本文へスキップ

インターネット家庭教師・生葉塾は、全国どこでもSkypeで英文法・英文解釈を指導する塾です。

センター・英検対策無料TEL. 050-3608-0760

塾長ブログACCESS



バックナンバー
 
                         


It is(was) 〜thatの間に副詞要素が入る場合に疑問を持つ人が多いです 
 
 英文解釈教室(It 〜 that 〜)の構文について質問がありましたので、考えてみましょう。


It was yesterday that Tom broke the window.


さて、この英文は形式主語、強調構文のどちらですかという問いに、強調構文を正解としました。質問は、yesterdayは名詞で、that以下は完全な文だから、形式主語が正解ではないかという内容です。


強調構文はit is(was) 〜thatを消すと倒置の形にはなるが、文は成り立つと教えられますね。確かにyesterdayは名詞もあります。形式主語の場合は、頭でっかちの主語を後置した形ですから、it =that〜が成立しないといけませんね。この文では、that以下(S’)がyesterday(C)という形は成立しませんね。


例えば


That he is innocent is certain.  →  It is certain that he is innocent.
(彼が無実だということはたしかである。)


この文は成立していますね。


It is(was) 〜thatの間に副詞要素が入る場合に疑問を持つ人が多いですね。
ご理解いただけたでしょうか。また質問してください。


関連記事
1.この英文がきっかけで英語の偏差値が75になった!
2.この英文は高校1年生では間違う人が多いです
3.
It ~ that〜構文はこのように整理する 
5.
英文解釈力が飛躍的に向上する英単語とは
6.
and ,but ,orを見たら
7.
英文解釈・関係代名詞で大切なこととは
8.
関係代名詞の省略されているところがわかりますか?
9.
関係代名詞の規則は頭に入りましたか?
10.
英文解釈・関係代名詞の大学受験レベル

はてなブックマークに追加

バナースペース

生葉塾 ネット家庭教師

  TEL 050-3608-0760
センター・英検対策無料