本文へスキップ

インターネット家庭教師・生葉塾は、全国どこでもSkypeで英文法・英文解釈を指導する塾です。

センター・英検対策無料TEL. 050-3608-0760

東大の英語25ヵ年の使い方SERVICE&PRODUCTS


○○○○○○○○イメージ

 「東大の英語25カ年」(教学社)の問題集に取り組んでいる。編者の指示通りにまず下線部和訳の問題を終えたところだ。
 
 やはり25年分もやると傾向がわかった。間近に迫っている2次試験前に不用意な発言は差し控えたいが、よく出題されているのはit〜thatである。
 
 受験生ならば、強調構文、形式主語、付加(付加とはIt seems that he is rich.の形で独立した文の前につくことで何らかの意味が付加される形)の3つのパターンを思い浮かべるであろうが、東大入試問題はitが意外にも指示代名詞であることが多い。
 
 「英文解釈教室」の著者、伊藤和夫氏がいうようにit 〜that構文と気づかずにすんなりitが指示代名詞であるとわかれば問題はないが、構造を取り違えている場合には英文の構造認識ができていないことになるので、配点すべてを失う可能性がある。これが下線部和訳の最大の盲点である。


はてなブックマークに追加




 







バナースペース

生葉塾 ネット家庭教師

  TEL 050-3608-0760
センター・英検対策無料