本文へスキップ

インターネット家庭教師・生葉塾は、全国どこでもSkypeで英文法・英文解釈を指導する塾です。

センター・英検対策無料TEL. 050-3608-0760

塾長ブログACCESS



バックナンバー
 
                         


and ,but ,orを見たら 
 

英文解釈教室の「共通関係」応用編について、考えてみましょう。


復習です。英文解釈力を飛躍的に向上させるには、等位接続詞、and ,but ,orの正しい理解が必要である。これらによって結ばれる語句の関係を「共通関係」と呼ぶ。


まず、and ,but ,orを見たら、次に来る語句、節を見て、前の部分から文法上それと対等なものを見つけ出すことだ。1対1の共通関係は比較的容易だが、修飾語がandの後に入ってくると難しくなってくる。


次の英文andで結びついている語は何でしょうか。


This work became the daily, and with many the only, reading of our people.


(解説)andの後のwith many (people)の同形、前置詞+名詞の形を前に見つける。andの前に同形がないことから考えを改めて、the dairy(the+形容詞+[名詞])の形で、名詞が次に来るだろうと考える。the daily(A) and …the only (B)readingと読めれば、with many (people)はthe only 以下を修飾する。


(訳)この著作は、わが国民が日々読むものとなり、しかも多くの人の場合は唯一の読み物となった。


ご理解いただけたでしょうか。また質問してください。


関連記事
1.
この英文がきっかけで英語の偏差値が75になった!
2.この英文は高校1年生では間違う人が多いです
3.
It ~ that〜構文はこのように整理する
4.
It is(was) 〜thatの間に副詞要素が入る場合に疑問を持つ人が多いです 
5.
英文解釈力が飛躍的に向上する英単語とは
7.
英文解釈・関係代名詞で大切なこととは
8.
関係代名詞の省略されているところがわかりますか?
9.
関係代名詞の規則は頭に入りましたか?
10.
英文解釈・関係代名詞の大学受験レベル


はてなブックマークに追加




 


バナースペース

生葉塾 ネット家庭教師

  TEL 050-3608-0760
センター・英検対策無料