試験のジャンルに合ったものを30題ぐらいやってみる。そうすると英語問題に対するアプローチの仕方がわかってくるのでおすすめしたい。

◆大学受験・英語に有利な地歴科目とは? 
 
 選択科目を決定する時期になった。今年のセンター試験の地歴の選択割合は日本史B40.7%、地理B36.6%、世界史B21.3%であったが、文系の英語に有利な科目がある。

 2015年東京外国語大学のリスニングはアメリカで1820年ミズーリを州にする際にここに奴隷制を認めるか否かをめぐり、連邦議会で北部と南部の議員が対立し、収拾策として成立したミズーリ協定が出題された。1回しか流れないリスニングの問題である。協定の内容がわかっていれば比較的容易に解答できたであろう。

 2008年早稲田大学文化構想学部では奴隷貿易とイギリス人の三国間貿易に関する問題が出題された。この1,2週間で解いた過去入試問題で世界史を勉強していれば、英語に有利であることは枚挙にいとまがなかった。

 こんな提案をしても、世界史のカタカナの人名が覚えられません。ローマ帝国皇帝、マルクス・アウレリウス・アントニヌスの名前は長すぎてなかなか覚えられないので世界史選択はできませんという塾生もいるのだが。


◆社会人が医学部に合格するには

 ここ2,3年は医学部志望の社会人の方が増えている。20代から50代と幅広く、理系の大学を出て、医療関係(薬剤師・放射線技師)やエンジニア出身の方から文系出身までと様々だ。
 
 社会人が医学部に入学するには、大学の2,3年次に編入する方法と大学入試から入学する方法がある。まずは最短で医者になるために編入を考える方が多いようだが、募集人数が少ないうえに倍率も30倍以上と高倍率になることから諦めて、大学入試から臨む方が多い。
 
 仕事をしながら勉強してきて、今年が最後の年と頑張っている方もいれば、仕事と勉強の両立をはかりながら、勉強を続けている方もいる。
 
 ここで考えなければならないことは、来春の「合格」ありやということである!
 
 国公立大医学部の合格者は、地元ではトップ高の1,2番の成績。中学の頃から医学部を目指して、平日は家庭学習は5時間、休日は10時間くらい勉強している。中高一貫校の生徒であれば、高校2年生までにひと通りの受験科目を終えて、高校3年の1年間は演習問題中心の授業で受験一筋なのだ。
 
 こんな受験生を相手に打ち勝つための秘策があるのかということなのだ。
 
 社会人の塾生にアドバイスするのは、過去問を分析して、「でる順」に対策を行うことである。国公立大はセンター試験を受験しなければならないので、山を張ることはできないが、私立大学であれば、傾向は例年あまり変わっていない。
 
 経済的な問題もあるので仕事も続ける必要があるが、モチベーションが高いうちに「最短」で合格できる戦略を考えるべきである。


◆国公立大学医学部合格戦略とは! 
 
 医者になるには医学部に合格するしか道はない。国公立大学医学部は大学入試の中でも最難関だ。

 医学部合格以外に医者になる道はないのだから、不合格になれば、来年トライすることになり、多浪の受験生を生み出す結果となっている。

 問題は多浪の受験生が入学が難しい大学があり、それがどの大学であるのか曖昧模糊としていることである。

 受験生はインターネット上の不確かな情報に右往左往することになる。下記に示すURLの情報はよく目にする情報である。受験生は不確かなこの情報で動いている。
 
 http://医学部再受験.net/taisaku/kannyou_k.php

 国公立大学医学部受験は前期勝負であるが、後期試験も念頭に置いて対策を立てる必要がある。小論文は英語を含むものが多い。早めに入試問題を入手する必要がある。

◆勉強をしていて成績が下がることはない?
 
 定期考査の前だけ勉強する人がいます。成績はどうですか?実力試験・模擬試験の成績はいいですか?

 こんな人の勉強スタイルは日頃の家庭学習はやって1,2時間、定期考査の前は4,5時間です。定期考査は頑張っているのでいい成績が取れます。でも、実力試験・模擬試験は定期考査の成績に比べて悪い結果です。

 一番もったいない勉強法だと思います。定期考査が終われば、復習をして忘れないように心がければいいのですが、なかなかできていません。これができれば、実力試験や模擬試験でも成績は上がっていきます。

 成績上位者が心掛けていることは毎日勉強をすることです。プロ野球の選手はバッターなら毎日素振りはするし、ピッチャーなら毎日投げ込みをします。

 勉強を毎日習慣にできないことが成績が上がらない決定的なことなっています。続ければ、実力もつきます。努力は必ず報われるのです。


◆国語力を伸ばすには!

 本を読んでいますか?私は高校生のころは本1冊を読むのも気がめいる方で、読み終えた後には達成感はあったものの読書中は退屈で感動をあまり覚えたことはなかったですね。

 振り返ってみると現代国語に出題されるというので小林秀雄、三木清、亀井勝一郎といった難解な文章の本を読んでいたからだと思います。

 転機になったのは大学に入って、興味ある実学書を読むようになり、読書嫌いはなくなりました。読書嫌いの人はまず好きな本から入って、だんだんと興味を広げていくといいですね。

 全国学校図書館協議会の調べでは高校生の全国平均は月1.4冊、不読者が57%です。まったく本を読まない高校生が6割近くもいます。国語、英語の記述式試験や小論文は普段の読書量で決まっています。週に1冊、月4冊の読書は心掛けたいですね。

 最近読んだ2冊の本の中に心に響いて合点がいった共通項がありました。

 要点だけを言うと1冊目はDr.ロバート・アンソニー著「成功の門」の成功の秘訣の中で『人生には次々と難題が襲ってくるものですが、成功して成長していける人はあらゆることがなかなか手に入らないで根気をつけ、勇気と経験を蓄積させて成功の原動力とした人です。』とあった。

 もう1冊はジェフリー・A・ティモンズ著「ベンチャー創造の理論と戦略」の中のアメリカ第30代クーリッジ大統領の言葉は『粘り強さに勝るものはこの世に存在しない。才能があって挫折した者はどこにでもいる。粘り強さと強固な決意だけが全能である。』とあった。

 この2冊の共通項は、なんでも簡単に手に入れられる環境に置かれて解決策を学んでいると人生の秘訣はいつまでたっても身につかない。困難に遭遇し粘り強くめげずに克服していくことが充実した人生につながると述べているようです。

 現代人は小手先のノウハウを学んで何事にも近道を考えていますが、この本を読んで周りの知人をみていると合点がいくことがありました。大器晩成とはこういうことを言うのだと思った次第です。

◆私立大学の地歴公民はいつ始めたらいいか

 高校2年生でそろそろ主要科目の基礎を終えた受験生は、選択科目を考える時期になった。日本史を選択した3人の塾生の体験談は参考になる。

 この3人は文化史は覚えるのが大変だからと考えてまったくやらず、10月から本格的に勉強することにした。ゼロから覚えるのは容易ではなく、終わらぬまま受験に突入。

 国公立大(首都大学東京、熊本、佐賀)には合格できたが、私立大(早稲田、明治、中央、同志社、立命館)は不合格。西南学院大、福岡大にやっと合格できた。

 彼らは河合塾の英語偏差値は常に65~70を取っていた。1科目不得意科目があると私立はなかなか合格できないことがこのことからわかる。

 暗記科目は一度は深く頭の中に入れておかないと秋からやるといっても間に合わない。これを「他山の石」としてください!

 主要科目は抜群の成績をおさめていても、1科目、それも穴があれば、合格はできません。選択科目の勉強開始時期をよく考える必要があります!

センター英語 (筆記)を60分で解くには!

 センター英語 (筆記)対策をはじめています。スカイプのグループ通話で全国一斉に塾生が80分の過去問を制限時間60分で解くのです。

 センター試験模試、1番から順番通りに解くと6番の問題の途中で時間切れになり、最後まで解答できない受験生が出ます。平均点120点前後の受験生は、問題を最後まで解くことができず、当てずっぽうにマークしています。

 まずは2番の文法・語法問題対策として、問題集1冊(UPGRADE 英文法語法問題(数研出版)、英語頻出問題総演習(桐原書店)、Next Stage (桐原書店))を徹底的に取り組んで1問15秒で解けるようにしてください。トップ高校では毎週これらテキストの小テストが行われていると聞きます。同じ問題で95%はできるようになる必要があります。

 センター対策をはじめた当時、制限時間をせめて70分にしてくれませんかと塾生から言われたことがありました。模擬試験よりも悪い点数になって、自信を失ってしまうからというものでしたが、効果が出ないという理由で60分で続けました。この塾生のセンター試験結果は190点(筆記)。満面の笑みを浮かべて、この指導を受けてよかったと言ったのです。

 また、この対策をはじめて3か月で94点から186点取れるようになった塾生がいます。最初はつらかったと思いますが、「継続は力なり」で毎週やることによって短時間で問題に反応できるようになったのです。

 今年の塾生平均は英語(筆記)173点、(リスニング)41点でした。

◆明治大学で学んだこと

 大学の経営学部では、「形式知」と「暗黙知」という用語を学ぶ。前者は文章、図表、数式などによって表現できる知識のことである。後者は経験や勘に基づく知識のことで表現が難しいものと定義される。企業においてはベテランの人の「暗黙知」を、どうやって若手に引き継ぐかが課題となっている。

 大学時代、明治大学雄弁部に所属していた。K先輩が「東大総長杯」の弁論大会に出場することになって、数十名が集まり1週間前から予行弁論を行った。K先輩は雄弁部の中においても弁が立った。よく弁論中に原稿を見ずに迫力ある弁論ができるものだと思っていた。毎日弁論の予行を行っては質疑応答を行い、終われば喫茶店に行って反省会を行っていた。

 先輩は赤ペンを胸のポケットに入れ、事あるごとに後輩に意見を訊き、言い回しを考え、何度も反復していた。大会、2,3日前の両日、先輩が喫茶店に一人でいるのを見かけた。テーブルに原稿を置いて、口でぶつぶつ呟きながら、手直しをしているのである。これだなと思った。うまく弁論できる秘訣は。誰でも才能ある人は生まれながらと思いがちだが、努力の賜物なのだと。

 先輩は見事「東大総長杯」に優勝した。大学とは「形式知」のテキストでは学べないことを、友の間で「暗黙知」を学ぶところだと思ったのだ。

◆40代社会人国公立大医学部合格体験記ー私の友人、野口英世

 こんなタイトルをみて、頭がおかしくなったんじゃないかと思われる方もいるだろう。「野口 英世」は千円札紙幣の肖像画になった細菌学の権威であり、故人である。友人であるはずがない。では、「野口 英世」という同姓同名の友人がいるのかと考えた方もあろう。

 話をすすめると、こういうことなのだ。「野口 英世」との出会いは20年ほど前のオーストラリア、パースである。たまたま中華レストランで私が彼に声を掛けたことによる。当時彼はアパレルの営業を3年ほど勤めた後、ワーキングホリデーに来ていた。色々話をしていると話が合って、私は彼を大学の友達のパーティーに招待したり、仕事のないパースで情報交換したりしていた。

 彼のすばらしい所は、人の話を真剣に聞き、実行できるところである。職がないパースで彼がほとほと困って相談に来た。私は夜中に市場に行けば、仕事が見つかるかもしれないとアドバイスした。彼は終電でパース駅裏にある市場に出向いて、私が言った通り、サンドイッチマンよろしく、前と後ろに“I want a job”と看板をつけ、歩きまわり、仕事を得た。それを聞いて、まさか実行するとは思ってもみなかった。彼は私のアドバイスを聞いて、1日でやりのけたのである。

 帰国後、彼は材木商社に就職し、5年ほどマレーシア、インドネシアへと出張を繰り返していた。その後、商社マンの生活に嫌気がさして、友人の学習塾を手伝うようになった。塾も軌道に乗ってきたが、思うところがあったのか、突然医者を目指すと言いだした。

 彼は大学時代、文系で、数学、生物、化学をゼロから勉強して、国立大学医学部を目指したのである。なかなか国立大学医学部の壁は厚く、4年を要して合格。大学6年間猛勉強したかいあって、医師国家試験に見事合格したのである。

 彼は現在大学の付属病院の病理医として働いている。「野口英世」のような病理学の専門医を目指すのだそうだ。最後にタイトルを改めれば、〝私の「野口 英世」のような友人”になるだろう。

 福沢諭吉は、幕末から明治への急激な変化について「一身にして二生を経る」と言った。情報革命の現代に生きる私たちも「一身にして二生を経る」ことになっている。

 二生目を自分の中にある可能性を探る生き方があっていい。「範」とする友人がいる。私はこれを機に人生を考え改めようという気になった!

◆自分の壁を乗り越えることとは!

 先生、私は講座最初の頃は、無謀にも英語の種も土も何も無い状態からはじめましたので、「英文解釈教室―改訂版」のテキストは、正直いって難しすぎてチンプンカンプ ンで開くことも辛くてしんどかったです。

 ところが、最近自分の中で何か分らないのですが変化が見られるようになりました。辛いながらも何回も何回も読み直してボロボロになってきているテキストの最初の章あたりから、だんだんわかる様になってきたのです。

 しかも以前は1ページながめていると睡魔が襲ってきたのですが、今は目がランランになるのです。そして、暗記用の英文も理屈がわかるようになってきましたので、面白いぐらい暗記できるように なって来ました。勉強が楽しく感じられるなんて不思議です。やっとスタートラインについた気がします。

◆私立大受験は前半戦が終わりました

 2月から本格的に始まった私立大学の試験は前半戦が終わりました。随分試験慣れしてきても受験生からは一日だけの試験がこんなに疲れるとは思わなかったという声を聞きます。

 全神経を集中する入試は体に負担をかけることになっていますね。私立受験の日程が終わった人なら、国公立大二次に向けて気持ちを切り替えていきましょう!

 二次試験はセンター試験結果を考えず、開き直って新鮮な気持ちで臨む。好成績なら半分受かった気分になっている人もいますが、ここは万全を期して20日間をもう一度復習に徹しましょう。気を抜いて不合格になった場合、後期試験に響きます。全力を出し切れなかった負い目です。全力を出し尽くしたら、諦めがついてすんなり後期に臨めます。

 朝は試験本番の起床時刻に起きて、試験時間通りに問題を解き、時間配分をもう一度考えながらやってみる。慣れない試験旅行や大学の下見など時間を取られますが、この20日間は受験で一番大切。夏休みの勉強の40日間にも匹敵しますので、最後まで諦めず、合格を呼び込んでください。期待しています!

◆受験で東京を離れられませんか?

 Skypeで授業が終わると実力テストの結果や進路のこと、他の科目の勉強法などを訊いてアドバイスします。

 高校2年生で東京学芸大美術志望の塾生がいます。学校推薦を狙っています。昨年は校内美術コンクール入選、小論文対策の塾に通い、通信添削(小論文)と着々と準備しています。

 学校推薦枠は1名。毎年、志望する人はゼロだったのが、来年は他に2,3人志望の子がいてだんだん増えているようなんです。

 「推薦がだめだったら、どうするの?」と訊きました。

 「東京学芸大の一般を受験することになります」

 「国公立大の推薦の第2志望はないんですか?」

 「考えられません。東京を出たくないんです」

 芸術高校ですので一般入試の合格は厳しいと担任の先生から進路指導を受けています。3年になると数学の授業はないし、理科もひとりで勉強しなければなりません。負担が重いんです。

 都立中学・理科の教諭の友人がいます。大学受験は4年制の大学を受験したものの全部、不合格になり、短大に進みました。短大の成績はほぼ優の成績で4年制の大学に編入して教諭になったのです。

 教員試験も出身の新潟県はダメで東京都に合格しました。しかし、中学の教師になるという志は果たしたのです!

 塾生も将来先生になることが夢なのです。東京出身で地方の大学に行きたくない気持ちはわかりますが、学校推薦がもらえれば、これもまたチャンスです。教員試験の時は東京と地方の受験ができるのです。

 第1志望は理想は高く、行きたいところを望む。ダメなら善後策を講じて、第2・3志望を考えておく。受験はこれがとても大切です。行くところがない。これはいけません。

 「受験」は合格確実はありません。柔軟に考えた方がいい。また、頑張っていると将来いいことがあるからとアドバイスしたのです。

◆大学受験・英語:このテキストを勉強したらなぜ合格するのか!
 
 
巷間のうわさでは、センター試験英語対策ではレベルが高すぎて必要ないと言われている「英文解釈教室―改訂版」。塾をはじめたころから20年間以上このテキストを使っている。

 このテキストの最大の長所は難関大学入試の英文和訳問題の構文が全部網羅されていることである。数学の赤、青チャートの公式を十分理解すれば難問がとけるように、英語においてもこのテキストを十分に理解すれば解けない問題はない。

 ただ問題は一冊300ページあり、余りにも分厚い参考書なので高校生には手に負えない。そこで塾では英文解釈教室をパワーポイントで作成した教材を提供している。日本文を読んでもなかなか理解できない事柄を図解したものである。これをもとにレベルに合わせて簡単な構文、短文、例題と順に解説する。これにより難関大学入試の英文和訳問題・長文問題の速読ができるようになっている。

◆受験は半ばを迎え、合格発表がはじまっています

 高校・大学受験は半ばを迎え、

 合格発表がはじまっています。


 塾生の中には滑り止め校の合格が

 決まって、ウキウキ気分に

 なっている子もいます。


 今まで頑張ってきた努力の結晶ですから、

 心から「合格おめでとう!」と言って、

 喜びを分かち合っています。


 しかし、受験はこれからなのです。

 滑り止め校の合格が決まってくると

 誰でも第一志望も大丈夫だろうと錯覚してしまいます。


 「画竜点睛を欠く」ということわざがあります。

 第一志望校の合格なくして、

 受験は完全とはいえないのです。


 最後まで「慢心」することなく、

 真剣にお願いします!

◆上京したら志望校が変わった

 「先生、母親には黙っといて、俺、芝浦工大に決めたけん」

「秋葉原を歩き回っとったら、福岡に売っていない部品が

 いっぱい売っとるけん。地元には帰りたくなか」

 「もう少しだから、九州大学は受けるように」

 「受験はするけん、先生、母親には黙っといて、

 やる気なくした。適当にやるけん」

 「しょうがないな。大学卒業したら東京に行く機会は

 何回でもあるだろう?」

 これは上京した塾生との会話です。

 秋葉原に行くと志望校が変わる受験生がいます。

 豊富な電子部品の品揃えに魅了されたのです。

 私も九州、福岡市出身だから、彼の気持ちは

 よくわかったのです。

 東京は地元と比べて、刺激が多いのです。

 何事にもやる気が出るのです。

 高校時代の担任の口癖は「関門海峡超えるには

 西南学院に受かって行けよ」でした。

 学力もないのに親に迷惑かけるな。

 私立の九州の最難関の大学を超えていけという意味

 だったのです。

 昔から上京するには、学力もまた必要だったのです。

 彼から最後に「母親は先生のこと信じとるけん。

 内緒にしといて、頼むけん」と念を押されたのには

 正直まいりました。

◆全統マーク高2模試をすすめる理由とは!

 高校2年最後の全統マーク高2模試がそろそろ実施されます。塾では2年生には来年の受験を計るうえで受験をすすめています。

 というのは、中高一貫校で1学年上の模試を受けている生徒は別として、この模試は大半の生徒にとっては同学年の最後の試験になり、この成績結果は1年後の受験計画にとても役立つのです。

 高校3年になれば、浪人生が8万人加わりますので、5月に行われる高3年の第1回模試では2ランクぐらいは判定が下がる結果になっています。

 ここから高3年生はがんばって、やっと11月下旬に浪人生と成績が並ぶと言われています。

 同学年のこの高2模試でB判定以上ぐらいは取っていないと受験は厳しい結果になっています。

 受験勉強は高校3年から頑張ればいいとかなりの人が思っています。皆が走り出す4月では遅いと思ってください!大学受験は同学年だけの戦いではない。8万人の浪人生も加わった戦いなのです。このことを肝に銘じて、この2月からの勉強は好結果を生みます。

◆追込みで合格を決めた受験生がとっている戦術とは 
 
 
来週から2月。私立大の受験が本番を迎える。追い込みで連日受験校の過去問対策を行っている。

 今日は
早稲田大・文化構想学部の英語に取り組んだ。「現役早大生が伝授する早稲田大学&文化構想学部合格法のHP」の英語の配点予想は

大問1
長文の空所に単語を補充する問題
(1問1点)

大問2
ABCの三つの長文から成る読解問題
ABCはそれぞれ独立した問題です
(ABは1問2点、Cは1問3点)

大問3
長文の空所に短文を補充する問題
(1問3点)

大問4
会話文の空所補充問題
(1問1点)

大問5
課題文を英語で要約する問題
(文法4点、内容4点 ※部分点あり)

 90分ですべての問題に解答するには相当の実力がいる。解答できない問題があれば、不合格になるであろう。大問5の要約問題を10分で解いて、配点の高い大問3と大問2の順で取りこぼしなく解き、大問1と大問4を時間内で解き終わりたい。


 実力があっても時間配分を間違えば、合格は覚束ない。東京外国語大受験生は10時から12時30分の英語の時間配分を決めたと言った。過去問に配点が載っている大学なら、時間配分を考えること。配点の高い順に問題を解く、順番通りに解いていても合格はない。

◆来春合格するために今やるべきこと

 4月になると文系・理系や国立・私立のクラス分けがある。まずその枠内で自分の志望校を決めることになる。一番困るのが行きたい大学が下宿を考えなければならない時だ。経済問題が発生するので親とよく話し合わなければならない。奨学金制度もあるのでよく調べて検討した方がよい。地方の国公立大学には低料金で賄いつきの学寮があるので、費用は地元の私立大学に通うよりトータルでは安くなるかもしれない。

 そこで大体志望校がしぼられる。まず過去問を見てみる。同じ大学でも学部・学科で試験問題が違うことに気づく。英語では全問マークセンスでスピード重視のどんどん解いていかなければいけない問題と、記述式、要約問題が多くじっくり考えていかなければいけない問題では勉強の仕方も違ってくる。

 理想は自分の得意な形式で傾向のそろった大学を選択してはどうだろうか。一つの提案である。志望校が苦手な形式ならば、対策を練っていくことになる。偏差値は一定のバロメーターにはなるが、絶対ではない。今までに過去問攻略をして早稲田大学だけ合格した者もいる。まずはみんなが受験するセンター試験の問題を早めに取り組んで一次の合格点を目指す。科目の配点も異なるので考慮する。
 
 最後に過去問は受験2,3ヶ月前に解くものではないということを肝に銘じてほしい。受験生が実力判定で合格点に達しているかどうかを自分で判断したいと2,3ヶ月前に解く気持はよくわかるが、過去問はなるべく早く入手して出題傾向をみるものだ。

 ドリームインキュベータ代表取締役会長の堀紘一著「年収が2倍にも3倍にもなる勉強法」の中で、受験1年前の高校2年の春休みに東大入試の過去問10年分を古本屋100軒回ってかき集め、出題傾向を研究して8,9割は取れないが合格点の7割を下らない勉強をしたと述べていた。志望校に合格するコツは早めに志望校の過去問に目を通してみることにつきる。

◆大学受験世界史、日本史の勉強法とは

 
世界史、日本史の勉強法を提案します。今順調にきている人はそのまま続けてください。これから勉強を開始する人はひとつ参考にしてください。

 まず勉強の仕方として(1)教科書を丸暗記(重要項目をチェックペンで消して言ってみる。)(2)1問1答問題集、各種問題集(3)サブノートを利用などになると思います。(1),(2)でセンター対策は何とかなると思いますが、私大対策として(3)を利用するのが良いと思います。学校指定のサブノートやプリントが充実しているところはそれを利用すればいいですね。自分で作り始めると時間を随分要しますのでおすすめできません。市販のものを購入してください。サブノートが不十分なところは(1)、(2)の資料を書き足してこれ1冊で完璧なものにする。これを一元化と言います。

 一元化のメリットは追い込み時期に時間のロスが他の方法に比べて少ないことです。今まで間違って覚えてないところを赤、いまひとつ自信がないところは黄色等決めて復習したらどうでしょう。フリックション蛍光ペンを使うと完璧に覚えてしまったら、消すことができますね。
 
 なかなか社会の勉強の1回目が終わらないと聞きます。誰でも1か月前に終わったところは7,8割できる人は少ないはずです。早めに1回終わって全通史をまたはじめから取り組み1回の時間を段々とサイクルを短くしていきます。入試直前では10日ほどで1回やりあげることになると思います。ですから良くまとまったサブノートを作ると能率が上がることになりますね。自分の勉強法と合わせて良かったら使ってみてください。


◆国公立大英語問題で合格点をとるには!

 
センター試験が終わって英語の二次試験対策を行っています。東京外国語大学の二次試験問題は英語の問題でありながら、内容を把握したうえで字数制限つきの内容説明で、長いものは100字を超えるものもあります。このような問題では英語力だけでは到底解答できません。現代国語力が必要になるのです。

 
現代国語と英語の成績は相関関係にあり、現国ができる人は英語もできるという結果が出ています。英語の長文の和訳ができれば、問われていることは現国の問題と同じである。現国ができるようになれば、英語の成績も上がるのです。

 現代国語をまったく勉強しない人がいます。勉強しないのではなく、勉強の仕方がわからない人が多い。日本人だから現国は「なんとかなる」と思っても「なんともならない」のが現国である。

 現国のテストは書かれている文章を主観的ではなく客観的に、論理的に解く科目です。まずは解き方を「出口シリーズ」などで自分のレベル・試験のジャンルに合ったものを10題ぐらいやってみる。そうすると問題に対するアプローチの仕方がわかってくる。

 国語はセンター試験だけという受験生はマークセンス対策だけでも構いませんが、二次試験の英語で記述がある受験生には記述対策を薦めます。文章をまとめる力がつきます。これが英語の二次試験問題対策になるのです。



◆国公立大学の願書受付がはじまった!先生が生徒の成績を伸ばすために行っている最後の一手とは!

 
毎年中間発表までに集計される倍率は低いですね。出願が慎重になって中間発表の結果を見てからという人が多いからでしょうね。

 センター試験後の三者面談でB判定以上の大学に志望校を変更させられた塾生が多いです。高校の進路指導は厳しいですね。

 河合塾のバンザイシステムを見ると、一目瞭然で志望校の自分の順位がわかります。
合格可能性35%のD判定は合格可能性50%のC判定の棒グラフをひと山超えなければ合格できない実感が湧きます。なかなか厳しいです。

 SNSに興じている暇はありません。昨夜は塾生がパソコンの調子が悪かったので、スマートフォンでSkypeにつなげてくださいと頼んだら、高校の先生にスマートフォンを預けていると言っていました。
少し驚きましたが、
先生が生徒の成績を伸ばすために行っている最後の一手なのです。SNSで気が散って勉強に集中できなくなるのを防ぐためだそうです。

 SNSをやめれば、勉強のはかどり具合は全然違ってきます。あと1ヵ月、本気になりましょう!

◆日本大に不合格、早稲田大に逆転合格!

 
私大受験が本格的にはじまりますね。同じ大学、学部学科でも色々タイプの試験科目になりますので、選択科目をもう一度確認してください。

 はじまってしまえば、あっという間に国公立二次試験の直前になります。国公立第一志望の人は私大入試にあまり振り回されないように気をつけましょう。軸足は二次対策に置いて勉強することです。

 私大は何校か受験するでしょうから、出来なかったとしても次の日まで気持ちを引きずらないこと。出来なかったところをその日のうちに復習することが大切になります。

 当塾では明治大学法学部、日本大学商学部に不合格しても早稲田大の商学部に逆転合格したものもいます。

 対策として受験大学の前日までに終わった他学部の地歴・公民・数学・理科の出題範囲の情報・解答が入れば強いですね。すでに友人の受験大学もわかっているでしょうから、情報交換するのもいいでしょう。今のうちに過去問をみて受験しない学部との出題範囲との関係をみて、山を張るのもいいと思います。


◆昨日は第3回英検でした

 昨日は第3回英検でした。大学生の塾生が準1級を受験した時の話です。準1級の教室に着いたら、周りは保護者の方が付き添いの小中学生が多くてびっくりしたそうです。

 「冷やかし受験じゃないの」と彼に訊いた。

 「いや、そうではないですよ」

 試験開始前に解答用紙を覗いてみたら、前の席の中学生らしい男の子はすでに2級に合格していたそうです。
 
 時代は変わりました。英語はセンター試験でリスニングを課すようになって、飛躍的に日本人の英語レベルを向上させたのではないでしょうか。学年の壁を越えて早目に使える英語を習得しようとする学生が増えています。
 
 英語の学習はまず日本語の習得からという話が、かまびすしかった時期がありました。確かに一つの言語を深く学ばなければ、他言語を学ぶ価値がないことはよくわかりますが、現在日本の置かれた立場を考えると私は小学生から話せる英語を目標に学ぶのがいいと思います。


◆国公立大前期試験までの勉強法とは

 
国公立大学第一志望の受験生は、最後の追い込みをかける時期になりました。この時期、各科目の整理を怠りなくやるのはもちろんのこと、精神的にも充実させることです。
 
 二次試験はセンター試験結果を考えず、新たな気持ちで臨む。好成績なら半分受かった気分になっている人もいますが、ここは万全を期してあと4週間はもう一度復習に徹しましょう。気を抜いて不合格になった場合、後期試験に響きます。全力を出し切れなかった負い目です。全力を出し尽くしたら、諦めがついてすんなり後期に臨めます。
 
 朝一番に起きて、体操で体をほぐして、さっさと勉強をはじめる。この4週間は受験で一番大切になります。最後のあがきが合格を呼び込むのです。


◆来春の国公立大医学部合格を目指して

 
来春の国公立大医学部を受験しますので、よろしくお願いしますとメールをもらった。

 センター試験の結果が目標点数に達せず、センター試験が終わった翌日から勉強をはじめている。もう1年、苦手の英語を克服して、受験する決意を固めたそうだ。

 一般に、後期日程の結果を見て、3月いっぱいは高校生活を楽しんで4月からという感じになるだろうが、これまで息を抜かずにやり続けるのは立派だと思う。

 勉強の習慣を身につけ、ペースを落とすことなく、黙々と続けることが「合格」につながると思うのだ。

◆私立大専願者もセンター試験を受験する理由!

 
昨年、1月下旬の塾生との会話です。

「来週からは連日試験ですね」

「センター試験でA判定の大学は受験しないことにしました」

「へぇーなるほどね」

「連日、受験じゃ、第一志望校にも影響があるからね」

「戦略は十分練られていたんですね」

「2月からの受験は本命校の1校だけです」

「わかりました」

センター受験と個別試験を全部受験と聞いて

大変だと思っていました。

塾生は青山学院、中央大、法政大、成蹊大、武蔵大、東洋大に

センター試験で合格。

個別試験で立教大社会学部に合格しました。

私立大専願受験でセンター試験を受けない方がいます。

2月の受験期は短期決戦です。

5校も受ければ、受験地への移動や宿泊は

大変な負担となります。

滑り止め校の受験はセンター試験利用をすすめる理由です。

◆センター試験後の三者面談で ?

 センター試験合否判定をもとに受験校を決定する高校で三者面談を受けた塾生との会話である。

 「先生、山形大学ってどこにあるんですか?」
 
 「山形大は東北の山形県だろ」

 「へーえ、東北ね。雪が多いんでしょう。冬は寒いでしょうね」

 「寒いのイヤだから、徳島大学に決めます!」

 センター試験の自己採点がB判定以上で受験校が決まった人は、二次も気を抜かず頑張れば問題ない。問題になるのは急遽、三者面談で受験校が今まで考えてもいなかった大学になるケースだ。
 
 塾でも地元の九州工業大学からセンター結果が思わしくなかったために、三者面談で高校の先生から山形大か徳島大学の工学部を勧められたケ-スがあった。
 
 地元大学であれば、費用が一番かからずいいのかもしれませんが、大学となれば通学できる大学は誰でも数校しかありません。見方を変えて全国規模で考えれば、受験できる大学は多くなります。

 「国公立大学にぜひとも合格してほしい!」と考えている親御さんの希望なら、合格可能な大学にチャレンジしてはいかがですか。これも一つの選択肢としてお勧めします。
 彼は無事に徳島大に合格し、本人、親御さんともに大喜びしたのです。高校の同じクラスの塾生はこういう理由で琉球大学工学部を受験して合格しました。ここの高校は過去5年間に国公立大学に合格するものは数名しかいなかったので、進路指導の先生に感服しました。

◆センター試験ボーダーライン発表後に受験校に迷っていたら

 
センター試験の結果は明と暗に分かれたが、マラソンでいう折り返し地点のタイムと同じであって、ゴールタイムではない。A判定で気を抜かず、D判定でも諦めないで、最終合格を目指すとブログで述べた。

 ここでボーダーライン発表後に受験校に迷っていたら、勝機を逸するのも事実だ。その間に受験校の傾向に沿った勉強ができるからだ。どうしても第一志望校に行きたいのなら、前期は受験した方が良い。「一生に一度の賭け」だ。ただし私大、後期は手堅く受験校を選び、浪人しないように考えることだ。

 そうすると踏ん切りがついて、やる気が出てくる。集中してやれば、二次重視の大学であればセンター試験の挽回も可能だ。

 前期の英語に関するアドバイスは英作文対策だ。今までやってきた人なら、復習中心。まだ手をつけてない人でも今から十分間に合う。英作文基本300選、新・基本英文700選(駿台文庫)などを4・5回徹底的にやって暗記する。自由英作文なら、竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本や過去問を最低10年分解き、添削してもらい暗記する。また傾向から予想問題を20題ほど作って暗記していけばいい。


◆センター試験の明と暗!

 受験生の皆さんはセンター試験の自己採点が終わったと思います。あと数日で各大学の得点分布表、ボーダーが発表されます。

 過去にセンター試験の比重が高い熊本大学工学部にA判定が出て、合格に自信をもった塾生がいました。データリサーチの結果を見せられました。学科順位3番。前期は得意の数学・理科だから、楽勝、落ちっこない。AはAでもSAと言っていました。SAって何と訊くとSAとはSpecial Aと本人はご満悦でした。あと1ヵ月だから頑張るように指導しましたが、聞く耳を持たなかった。

 センター後は勉強に身が入らなくなり、前期試験に不合格。不合格後すぐに報告をもらいました。早速、後期はどんな問題が出そうですかなど尋ねられました。終始、洒落にならないとぶつぶつ言っていましたが、こうなってしまっては遅いのです。

 反対にセンター試験に失敗してD判定。死に物狂いで頑張って九州大学農学部前期試験に合格した塾生がいます。昨日のブログで書きましたので参考にしてください。

 センター試験の結果は、明と暗に分かれますが、マラソンでいう折り返し地点のタイムであって、ゴールタイムではない。A判定で気を抜かず、D判定でも諦めないで、最終合格を目指す心構えで、これから毎日勉強に取り組んでください!


◆センター試験失敗しても

 
寒い中、センター試験、お疲れさまでした。やっと2日間が終わりました。今日はのんびりしてください。試験は心身ともに疲れますよね。

 さて、明日学校に出向いてセンターの自己採点をする人も多いと思います。各自、予備校に点数を提出すれば1週間程度で各大学のボーダーが発表される運びとなります。

 塾生の中には過去、数I・数Aのマークを全部最後にまわしていたために満点近い得点をあげていたのに、途中で終了ベルが鳴り、10点あまりの成績だった女子がいます。第一志望九州大学・農学部判定はD。ショックだったと思います。2次試験は諦めようと、ふと脳裏をよぎったかもしれません。しかし彼女は諦めなかった。形相を変えて鬼気迫る勉強を2次試験まで続けて九州大学前期に見事合格したのです。

 センター試験の失敗も合格が決まれば喜びはひとしおです。今日センターで落ち込んでいる人がいたら、参考にして最後まで自分を信じて頑張りましょう!


◆センター試験・私立大学の合否判定結果は?

 
塾生が血相を変えて、中央大学文学部一般入試を受験することにしましたと言った。

 中央大学文学部をセンター試験単独で判定を出したら、河合塾・A判定、駿台・B判定、ベネッセ・C判定をもらったそうだ。

 判定結果を見て、これでは合否がわからないので、一般入試を受験する決意をしたようだ。

 一般入試を考えていなかったので、急遽願書を提出したあと、赤本を購入して1年分と過去問チェックしたら、他の受験大学と随分傾向が違う。

 過去問をみて、和訳・英作文対策を行うこととなった。

 センター試験・私立大学の合否判定結果はあまり信用できません。各予備校とも受験生の動向を見極めるのは難しいのが現状のようです。最終的には中央大学文学部にセンター試験単独で合格していました。


◆英文解釈の成績が確実にUPする理由とは

 
 塾の英文解釈教室コースでは、入試英語のバイブルと言われる「英文解釈教室ー改訂版」をテキストにして、まず英文構造理解をして「直読直解」ができるように指導していきます。

 コースはテキストの短文、例題の順で行っています。センター試験・私立大学の長文対策、国公立大二次試験の長文・和訳対策になります。

 伊藤先生の英文解釈教室は入門編、基礎編、改訂版の3冊があります。理想は簡単な順に1学年ごとに1冊づつ解いていくのがよいと思いますが、何分受験生には時間がありません。塾では一番難しい改訂版1冊を採用して効果を上げています。徹底してやるために出てくる単語、熟語は完全に暗記できるように問題集を作成しています。

 大学受験の構文は難解なレベルまでほぼできるようになります。成績が上がらない受験生の特徴はどこで点数を落としているのか解らない。答案の書き方が悪くて良い点に結びついていません。塾では個人指導で各自の弱点を指摘して何度も繰り返し助言しています。


◆難関大学志望の受験生の勉強法とは

 駆け出しの講師の頃、私は生徒をリスペクトしていました。これ以上教えたら、生徒を軽蔑していることになると思って2,3回同じことを教えたら大丈夫だろうと思っていたのです。

 これが間違いだと気づいたのは友人の中学校教師から指導要領を借りて見た半年後です。「生徒は1,2回の授業で理解できるものはいない。重要事項であれば、20回は反復して指導する」と書いてあったのです。

 塾の講師の評価は「成績アップ」のみです。成績が伸びなければ、本人はやる気はなくし、保護者は別の塾を探します。それ以来、生徒がわからなければ、しつこいと思われるくらい何度も何度もあらゆる角度から解説することにしました。

 この指導の中で効果的な勉強法がわかってきました。授業を受け身で受講するよりも、予習をして「わかること」と「わからないこと」を区別して、授業に臨んだ方が理解が進むということです。

 難関大学志望の現役高校生8割が必ず予習をしているというNHKの調査結果がありました。予習をせずに授業を受けて復習する勉強パターンで成績が伸びていない受験生は試してみる価値があります。

◆入試で辞書持ち込みができる有名大学知っている


 こんなタイトルをみて、眉唾ものだと思っている人もいるだろう。単語・熟語を必死に今覚えている人にとっては、そんな大学があったら渡りに船、行きたい大学だったら、暗記はせずに受験に臨みたいと考えることだろう。

 私が知っている限り、20年ほど前から慶應義塾大学文学部は、英日・日英の辞書を持ち込みできる試験を続けている。大学側の見解を想像すると、単語1語がわからないから不合格にしない。単語は辞書を引いていいから、受験生の構文の理解力をみたいということだろう。言い換えれば、辞書があれば、独力で外書が読める塾生を求めているということだ。

 数日前のブログで、簡単な英語だけれど、構文理解ができていなければ、解けない問題を出した。反響があって、「構文理解とは、こういうことですか」とか、「目から鱗が落ちました。構文理解に努めます」などのメールが来た。 慶應の問題は長文と和訳が中心だ。長文の語数は多いが、試験時間は2時間ある。過去問をみても、「英文解釈教室」が十分に理解できていれば合格できる。文学部に関心のある受験生ならば、トライしてみる価値がありそうだ。

 また、塾生が医学部を受験するので過去問を見たが、構文は文学部と同様、「英文解釈教室」レベル。単語は医学部関連の単語に気を配る必要がある。英作文対策は欠かせない。1次試験合格発表が国公立前期の発表日前後なので、併願しやすく実績もあり、高倍率になっており、私立大学医学部超難関校になっていることがよくわかった。

◆大学の附属高を受験させない理由とは

 中学生の進路相談した時のお父さんとの会話である。

 「都立は新宿高校、私立は中央大学附属高校、中央大学杉並高校を受験させるつもりです」

 「娘さんは中央大に行きたい学部があるのですか?」

 「いいえ、まだ決まってないようですが、家から近いのと息子が現在、中央大学の4年生だからです。都立高校が第一志望ですが、落ちたら、無理せずに内部進学で大学に行ってもらいたいと思っているんです」

 「そうですか。都立第一志望の対策をさせていただきます」と答えて、内部進学と聞いて明治大学時代の外書購読の授業風景を思い出した。

 教授が学生に席順に英文を一段落ずつ読ませ、和訳をやらせた。教授のヒントでできない学生も何とかひと通り和訳まで終えるのだが、明らかに和訳をはじめると、しどろもどろになる学生がいた。教授が業を煮やして、「どっちだ」と叫んだ。明大中野か明大明治かと尋ねたのである。学生が「中野です」と答えると失笑が起き、「次」と教授が言って授業が進んだ。

 一般入試生と内部進学生には明らかに成績の開きがあった。入学試験がない内部進学生は学力が著しく劣っていた。この現象は今もどこの大学にも起きている現象だ。

 別の塾生の父親はこのことを十二分に知っていて、うちの息子は大学の附属高は絶対に受験させません。高校の3年間が中身のないものになるとおっしゃった。

 「可愛い子には旅をさせよ」ということわざがある。辛く苦しい入学試験を受験してこそ、知識が身につくのである。これが本当の親心と思うのである。

◆センター試験直前の心構えとは! 
 
 センター試験直前となりました。受験生ならば誰でも高得点を目指して頑張ってきたわけですから、もうここまできたら開き直った方が勝ちになります。家族から四六時中、勉強しているかどうか熱い視線を浴び、プレッシャーに耐え、息も切らずに今までやってきたじゃないですか?全力を尽くし、やれることはやりつくしたと思って試験に臨むだけです。

 センター試験前の心境を訊いて、塾生が「楽天」と言ったことに感心したことがある。彼は福岡県立明善高校の校訓「克己」「尽力」「楽天」を人生訓にしていた。勉学、鍛錬の厳しさや苦しさに負けそうになる自らに「克己」し、時には血の汗を流すまでの「尽力」の果てに出る結果、その結果は天運に委ねよう、という安心立命の平らかなる心境、それが「楽天」というのだ。

 この「楽天」の境地、開き直りがセンター試験では好結果をもたらす。本番では受験生はどうしても慎重になり時間がかかってしまうが、この開き直りで躊躇なく素早く解けるようになる。マーク式の問題に自信を持ってどんどん解いていくことだ。

 それでは2日前です。最強寒波の襲来で大雪のところもあるようです。交通機関のダイヤの乱れが予想されます。試験当日は早めに起きなければならないかもしれません。体力を温存しておく必要があります。早めに寝てください。1時間早く寝ると随分疲れがとれるのがわかると思います。では体調を整え、万全な状態で臨んでください!

英検まであと10日!英検3級、準2級対策とは!

 
英検3級、準2級レベルの中学・高校生に次の英文を質問してみる。

 The girl called Betty.
 
「その少女はベティと呼ばれた」
 
「では、その少女の名前はベティですね」

「はい、そうです」
 
「では、The girlをThe boyにして、The boy called Betty.にしたら、訳はどうなりますか?」
 
「その少年がベティを呼んだ」と皆が答えるのである。
 
 もちろん、最初の一文の正解は「その少女がベティを呼んだ」となる。このことから、このレベルの生徒は単語だけを見て、英文を訳していることに気づく。
 
 まずこの文はwas called の受動態ではないこと。つぎに動詞には自動詞と他動詞があること。動詞の後に前置詞(for,at,on など)のついていない名詞があれば、目的語になるので、「~を呼ぶ」となり、前置詞がついていなければ、自動詞で「叫ぶ」となることに気づいてもらう。
 
 英語には日本語にある助詞がないので、その役割を果たす語順や自動詞・他動詞の働きには十分に気をつけなければならないことをこの簡単な英文は教えてくれる。10問ほど同じような問題をやってもらうと随分できるようになるのである。

来春センター試験で90%以上とるには!

 医学部進学予備校の校長先生から英語の授業ことで頼まれた話である。「国公立大医学部受験生はセンター試験・英語満点の200点をとる指導をしてください。190点ではだめです。満点とれなければ、志望校には合格できないと生徒にいつも言っていますから」。校長先生のこの言葉は頭にガツンと来た。

 この体験があって、医学部志望の塾生に対する指導を厳しくすることにした。満点をとるためのこだわりだ。例えば、センター試験・英語の問1は発音・アクセントの問題。1問2点の問題だが、2問間違えて―4点に満足している状態なら、到底本気でやっているとは言えない。

 現在使っている文法・語法のテキストでカバーできなければ、他の対策を講じなければならない。発音・アクセントだけの問題集を購入し、徹底的にやって満点とれるような計画を立てるということである。

 このように満点とるために、だんだん自分の盲点をなくしていくことだ。こういう姿勢がないと総合点でなかなか90%以上は確保できないということを肝に銘じるべきだ!
来春の合格を目指して親子で考えなければならないこと! 
 
 
高2年生対象の三者面談をはじめています。 今週末にはセンター試験がはじまります。時の経つのは早いもので現在の高2年生がセンター試験まであと1年となるのです。
 
 この時期三者面談を実施する理由は、志望校の親と子の一致のお願いをして、合格戦略を早目に立てるためです。大学の学部・学科で傾向が全然違います。早目に志望校を決めることで合格率が上がってきます。

 面談をしてみると、なかなか親と子の志望校が一致しないことが多い。願書を出す段になって、志望校が変わってしまって、科目の変更を余儀なくされたケースがあります。親はとにかく有名大学に合格してくれればと思いがちですが、子は学部・学科への「こだわり」があったり、クラブ活動の延長で大学を決めていたりします。
 
 親子で進路のことを真剣に考えて、話し合いがあれば、すんなり決まっているでしょうが、実際は話し合いが全然行われていない。子の「こだわり」は、なかなか親、高校の担任に理解してもらえないので、話をしていないケースが多い。そこで内申書に響かない塾の先生の登場となるわけです。 

 私は、子、本人のやりたいことをやらせることをモットーにしています。18歳となれば自分で判断できるわけですから、子の「こだわり」の真意を十分に理解して、ベストの志望校選定に努力したいと思っています。


◆中央大学を卒業して大手金融機関に就職できたが

 
久しぶりに塾を卒業した塾生の父親から相談があった。中央大学を卒業して、大手金融機関に就職をして2年経過した息子のことだ。

 息子が仕事内容が難しくてついていけないので、仕事をやめたいと言っているというのです。無事、就職ができてやれやれと思っていたところだったのですが、仕事をやめて、カンボジアで焼き鳥屋を開店させると言って日夜、準備をはじめているというのです。

 札幌勤務で会社の福利厚生はよく、仕事内容は自分も同じ金融機関に勤務していますので、察しがついて、なかなかいい職場環境で申し分ないと思っているのですが・・・

 今度の休暇もカンボジアの現地調査に行くと言っています。想定外のことで自分の経験からは途方もないことに見えます。何か息子に助言いただけますか?

 高校の頃、ニュージーランドに修学旅行に行ったときは長時間のフライトで体調を崩して、海外にはもう絶対に行きたくないという青年だった。

 転機が訪れたのは、大学4年の時。フィリピンに4ヶ月間、自分でお金を貯めて留学をしてからだ。韓国や東南アジアの学生と話していくうちにアジアでビジネスがやりたくなったようだ。

 一度仕事を辞めるともう大企業への就職はできない。父親もそのことを彼に諭している。父親から一度息子とSkypeで話してくださいと言われた。大学卒業後、私は仕事を辞めてオーストラリアとニュージーランドで学び、働く貴重な体験をした。生き方が重なるのだ。カンボジアでの焼き鳥屋の事業計画と将来のことをよく聞いてみるつもりだ。


◆苦手科目の克服で上智大学に合格!

 この3連休にこの科目の克服にはこの勉強法をお勧めします!

 古文の勉強が苦手な人が多いですね。現在使われていない言語をなぜやるんだという人までいます。やる気がなかなか起きないのはわかりますが、やらざるおえませんね。センター試験では国語の1/4、私大では1/3の配点になっていますね。落とすわけにはいきません。必ずやれば安定した得点源になる科目です。

 まず文法は動詞の活用、助動詞の活用・意味・接続を完璧にする。早口言葉の要領で繰り返してやれば2,3日で終わります。「えい、やっー」て感じで一気にやって下さいよ。嫌いな科目は一気にやらないと終わりません。単語は学校指定の単語帳があると思いますが、なかなか正統派のもので頭に入ってこない。単語帳でコンセプトがよいと思ったのが、「ゴロで覚える古文単語565」です。Hな語呂合わせがあってちょっと恥ずかしくなりますが、その分忘れにくいようです。

 女子の塾生が学校で使っている単語帳がなかなか覚えられないというのでこの本を紹介しました。塾の男の子に見せてもらって「やっぱり私は恥ずかしくて購入できませんので、学校のもので頑張ってみます」と言っていました。でもなかなか点数が上がらない。とうとう本屋で購入しました。本屋で購入するときは「ドキドキしましたよ」と言っていました。

 彼女はゴルゴをやり始めたらどんどん単語が覚えられて忘れないと言っていました。苦手の古文を克服し、上智大学文学部英文学科に合格しました。最近は簡素化したゴロ565全単語イラストも出ています。この連休に文法、単語をやれば、基礎力はつきますね。

◆英語の成績が学年最下位から模試で上位1%以内になった理由とは!

 長年教師をしていると生徒から勉強法を学ぶこともある。英語の成績が飛躍的に伸びた塾生のことをお話ししたい。

 高校2年生の終わりに学年最下位の成績。赤点が4科目。普通ならば進級会議は担任、親、本人の三者面談でおこなわれるが、今までにない成績の悪さだったので、学年主任の先生と校長を交えて五者面談になったT君の話である。

 「T君、なぜ定期考査前に勉強しないのか。」と担任が尋ねた。「僕は定期考査が終わって復習していますから、定期前には勉強しません。」頑として進級会議の切羽詰まった状況に置かれても自分の主義は変えなかった。実力テストが良ければいいと考えていたようだ。

 やっと進級できて高校3年の春に入塾したT君が1年後全国模試の英語の成績は受験者の1%以内に入っていたのである。その理由は「徹底した復習」をしたことだ。

 塾では当時「即戦ゼミ3大学入試英語頻出問題総演習」(桐原書店)を100題出題(そのままの問題80題、応用20題)、20分のテストを実施していた。1問にかける時間は12秒ぐらい。早く解ける者でも19分は切れなかった。この成績上位者平均95点以上の塾生に何回まわしたか聞いた。1回まわすとは1回終わったという意味だ。4,5回だろうと思っていたら、平均10回まわしていた。

 T君は1年間終わったころには52回もまわしていた。つまり1週間に1回このテキストをやっていた。やりすぎだから他の科目の勉強に時間を充てるように言ったが、1週間に1回終わらないと気が済まないとすすめていたのである。 

 この勉強法からいえることは、4,5回まわしている者で85点ぐらいの得点。10回まわして95点ぐらいであったということ。実際に高得点者は何回も何回もまわしていたということである。

 このテキストを使っている人で成績が伸び悩んでいたら、自分がまわした回数を数えてみてください。5回以下であれば、まだやり方が足りない。1回目の勉強量は2回目の半分になるし、3回目は1/3で済む。これ以降は忘れないように何回も見ることが必要なのです。最低10回やらないと偏差値65はいかない結果が出ているので、早めに取り組むといい。

◆来春MARCHに合格するために
! 
 
 
新学期がはじまりました。来春合格を目指す高校2年生が入塾しました。初めに使っている参考書や志望校などを聞いてレベルチェックをして授業進度の参考にしています。

 今日は静岡県立大、法政大学志望の高校2年生とSkypeで面談しました。

 センター試験・英語の第2問文法・語法問題対策として、高校は即戦ゼミ3英語頻出問題総演習やNextStage英文法・語法問題などを生徒に購入させます。

 これらのテキストをトップ高校では高校2年の1学期から始めます。今日面談した生徒は高校3年1学期から始めるのです。関東の私立トップ校の塾生は高校1年生の1学期から始めているのです。

 確かに高校入学時の学力差があり、高校側もレベルに合わせてテキストや参考書は考えて購入させていると思います。

 面談した生徒の高校は静岡県立大や法政大に合格した生徒は地元でありながら、合格者はいないと聞きました。

 このような環境で大学を目指すなら、地元のトップ校で使っているテキストや参考書を友人から聞いて、始める必要があるのです。

 今のままでは志望大学には到底受かりません。高校の中でいい成績を収めていても、「井の中の蛙大海を知らず」
となっているのです。高校のカリキュラムに頼ることなく、自分で合格戦略を練る必要があります。

◆最近使ってみてよかったセンター試験レベル・英語テキストとは

 
先生、次はこれでお願いしますといつもテキストを提案してくる塾生がいる。こちらもここ2、3年で40冊ほどのテキスト(テキスト一覧)を使ったので、レベルと志望校に合わせてアドバイスをするのだが、ご要望とあれば、興味もあるので使うことにしている。

 塾生が勧めたのは「イチから鍛える英語長文500」(Gakken)だった。英語長文を読むのに最適なテキストだ。センター・私大・二次対策が一石三鳥でできて、速読ができる読み下し訳とリスニング対策のCDがついている。

 高校入試ころは週3回通った塾でオリジナルテストを受けた受験生は多い。これは単元ごとに試験に出る問題を何度もやって知らず知らずのうちに対策ができていた。

 大学入試対策ではオリジナルテストはなかなかない。志望校に合わせて自分で傾向を考え、対策を考えていくことになる。志望校に合ったテキスト選択。これが合否に大きくかかわってくる。

 今日紹介したテキストと学校で使っている1000題程度の文法・語法問題集、速読英熟語(Z会出版)を十分にこなせば、まず偏差値60を超えることができる!

◆塾生からのメールで自分の壁を乗り越えるとはこういうことだと思った!
 先生、私は講座最初の頃は、無謀にも英語の種も土も何も無い状態からはじめましたので、「英文解釈教室―改訂版」のテキストは、正直いって難しすぎてチンプンカンプ ンで開くことも辛くてしんどかったです。

 ところが、最近自分の中で何か分らないのですが変化が見られるようになりました。辛いながらも何回も何回も読み直してボロボロになってきているテキストの最初の章あたりから、だんだんわかる様になってきたのです。

 しかも以前は1ページながめていると睡魔が襲ってきたのですが、今は目がランランになるのです。そして、暗記用の英文も理屈がわかるようになってきましたので、面白いぐらい暗記できるように なって来ました。勉強が楽しく感じられるなんて不思議です。やっとスタートラインについた気がします。

◆受験の追い込み勉強で気をつけることとは!

  2日、午前中の授業風景である。

 明らかに英語長文を読むスピードが遅くなっている。

 「朝は早く起きている?」

 「大晦日と元日は昼間勉強時間が減ったので、少しくらい夜更かしていいと思って夜更かしてしまいました」

 最後の追い込みで気をつけなければならないことはリズムを崩さないことと頭の働きをよくするために1時間おきに体を動かすことだ。

 「何か運動している?」

 「岐阜は寒いので戸外では体を動かせません」

 「室内でストレッチがいいと思いますよ」


 受験生を専門に扱う本郷赤門前クリニック院長、吉田たかよし氏の勉強法のビデオを見た。その中で3食を机に上げ膳、据え膳してもらって食事をとり、毎日14時間くらいの受験勉強をして体を全く動かさずにいたので、(ビデオの中では体を動かさないので地蔵様と言っていましたが)あえなく大学不合格となったという実例が語られていました。体を動かさないと血のめぐりがないので脳が働かない、集中力が続かないということだそうですね。
 
 追込み勉強は早寝早起き、リズムを崩さないで、適度な運動を心掛けることだ!

◆大学受験のためのインターネット英語教材とは

 語学の勉強は「継続は力なり」で、毎日コツコツ長続きするものがいいですね。新年というのは勉強を始めようという人が多くて、語学のテキストの売れ行きもよいと聞きます。

 しかし翌月になれば、やる気もどこへやらで、やりかけのテキストだけが残った経験はありませんか?

 これは量が多すぎた。定期的にやる習慣がなかったなど色々あると思います。そこでテキストがなくてもインターネットだけで効率的に学べる教材を紹介したいと思います。

 ビジネスマンの方であれば、短時間にできて今話題になっているニュースの教材がいいのではないでしょうか。お薦めするのがNHKの「ニュースで英会話」です。ニュースに全文英語、日本語の対訳がついて、単語もすぐ検索できます。

 高校生の方には、ヒアリング、英訳、和訳、ボキャブラリー対策としてNHKの「ゴガクル」です。自分だけのオリジナルフレーズをまとめてテストにすることができますので重宝します。お試しください。







バナースペース

生葉塾 ネット家庭教師

  TEL 050-3608-0760
センター・英検対策無料