本文へスキップ

インターネット家庭教師・生葉塾は、全国どこでもSkypeで英文法・英文解釈を指導する塾です。

センター・英検対策無料TEL. 050-3608-0760

大学受験・英語の和訳・英作文添削SERVICE&PRODUCTS


○○○○○○○○イメージ
 大学受験・英語で受験生の点差が開くのは和訳や英作文などの国公立大二次試験の記述式試験だ。

 センター試験や私立大のマークセンスの問題はわからなくともマークすれば得点できることもあるが、記述式はそうはいかない。センター試験で高得点できる受験生が記述で高得点をとれるとは限らない。

 センター試験の点が悪くても二次試験で逆転合格する受験生は追い込みの勉強もさることながら、記述の実力がある。

 記述試験では和訳はできているのに内容説明問題で点を落としている答案が多くみられる。一般的には該当箇所を特定したり、要約したりするのだが、答え方が不十分なものが多い。設問をよく読み、出題形式に慣れておく必要がある。

 記述式問題は受験生の弱点や盲点を見つけるのは自分ではなかなかできないうえに採点基準がわからず、どこで点を落としているかに気づかない。

 この対策としてテキストは採点基準の載っているものを使うことと和訳や英作文の添削をしてもらって間違いを指摘してもらうことだ。



 







 

 


 







バナースペース

生葉塾 ネット家庭教師

  TEL 050-3608-0760
センター・英検対策無料